日本人の自己評価~不世出の横綱 双葉山の言葉

公開日: : 最終更新日:2017/02/07 未分類

t02200338_0220033812965492651

不世出の横綱といわれる双葉山

日本人は自己評価が世界でもっとも低いといわれます。

アメリカ、中国、韓国などと比べても極端な位低い数字が現れます。

みなさんの周りでも、凄いな~とおもって本人に伝えても

「まだまだ駄目だよ」とか「そんなことないよ」という方もきっといると思います。

まだまだ駄目だよ・・という方はどこから見てそのようにいうのでしょうか?

何と比較しているのか?ライバルか理想像か、更に高いものか・・

不世出の横綱といわれた双葉山という力士がいます。

大相撲の連勝記録69連勝をした方で有名ですよね。

彼が70連勝を賭けそこでは敗れたわけですが、

 「イマダモッケイタリエズ(未だ木鶏たりえず)」

とまだまだ自分には無敵といわれる木鶏にはなってない。といったわけです。

いまだ破られていない大記録をつくっていたにも関わらず。

実際その後福岡県で27日間にも及ぶ瀧行をおこなうなど、最後まで求道者的姿勢で あった。

私は日本の八百万の思想という、万物に命宿る。ということや志が高く、その基準から自分を見るので、

まだ、何もできていないと思うのではないとおもう。

大いなる想いがあり、有限な肉体を持つ自分のできることの小ささにまだまだという。

傍から見れはもの凄い方でも「まだまだ」ということは多く、そして聞いている方もおかしいと思わない。

これが、日本人の自己肯定感が低い「正体」かもしれません。崇高なところから見てまだまだ・・・という。

それは、日本人の志の高さから来ているかもしれない。

それはどのような志でしょうか?

人としての極み、道を極めようとしている方はどの地点が頂点なのでしょうか?

ある人は一個人だけでは達成することのできないような志であるかも知れません。

日本人の自己評価の低さ、それは謙虚なだけではなく、

途方も無い「志」や「頂点」それから「崇高」なものから

今の自分をみているからかも知れません。

最近は何でもポジティブということも言われますが、果たしてそれが最善なのか・・・

あるままに受け入れる対処できることが最も最善ではないかと思いますが

皆さんいかがですか?

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

IMG_3042

お土産 心遣い

2016/09/14 |

お土産 心遣い 大阪の恋人 白い恋人ならぬ面白い恋人です。 今日も天気がぐつついています...

記事を読む

matsushita_03

経営理念 松下幸之助

2019/01/25 |

松下幸之助が大切にした神様は根源様 根源様というのは、宇宙万物の元をつくり 万物の生成発...

記事を読む

51qrqqp2cql-_sx299_bo1204203200_

好まなくても監視社会へ向かっている

2018/09/16 |

    監視社会は誰が誰を監視しようというのか スノーデン。元...

記事を読む

20160813125837cf7-1

経営セミナー 無料で受講できる

2019/01/17 |

中村天風 偉人のメンターとしても有名だった 中村天風は不易流行 不易ー変えてはいけないも...

記事を読む

Message

追客新手法

バザール

  • とっておきの見込み客発掘法
PAGE TOP ↑