The Man Called the Father of Japanese Capitalism

公開日: : 最終更新日:2020/05/10 未分類

image1

 

The Man Called the Father of Japanese Capitalism: Eiichi Shibusawa, the Face of the New 10,000 Yen Bill

One of the leading figures of modern Japan at the dawn of the Meiji Restoration was

Wouldn’t that be Eiichi Shibusawa?

The man who was called the father of Japanese capitalism is also famous for valuing the “public” more than himself.

From the end of the Tokugawa Shogunate to the Meiji era, Shibusawa focused on the establishment of the First National Bank and other businesses such as railroads, shipping, and cotton yarn.

More than 500 companies have been established. But that’s not the only thing that has spawned so many companies.

The major difference between the financial conglomerates such as Mitsui, Mitsubishi, Sumitomo, and Yasuda, which emerged at the dawn of the Meiji era, is

It was clearly a “public” job.

The introduction of capitalism in Japan and the establishment of the stock company system was a symbolic event.

The achievements of Eiichi Shibusawa, the father of Japanese capitalism, are immeasurable.
For example.
The idea that investors and business owners should be separated.
Shibusawa believed that a company with multiple investors, rather than a company run by the same family, was appropriate for modern Japan.

A stock company is what it is, and it is a company with competent management in charge.

I thought that this would be in the best interest of Japan in the future.

He ran several businesses of his own, but did not become a zaibatsu.

The system of letting capitalists invest in the company and letting others manage it did not exist in the early Meiji era because it was mainly a family business.

In this context, the introduction of the stock company system was an innovation in Japan.
Yataro Iwasaki is famous for being the founder of the Mitsubishi Zaibatsu.
He says.
The key to corporate development is family control.

The conflict between Mitsubishi’s Yataro Iwasaki and Eiichi Shibusawa is well known.

If Shibusawa had done what Iwasaki did and built zaibatsu, Japanese capitalism would have been much

It may have been too late. However, in hindsight, we have been working hard to improve each other’s skills.
It is not unthinkable that Japanese capitalism has matured.
Number of social welfare services opened: 600
At about 500 in company formation, the social services far exceed that.

Shibusawa was involved in many welfare projects between the Meiji and Taisho eras.

Shibusawa was not just a businessman, he was leading the economy and Japan at the time.

What are the reasons for this?

Shibusawa’s ideas about economics, business, and even management are very reasonable.

However, selfishness is just the opposite, not hypocrisy, but fair-mindedness.

He actually puts that spirit into practice.
These two conflicting ideas came together neatly in Shibusawa’s mind.

The spiritual pillars of Shibusawa were Shinto, classical and Confucianism.
It was here that Shibusawa learned about the Japanese spirit and how to be a human being.

He went to France before the Meiji Restoration.
During those two years in France, I thought about the new society.
The spiritual backbone of Japan and Western rationalism, political systems, and economic thought.

In order to learn and adapt to Japan, it is necessary to have a public-minded economic activity.
I thought it might be necessary.
In fact, with the introduction of capitalism in Japan came the introduction of the stock company system.

Shibusawa also tried to set up a joint-stock company, but at first it was unsuccessful.

However, it will be successful with a lot of buy-in.

Think about the prosperity of the whole country, not just one company

I want to be a strategist for the modernization of Japan.
I want to be a problem solver who can break the industry deadlock.

I had clearly decided that this was the path I was going to take.

Contrary to Shibusawa, who advocated the public nature of business, the man who came out on top was Mitsubishi’s founder, Yataro Iwasaki.

Yataro Iwasaki said.

A business grows when a resourceful person takes the lead.

This is the idea of the

The maritime competition in the Meiji era was dominated by Western shipping companies until the beginning of the Meiji era.
In the midst of all this, I emerged from the chaotic and dangerous situation of military service in Taiwan and the Southwest War.

It was Mitsubishi Kisen, led by Yataro Iwasaki.

Iwasaki Yataro and Shibusawa Eiichi go head-to-head in the shipping business.

At the time, Iwasaki introduced the concept of “service” to the shipping industry.

They were thriving by adopting the idea of satisfying and delighting their customers.

Shibusawa set up “Joint Transport” with investments from the government and private companies such as Mitsui & Co.

They created a company.
In the end, there will be a price war, and the government will get in on the action.

Kyodo Transportation and Mitsubishi Kisen Kaisha will be merged under government initiative.

This is NYK Line.

This company has an exemplary retirement and bonus system for a later company.

It is said to have been created.
The introduction of capitalism and market forces in Japan

It’s good for the country. Maintaining the public interest of society while being a stock company

Eiichi Shibusawa, who promoted the management of the company

With ethics and profitability, we set up a modern enterprise and
The most important thing is to create a modern Japan.

The businessman must put the public welfare before the business.

The individual should contribute to the society and be a servant for the development of the country.

(Logic) Ethics and (Abacus) Profitability. At first glance, the two seem to be contradictory, but he says that it is the mission of the manager to strike a balance between the two.

Especially in the warrior class, there is a tendency to demean the pursuit of profit.

He advocated and put into practice a “moral and economic unity theory.

It’s not that you have to do everything to make a profit, it’s that you have to do it in a moral way.

In Eiichi Shibusawa’s view, ethics is a top priority for a businessman.

He says that business without ethics is not business and is not the way of others.

In his later years, he devoted himself to public and social work.

It’s become an era of imperialism where power runs counter to the climate of justice.
He was criticizing the leaders for a marked lack of morals and ethics.

One of Shibusawa’s most famous public works was the Rural City Project.

While visiting Europe and the United States, Shibusawa was impressed by the well-developed urban planning.

The idea was to create a residential area that is in harmony with nature.

This is the birth of Denen Chofu, Tokyo’s current luxury residential area.

Initially aimed at middle-class families, it eventually rose in value and became an upscale residential area.

In his later years.

Called the father of modern Japanese capitalism, he was chosen as the face of Japan’s new 10,000 yen note.

Shibusawa Eiichi said that a balance between ethics and economics would produce true development.

There is much to be learned from the highly motivated Eiichi Shibusawa.

 

IN japanese

日本資本主義の父と呼ばれた男、新一万円札の顔・渋沢栄一

明治維新の黎明期の近代日本を代表する人物の一人が

それは渋沢栄一ではないでしょうか?

shibusawa_face_1867

若き日の渋沢栄一

日本資本主義の父と呼ばれた男は、自分よりも「公」を大切にしたことでも有名です。

幕末から明治時代にかけて、渋沢は第一国立銀行の設立を中心に、鉄道、海運、綿糸などの事業を行っていました。

500社以上の企業が設立されています。 しかし、それだけで多くの企業を生み出しただけではありません。

明治の黎明期に台頭した三井、三菱、住友、安田などの金融コングロマリットとの大きな違いは

明らかに「公」の仕事だった。

日本に資本主義が導入され、株式会社制度が確立されたことは象徴的な出来事だった。

日本資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一の功績は計り知れない。
例えば
投資家と経営者は分けた方がいいという考え。
渋沢は、現代日本にふさわしいのは、同族経営の会社ではなく、複数の投資家がいる会社だと考えた。

株式会社が、それであり、有能な経営者が責任者となっている会社である。

それが将来の日本のためになるのではないかと考えた。

自分でいくつもの事業を経営していたが、財閥化はしなかった。

資本家に出資させて、他人に経営を任せるという仕組みは、明治初期には主に同族経営であったため存在しなかった。

その中で、株式会社制度の導入は日本ではイノベーションだった。
三菱財閥の創業者で有名な岩崎弥太郎。
彼はいう。
企業発展の鍵は家族支配にある。

その三菱の岩崎弥太郎と渋沢栄一との対立は有名です。

渋沢が岩崎と同じことをして財閥を作っていたら、日本の資本主義はもっと

遅かったかもしれません。しかし、後から考えると、お互いに切磋琢磨してきたことで
日本の資本主義が成熟したことは考えられないことではない。
社会福祉事業の開設数:600
会社設立で約500で、社会福祉事業はそれをはるかに超えている。

渋沢は明治から大正にかけて多くの福祉事業に関わっていた。

渋沢は単なる実業家ではなく、当時の経済、日本をリードしていたのです。

その理由は何でしょうか。

渋沢の経済やビジネス、さらには経営についての考え方は非常に合理的です。

しかし、利己主義はまさにその逆で、偽善ではなく、公明正大な気概を持っています。

彼は実際にその精神を実践しています。
この二つの矛盾した考えが、渋沢の頭の中ではきれいにまとまっていた。

渋沢の精神的支柱は、神道、古典、儒教であった。
ここから渋沢は日本精神や人としてのあり方を学んだ。

彼は明治維新の前にフランスに行きました。
その2年間のフランス滞在中に、新しい社会について考えた。
日本の精神的バックボーンと西洋の合理主義、政治体制、経済思想。

これらを学び、日本に適応するためには、公共心を持った経済活動が
必要なのではないかと考えたのです。
実際、日本に資本主義が導入されたことで、株式会社制度が導入されました。

渋沢も株式会社を設立しようとしたが、最初はうまくいかず失敗ばかりだった。。

しかし、多くの賛同を得て成功していきます。

一企業の繁栄ではなく、国全体の繁栄を考える

日本の近代化の戦略家になりたい。
業界の行き詰まりを打破する問題解決者になりたい。

これが自分の進む道だとはっきりと決めていた。

商売の公共性を標榜する渋沢とは正反対の立場で頂点に立った男は三菱の創業者である岩崎弥太郎だった。

岩崎弥太郎は言った。

臨機応変な人が先頭に立つことで、ビジネスは成長する。

という考えの持ち主です。

明治の海事競争では、明治の初めまでは欧米の海運会社が独占していました。
その中で台湾の兵役や西南戦争という混沌とした危険な状況から出てきたのが

岩崎弥太郎率いる三菱汽船だった。

その岩崎弥太郎と渋沢栄一は海運業で真っ向から対決する。

当時、岩崎は海運業に「サービス」という概念を導入。

顧客を満足させ、喜ばせるという考え方を取り入れて繁盛していた。

渋沢は、国や三井物産などの民間企業から出資を受けて「共同運輸」を

会社を作ったのです。
どちらも負けられないと、最後には値引き競争になり政府も仲介にはいり

共同運輸と三菱汽船は政府主導により合併させられることになる。

これが日本郵船。

この会社は後の会社にしては模範的な退職金・賞与制度を

作ったと言われています。
日本における資本主義と市場原理の導入は

国のためになる。株式会社でありながら社会の公益性を保つ

経営を推進した渋沢栄一氏

(ろんご)倫理性と(そろばん)収益性をもって、近代的な企業を設立し、
近代日本を創ることが最も重要である。

事業家は事業よりも公共の福祉を優先しなければならない。

個人は社会に貢献すべきであり、国の発展のための奉仕者でなければならない。

(ろんご)倫理性と(そろばん)収益性。は一見矛盾しているように見えますが、両者を両立させることが、経営者の使命だという。

特に武士階級では、利益の追求を卑下する風潮がある。

「道徳経済一体論」を提唱し、実践した。

利益を得るためには何でもしなければならないということではなく、道徳的な方法で行わなければならないということです。

渋沢栄一の考えでは、ビジネスマンにとって倫理観は最優先事項である。

倫理観のない商売は商売でなく、人の道にもならない、と説く。

晩年は公共事業や社会事業に専念したが

権力が正義の風潮に逆行する帝国主義の時代になり、
指導者達に道徳心や倫理観が著しく欠如している批判していた。。

渋沢が行った有名な公共事業の一つで、田園都市構想がある。

欧米を訪れていた渋沢は、よく整備された都市計画に感銘を受けた。

自然と調和した住宅地をつくるという発想で作りました。

これが東京の今の高級住宅街の田園調布の誕生です。

当初は中流家庭向けだったが、やがて価値が上がり、高級住宅地となった。

晩年には

日本近代資本主義の父と呼ばれ、日本の新しい一万円札の顔に選ばれました。

倫理観と経済性のバランスが、真の発展を産むといった渋沢栄一。

志の高い渋沢栄一から学ぶべきことは多い。

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

IMG_3344

世に棲む日々 何処に行くより誰と行くか

2016/10/09 |

2016年 太平洋の日の出 まだ半分しか顔を出していません 2016年 太平洋の日の出ほと...

記事を読む

unnamed

聴くを意識すると仕事幅も変わる

2017/01/26 |

耳だけでないきき方もある きくって言うのは日本では沢山あります。 人の話を聞くというのは...

記事を読む

tesla02_1112

テスラモーターズ創業者 イーロンマスクの言葉週100時間働こう

2017/04/22 |

宇宙開発ロケットからテスラモーターズハイパーループなど 革新的な事業を複数同時進行しているイー...

記事を読む

いいやま湯滝温泉

サンキューメールで御礼を済ますか?お礼状を出す仕事か?

2016/12/08 |

 日本は温泉天国で恵まれている ホント日本は四季折々で楽しみがありしかも北海道から沖縄まで亜寒...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

SNSセミナー

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
PAGE TOP ↑