志に生きるか、夢に生きるか?

公開日: : 最終更新日:2017/02/09 未分類

 

志

夢は自分のため、志は自分でなく社会のため

就職の際に履歴書で「志望動機」というのがありますが、最近なくなっている履歴書も

あるそうです。変わりに、「夢や希望」となっていることがあるそうです。

志の民といわれる日本人。自分のためだけでなく社会の為にということをひときわ行ってきました。

年末、年始では幕末維新の物語もテレビで放送されるかもしれませんが、そこに出てくる若者は「志士」といわれます。

志と夢は似て異なるものだと思います。志は立てる。といいます。「立てる」は「価値観を変える」

という意味もあり「志」は世の中の価値観を変えるほどのものということになります。

立志式も復活の兆し

立志式ということを聞いたことがありますか?奈良時代から元服の儀式の際に行っていたそうですが

大人と子供の違いは、志をもっているか、もっていないか?というものに対してのことで、

志を持っていれば大人の仲間入り、もってなければまだまだ子供という扱いだったそうです。

戦争中に一次中断されており、戦後に復興して立志式を行っている学校もあるそうです。

今では少なくなっているそうですが、まだそのような学校もあるのですね。素晴らしいことです。

そこではやはり、「夢」と「志」の違いを先生方がしっかり伝えるそうです。

一方で、夢は叶う。叶うは願うという意味です。

例えば、夢の表現で「私の夢は40代でリタイヤして南の島でのんびりすることです」これはいいですね。

意味も分かります。

ところが「私の志は40代でリタイヤして南の島でのんびりすることです」というと、なにか違和感がある。

でも「私の志は40代でリタイヤし南の島でのんびりする素晴らしさを伝えることです」というと志らしくなります。

夢は「自分」に対してのもので、志は「社会性・自分以外」のためのものといえる。

幕末の志士といわれるのも、自分ではなく、「国、社会」のために。という志で活動されてこそ「志士」といわれたんですね。

それで、支持者も各地、そして階級を越えてあれだけの大偉業へつながった。

社会性を帯びた志をもち活動始めていくと、仕事そのものも大きく変わってくる。

志を具体化するための仕事

 これをすすめていくと、「成功」から一歩進んだ「成光」になると思います。

皆さんは「成功」したいですか?それとも「成光」したいですか?

やっはり成光がいいですよね!

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

51ZV6H61THL

大断言 想念の力を活用する

2016/10/01 |

塩谷信男氏 大断言 塩谷信男氏は残念ながらなくなってしまいましたが、氏の話はとても楽しいもので...

記事を読む

5cd0e2afc28641ba1a7655a1c41aaf97_l

アマゾン ライバル会社アリババ運営のTmailへ参加表明

2015/03/09 |

アマゾンがアリババの運営するECサイトへ出店というリリースが出てきましたね。 簡単にいうと中国...

記事を読む

1-11

2019年 新年に想う 大きな流れ

2019/01/01 |

海賊とよばれた男を昨年は見ました。 時代は石炭から石油に変わる。そう信じて起業したものの ...

記事を読む

226013860

中村天風の言葉 信念は人生の羅針盤

2019/11/11 |

信念が自分を創っている 文字道理、信じきること、そして念じること。 信じきるときには、水...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑