夢と志は違う 夢は自分のため 志は社会のため

公開日: : 偉人伝 ものの見方

avxeafr4936529

花燃ゆ 明治維新の志士達が多く出てきました。

ちょうど3年前ですね、NHK大河ドラマでの作品です。

1月という年のスタートダッシュということもあり、1年の予定や考えを

まとめたりスケジュールにしたりする機会でもありますが、皆さんいかがでしょうか?

その中で、こうありたい、やりたいとか色々な希望もあるでしょうけど、

夢と志は違うということ

そして夢は自分の為、志は社会の為というように、ともすれば夢と志というのは

同じような意味に捉えられやすいけどそうではない。

自分が、誰かの話を聞いていたとしたらどうでしょうか?

ある人は自分の夢を叶えたい。

ある人は自分の志を叶えたい。

どちらを応援したくなるか?ってことですね。

夢であれば、良い家に住みたいとか、いい車に乗りたいとか、やはり自分ごとが多い。

志は社会をよくするという意図が入るので、皆に良い家を提供したい、とか入ってくる。

どちらが社会から応援されるか?ということですね。

夢よりも志を応援したくなるのは自明の理ですね。

日本の制度を大きく変更した明治維新

これは下級武士が当時絶対的な権力であった幕府に対抗する勢力を作り

最後には新政府を作ってしまう。

身分制度の厳しい時代にも係わらず命を投げ打って行ったのは

志で動いていたから

といえるでしょう。

自分がやらなければどうしようもない、ということをもった志士達が

如何に多かったか?

立ち上がるということはどれだけエネルギーが必要だったか?

そして命懸けであったか?

いづれにしても、日本が近代国家に生まれ変わるきっかけとなり

当時進んでいたアジア各国の植民地化ということを避けれらたのも

この明治維新ということが有ったからだと思う。

明治維新を終えて30年も経つと日本は世界でも有数の大国になった。

世界の先進技術を改良し、また国内でも制度改革も凄いスピードで

進めていったことでの成果であった。

志士たちは、既存勢力への不満もあったが一番大きかったのは

外国の植民地になってしまうかも知れない正しい危機意識が根底にあったから

こそ、大同小異で各藩もまとまることもできて

明治維新という大きな変革をやってのけた。

志士達は、自分の出世ということよりも

如何に日本を守るか、そしてそのためにどの様にすればいいか?

そんなことを必死になって考えてこうどうしたからこそ、

維新の大業ができた。

本気の心、必死の力というのが如何に凄いものか?

現代に生きる我々も、今の時代を捉えて、夢でなく志をもって

社会大義のために進んでいけば応援も得てきっと物事が成り立っていくのではないか?

いつの時代でも変わらない真理がここにはある。

夢でなく志をもっていこう。

1月に改めて思いました。

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

6d03fc18b4f66eefa593391c57dd5e20

偉人の仕事術 孫子 孫子の兵法は今も生きる

2017/10/03 |

         孫子 中国の春秋時代の武将で 日本でも多くの武将に影響を与えた書物「孫子の兵法」で...

記事を読む

138513137267991998228_itouhiro11

偉人の仕事術 初代内閣総理大臣 伊藤博文

2017/11/03 |

伊藤博文 初代内閣総理大臣としても有名ですね 伊藤博文は明治維新の中では創業世代である、西郷隆盛、...

記事を読む

972d7eeba70347e689ede424023da639_l

世界は日本を求めている

2018/01/02 |

新年が始りました、今年も良い年にしましょうね 年末から、年始にかけて色々な人と会ったり、本も読...

記事を読む

img_person_07

偉人の仕事の進め方 大久保利通 

2017/08/30 |

明治維新の元勲 大久保利通 大久保利通 1830-1878 西郷隆盛、木戸孝允と並んで維...

記事を読む

PAGE TOP ↑