安藤百福の名言 明確な目標が出来れば後は執念だ。

公開日: : 最終更新日:2018/01/26 偉人伝 ものの見方

 

maxresdefault

カップラーメンを作った安藤百福

 

明確な目標を定めた後は執念だ。ひらめきも執念から生まれる。

安藤百福/台湾出身の実業家、発明家。日本で「チキンラーメン」と

「カップヌードル」を開発し、世界的に普及したインスタントラーメン産業の創始者

日清食品の創業者であり食文化に革新を起した。

日本統治時代の台湾に生まれ最初は、父の遺産を元手に繊維商社を初めて事業として

成功し貿易から精密機械や飛行機エンジンなども製造した。

その一方で学問にも目を向け立命館大学へ進学した。

戦後には様々な苦労もし、今まで築き上げてきた事業もほぼなくなってしまい、新しく

事業もスタートせざるを得なかった。

日本を戦後から立ち直らせなければならない

食べ物にさえ困る状況の中、海水から塩をつくることに成功して軍隊上がりや若者に仕事を

与えることから初めて、その後アメリカから送られる小麦を利用したパンやビスケットが配給品として

出回ったが、安藤百福は東洋の古くからの食文化である「めん類」を奨励すべきと

国に提案したが国側は「量産技術もなく流通もできないのでやむを得ないのだ」という。

それならむしろ自分で広めたらどうかと逆に国から提案された。

これが契機となってインスタントラーメンの開発に取り組むことになる。

保存性、即席、大量生産が可能なようなものを創るのは中々出来るものでなく

失敗の連続であった。

あるとき、奥さんが天ぷらを作っている様子みて、麺を油で揚げれば出来るのではないか?

と閃き、1年ほど掛けてやっと開発に成功した。

そしてこれが大ヒットとなり事業は成功。

しかし、このヒットをみて真似するものも多く出てきて安藤百福は商標や特許をとり会社の信頼を努めることに

した。この際に、注意・勧告をうけた業者は実に100社を越えていたという。

それだけの大ヒットといえる。

しかし安藤はここで、この特許を独占するのではなく

日本ラーメン工業会を創り、製造メーカーに使用許諾を与えて特許公開を行った。

vt9_nisshin03

このときに安藤百福は

日清食品が特許を独占して野中の一本の杉になるよりも

大きな森となって発展したほうが良い。

という名言を残している。業界のさきがけとなり、製造年月日の表示制度を始めたり

インスタントラーメンにもJIS規格を設けたりするなど

業界全体の品質向上に努めた。

国内での成功を元に、海外進出も行った。

アメリカ、ヨーロッパを視察で見た廻った際にチキンラーメンを2つに追って紙コップに入れて

フォークで食べているものをみて、

カップラーメン方式を思いついた。

この開発も苦戦するがやがて完成すると、国内での市場開拓に苦戦を強いられた。

開発も苦戦し市場開拓も苦戦していたが、

ちょうどその頃に、日本赤軍による浅間山荘事件が起こり、

テレビで各地に放映されたが、機動隊員がカップラーメンを食べている姿も放映されており

視聴者から注文が殺到し始めて事業も軌道に乗るようになった。

海外展開でもアメリカではとても人気がでて、爆発的に売れるようになった。

現在は世界80カ国で販売されているナショナルブランドとなっている。

後年、波乱万丈の人生を送った安藤百福は

 

明確な目標を定めた後は執念だ。ひらめきも執念から生まれる。

と名言を残している。

自身の事業を振りかっても、インスタントラーメンを創ったり、カップめんを作るときにも

誰もやっていない。だけどこれをやると目標を決めてひたすらここに向かって走ってきた。

だから閃きやアイデアが生まれた。

そしてなんとしてもやるんだという執念。これがあってこそ事業になった。

自分のためだけでなく、これを開発して社会に出せば役に立つんだ。

そのためにやるのだ。

自分にもそう言い聞かせていたという。

目標を明確にするということと、やり遂げるという執念。

そして社会性。

これらがあいまって、インスタントラーメン、そしてカップめんが生まれた。

素晴らしい偉人ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

関連記事

nobunaga

天下布武 信長の理念 志の意味

2018/08/20 |

  織田信長を一言で言えば、中世から近代という時代を変えた 偉人中の偉人である...

記事を読む

hqdefault

中村天風の言葉 言葉は強大な力がある

2018/02/04 |

中村天風 言葉には強大な力が宿っている 天風哲学といわれる数々の言葉や心身統一法は各界のトップ...

記事を読む

img_0

石橋正二郎 ブリジストン創業者

2018/05/02 |

   ブリジストン創業者 石橋正二郎 志高い経営者であった 世の為、人の為の仕事をする。 ブ...

記事を読む

img_8738

中村天風の名言 信念は人生の羅針盤

2018/03/23 |

中村天風 信念は人生の羅針盤 信念というのは絶対積極である。 人生にとって一番大事なこと...

記事を読む

追客新手法

  • とっておきの見込み客発掘法
PAGE TOP ↑