明治維新150周年 平成の薩長土肥連合 志は社会をも動かす

公開日: : 最終更新日:2017/04/20 日々徒然草

001

平成の薩長土肥連合 明治維新150周年を記念

今年は明治維新150周年で、各地でイベントも行われているようです。

写真は、今の鹿児島県、山口県、高知県、佐賀県の首長での記念撮影だそうです。

今思えば色々な意見や考えはありますが、やはり凄い事業だったと思う。

なんといっても、志士といわれる下級武士を中心とした人たちが事業の中心

であったことは間違いないことだから。

最近では、この明治維新については諸説出回っていますよね。

外国勢力と共謀の話から、南朝での革命説からそれらを丸ごと含めた説など

いづれであっても、志士達の動きがあったことが大事な要素であったことは

間違いないことですね。

志士という言葉については、昔からあったそうですが、

武士の元服の際には「立志式」というものがあって、志を人前で語れるように

なって初めて「大人」として認められるようになったそうです。

もっともこの当時の立志式では、主君への忠誠を誓うことで、社会へ貢献する

ということが多かったようです。

ところが明治維新の志士達はちょっと意味が違ってくる。主君への忠誠ということは

あるにしても、それよりより上位の権威者であった「天皇」への忠誠ということが

思想的にも出てくる。

これが明治維新の原動力というべき、「尊皇」ということに繋がり、それまでの幕藩体制で

それぞれの主君、そしてその上位者である幕府というところも、「尊皇」というところから

見ると、やはり下位に見えてしまう。

この思想的変化はとても大きく、それまでは、幕府=天下という意識が大きく変わっていった

そして、やがて「倒幕」ということも言葉でどんどん出てくるということになる。

これも、言葉がもつ力にもなっていったのだと思う。

多くの幕末、維新史を読んでもあまりこの意識変化については書かれているものを

見たことはないですね。

そして、そこに拍車がかかるようにしたものが

「ええじゃなないか運動」という民間で沸き起こったお祭りというか、大騒ぎですね。

やがてこれは規制されていきますが、この運動というものとても大きかった。

何処となく、新しい社会への渇望というか、容認というか、それが民間から沸き起こった

もので、民衆も応援しているということも実は大きかったと思う。

私は、この「ええじゃないか運動」

民衆からではなくてどこかに此れを仕掛けた人がいるのではないか?

と考えていますが、

この運動はそれほど明治維新を遂行するには大きな出来事であったと思います。

もし、この運動がなくて明治維新が遂行されたとしても

民衆の後押しも少なく、国内紛争的に幕府と官軍との戦いがもっと長引いて

日本自体が外国勢力との戦いに巻き込まれて、植民地になった可能性も

あるといわれています。最も、幕府側も官軍側もこれは察知していたようで

どちらにしても外国勢力への対応というのは考えていたみたいですけど。

いづれにしても、大きな革命的なことであった明治維新は

世界中の革命でも最も血が流れなかった革命とも言われていますし、それほど

当時の方々の能力や見識が高かったのではないかと思います。

とはいえ、下級武士たちが「志」を持って維新の原動力になったことに

間違いなく、それが大きく社会を変えていった凄い革命ですが、

現在も混沌とする社会情勢の中で、「志」をもった活動が求められているのでは

ないかと感じるのは私だけでしょうか?

政治に何をいっても無駄ということではなくて

いいたいことあれば、今は言える社会になっている。そして「志」を持っている人で

あれば、極端な話政治家にだってなろうと思えばなれるわけです。

これはある意味凄いことなんだろうと思う。

そして日本は「言論の自由」を認めらている数少ない国なんですね。

アメリカでさえ、日本ほどの言論の自由はないわけですから。

「志」をもって進んでいく、そこに美しさも共感者も現れてくると思う。

たとえ厳しいことが待っていたとしてもそれでも、「志」を貫いていく。

今、まさにこれが求められていると思う。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

da3dbf16d157e8b3258973f81d31a6d0-640x427

異業種のコラボ 工務店と味噌ガール

2017/03/05 |

異業種のコラボ 工務店と味噌ガール 工務店の社長と味噌ガールの異業種コラボってどんなこと? ...

記事を読む

20080513103230

東京国際ブックフェア 本の力でよい社会を

2016/09/08 |

天の岩度開きの知恵を出したオモイカネ 知恵の神様です。 オモイカネプロジェクト・・いよ...

記事を読む

books-2-638

松下幸之助 素直な心になろう

2017/04/19 |

松下幸之助 素直な心になろう 松下幸之助は著書でも人でも、常に素直な心を持とうと伝えています。...

記事を読む

img_4956

大きな目標に向かう勇気

2017/07/17 |

大きな目標に向かう勇気 平地で歩く人 山登りを見れるだけの人 山登りをする人 それぞれ見...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

SNSセミナー

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
PAGE TOP ↑