万物活命 全てに命を観る日本文化

公開日: : 未分類

123203421_2462851354010719_759110247888161513_n

諏訪湖畔にひっそり佇む包丁塚

これは包丁塚です。
諏訪湖の畔にひっそりとありました。

先月諏訪大社に行きました。

諏訪大社ももちろん素晴らしいところであり

とても歴史が古く諏訪大社以前より

祀りの場、さらには天皇のような存在が

太古からいたことがわかっています。

諏訪大社はタケノミナカタというオオクニヌシの息子の神様が

出雲よりきて、創設したイメージがあったのですが

それは全く違うことだったのですね。

古代は我々が知っているようなそして認識している

時代や考えではなかったかもしれません。

諏訪大社といえば御柱祭が有名ですね。

モミの木を使って行っていますが

その昔は、モミの木ではなく

「人」を柱として引っ張っていたそうです。

(あくまでも地元での言い伝えです)

それは恐ろしいと思いますが

もしかすると古代の人はそういうように

捉えていなかったかもしれない。

と考えたのです。

つまり、

生死の価値観が今とは違う。

そのようなことがあっても不思議ではないと思うのです。

諏訪大社は、4つの大社が諏訪湖を囲うようにして建立されています。

4つで一つ。

そして各社には、御柱が奉納されており

小さな社になると、その周りにも小さな御柱が

祀られています。

これは日本古来よりひっそりと伝えられている

「一霊四魂」(いちれいしこん)という

世界最古ともいえる、人のタイプ分類ではないか?

荒御魂

和御魂

幸御魂

奇御魂

という四つの魂(タイプ)と一つの大きな霊。

人それぞれにどの魂が(タイプ)強いかで

人生の価値観や目的、さらには聴き方も異なってくる。

というものです。

この言葉は、日本書記や古事記などに出てきており

太古の時代から既にそのような考えがあったと伺わせます。

それにしても、諏訪湖は温泉も豊富で食も豊かでした。
物にも命を見て、感謝の供養をする。
このように物にも命も役割を見て供養をしてきた日本。

諏訪湖のある長野県では、三世紀の針塚が発見されています。
古来から万物に命を観て来た日本。
命が万物にあり尊敬の念を物にもしてきました。
持続可能な社会が求められる中、

これからの社会にとって大切な事を古来からして来た事は、
誇るべき文化と考えています。

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」の落ちこぼれ。日本にある素晴らしいものごとを国内外に広めていきたい。 それが私たちの想いです。長い歴史と四季のある気候に育まれた日本文化は、国内では衰退しつつある一方で、海外では日本の食文化、武道、芸道からコミック・アニメまでその愛好者は増加しています。 国内においては、日本の持つ素晴らしいものごとを見直し、海外においては、様々な商品にある歴史、ストーリー、想いを伝えていく。 日本のものごとが国内外へ広がり、その中で日本の文化や精神性に触れる機会を多く創出し、日本の素晴らしさを知って頂く事が、日本そして人類にとってもより良い社会へ繋がると考えております。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

セミナー・研修情報 
*コロナ化の為一部個別相談としているセミナーも御座います。

時流を捉え、原点を見直し、未来を創る 進化道場バナー600
出版物を電子書籍化・再版で販売してみませんか? 電子化

●石川博信への執筆・講演・セミナーのご依頼はこちらから

●まだSNSで繋がっていない方はこちらから繋がれます

友達申請の際は一言「ブログを見ました」など頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

関連記事

nobunaga

常識という霧にとらわれない。織田信長が現代にいたら

2017/01/04 |

戦国武将 織田信長稀代の風雲児です 三が日も明けましたね。今日がシゴトはじめという方もいるでし...

記事を読む

tempu_colour_400x400

中村天風の言葉 今この時だけをかんがえろ

2016/10/26 |

中村天風 軍事偵察から病気がきっかけで哲人となった 秋らしい天気が続きますね。 夏から急...

記事を読む

jinmu2

なぜ、長寿企業は不易流行を家訓とするのか

2022/03/26 |

神武天皇の日本統一の宣言 世界最古の王朝はここから始まります。 その間には、さまざまな出...

記事を読む

timthumb

偉人を師にもとう

2023/12/20 |

現代でも信望者が多い中村天風 偉人は現代もいますが、既になくなってなお評価が高い方から ...

記事を読む

JUバナー

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • Japanese Style: Exquisite Problem Solving Wisdom
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • THE REAL RICH LIFE: Unlock the Secrets of Relationships
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑