常識という霧にとらわれない。織田信長が現代にいたら

公開日: : 最終更新日:2017/02/10 未分類

nobunaga

戦国武将 織田信長稀代の風雲児です

三が日も明けましたね。今日がシゴトはじめという方もいるでしょう。

僕は明日が仕事始めになりますけど毎年と違ってせわしなさというのが

あまりない年末年始という感じでした。

ゆっくりした時間でコーヒー飲んだり読書をしたり、家族と出かけたり

仲間とあったり、、いい時間ですね。

年末年始に限らず、今の大きな社会変化の中でですね。歴史を見れば

やはり激動期の中で活躍した方々が沢山いるわけですが

その中でも織田信長がやはり凄いなっと感じる戦国武将です。

そして僕自身が織田信長のマンガを読んでとても勇気付けられた。

うつけと呼ばれた少年時代、そして母親の薄い愛情、しかし父は

遠くから見守ってくれていた。

世間の常識など頭から受けつけない彼は、その波乱万丈の人生をみても

とにかく独自の視点が多くここが注目もされるところだが、反面石橋を叩いて

渡るような慎重さもあった。唯の猛将なら戦国自体には結構いますがやはり信長は

その中とも違い異色の武将だったと思います。

戦国時代に最も天下に近い位置にまで行った訳ですがその要因の一番は

岐阜を取った際に創った刻印

「天下布武」

という志が一番ではなかったのがと思いました。

天下といっても非常に漠然としていたときに、明確にしたというのが

その後の活躍に見られるのではないかと思うのですね。実際に彼は常に

天下を意識している行動を取っている。

これが他の武将との決定的な違いではなかったと思う。

そしてこの旗印があれば、そこから戦はどうするか?外交はどうするか?そのような

部分から内政に至るまで具体的な施策が出てくる。

信長でいえば鉄砲という武器を重宝したことでも知られていますが、鉄砲はとても

値段が高く一気に沢山買える武将はさほどいない。

彼はまず、経済力をつけるという政策を行い、経済力を背景に鉄砲などの武具、それから

兵農分離などの対策をとっていき、それが結果的に有効になっていく。

局地戦のような戦いが必ずしも強かったといえばそうではなく、全体からとらえた戦略という

ことがとても優れていたといえますね。

最初で最後の冒険的とも言える戦いの桶狭間の戦いは志事でいってもとても参考になる戦いで

信長は敵方大将の首をとることのみに集中した戦いをしており、そこには考えれるだけの

ことを徹底的に行い、見事勝利を修めている。

当時の戦いの中で、相手の首をとったら持ち歩きながら戦いに臨んでいたが

首を持ちながら戦いをすると実際にはとても戦いづらい。まず今回の戦いでは

それは一切禁止。それに対しての褒章もない。

唯一つ敵方の首をとったもの、敵情報を知らせたもの、そして勝てば全員に褒章を

与えるとして指揮を高めた。

また、実際の武具でも、足軽には軽い武具を用意する、そして非常食を少し持たせるなど

まさしく全体で戦に勝つための方法を考えたうえでの戦いをしていった。

後年、この戦についても、あれは考えた末のばくちだ。二度としない。と語ったと

言われています。

今の時代に戦国の風雲児の信長がいたら、どう行動するか?考えてみると

きっと目が覚めるような手を打ってくるだろうと思います。

今はとても良い時代で信長のような歴史上の人物からも学びやすい状況も整っている。

このブログでも何度も登場している信長。

発送の天才、そして時代を創っていった信長に学びながら明日の仕事始めに取組みたいと

思います。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

b3411f97343d6b446616a371046a0f91

2018建材・住設フェア 東京ビックサイト

2018/12/27 |

今回は見所が沢山ありました。 特にスマートハウスやIOTという技術の進化はやく ...

記事を読む

ダウンロード (1)

思い切りきれいごとをセミナーで語ったら受けた

2016/09/25 |

おかげ様で東京国際ブックフェア無事終了! その中でセミナーを2回行いました。(正確には...

記事を読む

20110617233140_2100430403

吉田松陰の言葉 夢なきものに成功なし 

2016/11/28 |

居酒屋ワタミの創業者 渡邉美樹氏 夢に日付を!という著書は夢をかなえる具体論を伝える内容だった...

記事を読む

0

行動しながら考える。やっぱり行動力が大事

2017/01/12 |

具体的に動いてみよう。 行動すればなんらか結果が出る。よい場合もそうでない場合も。 ...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑