夢から志へ

公開日: : 最終更新日:2017/02/10 未分類

志

夢を持とう!とは言われても志をもとう!とは言われない今の社会

夢や目標を持ちましょうと学校教育では教えるそうだ。

そこに志という言葉はでてこない。明治維新を実行した幕末維新の志士達。

文字どうり志をもった侍たちが国を変えていった。凄いことですね。

夢は自分のため

見方を変えればエゴともいえる。

自分がよいために夢をかなえたい。エゴだから回りとぶつかる、争いになる。

志は社会のため

自分も含めた社会全体の為に動く。

自分が志をもって進めていくと志に共感した方々が必ず出てくる。

そしてこの志というのはとても崇高で、

自分のためではなくって「社会の為」とうことから凄いエネルギーが

でると言われいます、これは何かというと

自分の為には頑張れなくても、自分が大事にしているものやことに対して

は人はとてもエネルギーが出る。

これは経験則でもわかると思う。

全ての人が「社会の為に」という志をもって活動していったらどんな社会に

なるか?きっと見たことないような素晴らしい社会になっていくでしょう。

これは、相互に理解しあえるということも生まれやすい。

例えば、TPP問題。

ある人は賛成だ、ある人は反対だ。このままでは理解し合えない。

しかし互いのその理由のもとには、崇高な想いや志が潜んでいる。

それを理解できれば、真の理由が分かってくる。

もちろんそこまで出来るかどうかは難しいかもしれませんけど、

きっと理解し合えるとものだと思う。

幕末維新の志士達でも色々な考えがあった、そして方向性の違いもあった。

最終的にはどのように行くべきか、そこで大同団結が生まれて

最後にはことを成し遂げた。

これは日本の教育にも実は影響している。記録では奈良時代に遡る

立志式

これは夢を語るのは子供で「志」を立てられて初めて大人とされ

自分の志を語る儀式が立志式であった。

この立志というのは戦前までは何処の学校でも行われており

現在でもまだ立志式を行う学校もあるが段々と少なくなってきている。

この立志というのは、ある意味で自分の人生を真摯に考え

そして社会の一員として活動するための儀式であり区切りでという意味でも

教育でもとても大きな意味をもっていたと思う。

自分の子供に夢をもって欲しいか志を持って欲しいか?

今まで教育でもある意味封印されていたと志を高める教育。

これからの時代には、大きな役割がありそして再興されて

くることだと思う。

もちろん子供たちだけでなく大人も志を立てることは大事なこと

だと思う。親子で志を語れる社会になると更によい社会へ進んでいく

でしょう。

お正月の期間、志について想いを考えたいと思います。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

51jo8ax9K+L._AC_UL320_SR228,320_

アガスティアの葉 青山圭秀 自己探求をしたいときは良い本だと思う

2016/11/07 |

  20代前半で読んだアガスティアの葉と理性のゆらぎは奥深く感じた 作者は青山圭秀さんです。 ...

記事を読む

unnamed

聖徳太子創建の悲田院は1400年以上前に創られた社会福祉施設

2020/09/22 |

  皆さんこんにちは。 昨日は、敬老の日でした。 そして、今はお...

記事を読む

img_5864

経営に役立つ古事記 イザナギイザナミの国産みと修理固成

2020/01/20 |

国立能楽堂にて 幽玄の世界を現す能舞台 昨年ですが初めて能舞台を拝見しました。 伝統芸能...

記事を読む

勉強

本を出版したい方へ 文章力の上達を考える

2016/10/29 |

何事も練習は大事ですね 読み手が読みやすい文章や、語彙、言い回し、表現方法もまず質より量で沢山...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑