During the Showa era, one of Japan’s leading businessmen

公開日: : 最終更新日:2020/05/10 未分類

timthumb

Do you know the Nakamura Tenpu?

During the Showa era, one of Japan’s leading businessmen
In addition to Panasonic founder Kounosuke Matsushita and Kyocera founder Kazuo Inamori, the Imperial Family and Prime Minister Hara also learned from Tenpu Nakamura. Recently, Shohei Ohtani, a major leaguer, has also been studying.
Tenpu Nakamura, the founder of the philosophy of mind-body unification.

Here are some words from Tenpu Nakamura to entrepreneurs.

Think about it.
Everything in the world is free in the first place.
The fish of the fishmonger is a fish that originally lives in the sea, and the fishermen
They sell what they have taken.
A fish in the sea with a price tag? That’s not true.
It’s the same with ideas. There’s no price tag for the ideas in your head, is there?
We get paid for it when we devise it, or when we play a role in it.
This is how it came to be.

In other words, money is originally a product that is useful to society, and
The more useful you are, the bigger the price.

This is the true state of affairs, and entrepreneurs need to understand this
It is very important for us to move forward.

He explains the importance of a good understanding of the nature of things.
There are many such essential things in the Nakamura-Tenpu philosophy

It teaches us how to live and how to be.

Now, here are a few words for business owners.

In defiance of the truth of the universe.
What I have tried to do with my own selfish desires.
It’s not very often that they succeed.

A successful business is…
We are successful not for our own sake but for the sake of society and when we do what we think is right.

There are some businessmen who do it out of sheer greed.

Let’s do this job and give people something really useful for the world.

The result will be completely different if you do it with the mindset of “I’m going to do this.

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

関連記事

o0480044413139874705

真剣さで成果3倍増へ

2015/03/27 |

受注大幅増の工務店社長の話 以前、東京、金沢それぞれでセミナーやミーティングをした社長の話 ...

記事を読む

4745_4323e21668efe5d8ba41fea6cd2669ab

オモイカネブックス 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクト 日

2020/03/07 |

  新日国家モンゴル モンゴルのイメージは草原と馬がありますね。 オモイカネブックス企画で始...

記事を読む

100316ipadbook

電子書籍は本の出版のチャンス オモイカネブックス

2017/03/24 |

過去記事のリライトですが、電子書籍事業を昨年9月から皮切りに様々な著者や 著者候補と会ってきま...

記事を読む

-B1oBZLJ

海外の日本人観に影響を与えた本 武士道

2016/12/06 |

武士道の著者 新渡戸稲造 著書の意味は大きかった 国際連盟事務次長も務め、教育者で農学者だった...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑