温故知新 日本の歴史を見直す

公開日: : 未分類

guest56

出光佐三 映画「海賊と呼ばれた男」のモデルになった出光興産創業者

強くしなやかな日本へ ー世界 令和ー

国に国是なく
企業に理念なく
家庭に家訓なく
人に志なくなれば
日本人は背骨がない軟体動物のようになるのかもしれない。
そう思うの私だけでしょうか。
戦前から戦後にかけて活躍した出光佐三。
昭和天皇が唯一和歌を贈された人物でもあります。
石油危機の日本を救ったといっても過言ではありません。
映画「海賊と呼ばれた男」のモデルになった
出光興産創業者の出光佐三氏で骨太の事業家です。
出光佐三は
終戦の2日後に社員に伝えた訓辞がある。

愚痴をやめよ。

世界無比の三千年の歴史を見直せ

そして今から建設に入れ

そういうものの仕事も全くなかったことも

事実である。

本来石油を扱う会社であったが、

それもないので、とにかく何でもシゴトになるものは

やってみようと行商から漁師、農業から通信など

石油を扱えるまでは、とにかく生きなければならない

ということで必死に行ったと思います。

今の時代も激動期ですが

当時とは状況は全く違いますが

必死に動くということ。

信念をもって進むこと。

これはきっと今にも通じる真理のようなものだと思う。

そして事業にも、男時と女時がある。

どんどん進める時期とじっと我慢する時期と。

そこを良く見定めていくことも大切なことですね。

焼け野原を前にして、前に進もうとしたのです。
そして仕事も見当たらない中で、
人員カットもせず本業ではない仕事をやりながら、
なんとか生き延び出光興産を再興させるに至りました。
%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e7%88%86%e6%92%83%e5%be%8c%e2%91%a1

焼け野原から立ち上がった

本日は、日本学ユニバーシティーで森日和さんのお話しを聞きました。

~日本文化を学ぶ~ 和美作美道~

ーHPより紹介ー

日常生活の中で学ぶ「礼儀作法」

日本人女性としての美しい在り方・心の持ちようを学ぶ「和美」、

和美の心を以て自ずと為される立ち居振る舞いを「作美」として、

日本人らしい心と慮りの所作を学ぶんでいただく礼儀作法教室です。

礼儀作法は、堅苦しいことばかりではありません。

相手を大切に想い為す行動が礼儀作法なのです。

厳かな場面では厳かに、気軽な場面では気軽な姿で

居ず舞うことができますことは、働く女性として、

妻として、嫁として、母として、対応できる幅を

広げることにもつながりましょう。

ー転載ここまでー

私は、大和なでしこの美しさを見た想いでした。
混沌としてきた世界で、
今、日本だけでなく世界中が新しい秩序を
求めているのではないでしょうか。
その中で大和益荒男と大和撫子と一対で、
日本を見直し世界に伝えていくことが
良い社会の礎になるのではないかと考えるのです。
日本文化と精神のFBグループ交流も良いですが、
日本学ユニバーシティーにまだ参加されていない方は
是非一度、ご参加してみてください。

日本学ユニバーシティー

また日本学ユニバーシティーでは

座学オンラインだけでなく

日本文化再興プロジェクトという実践活動も行っています。

日本文化再興プロジェクト

特に現在は新嘗祭再興プロジェクトの賛同者を募集しています。

ー新嘗祭再興プロジェクト主旨ー

飛鳥時代から1500年以上続く世界最古の

伝統ある収穫祭が「新嘗祭」です。

かつて日本で最も大切な五穀豊穣をお祝いするお祭りでした。

ところが戦後は「勤労感謝の日」に変えられ、

日本で最も大切なお祭りを大半の日本人が知らなくなり、

その日を祝い、天地人に感謝する伝統を失ってしまいました。
新嘗祭では、新穀と新酒を神さまに奉納し、

その日に天皇が初めて新米と新酒を召しあがったのです。

今でも宮中で新嘗祭は行われ、

天皇はその日から新米を食べられることになっています。

この収穫を祝う習慣は他国にもあります。

フランスのボジョレー・ヌーヴォー(Beaujolais Nouveau)は、

11月の第3木曜日に解禁となり、

世界中でお祝いされています。

そもそも、ボジョレー・ヌーヴォーは地元の人が収穫祭で楽しむための地酒でした。

ところが日本では、

フランスの収穫祭(アール・ヌーヴォー)はお祝いしても、

世界で最も伝統ある収穫祭を、

戦後、日本人は共に祝うことをほとんどしなくなりました。
11月23日に、

日本の人たちが五穀豊穣に感謝する日本の大切な伝統を再興させませんか。

そして、世界に広まっている日本酒で、

世界の人たちが五穀豊穣と世界の平和をお祝いする新嘗祭の日にしましょう。

ー主旨ここまでー

新嘗祭再興プロジェクト

*賛同される場合には、紹介者名に私の名前をお書きください。

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

セミナー・研修情報 
*コロナ化の為一部個別相談としているセミナーも御座います。

時流を捉え、原点を見直し、未来を創る 進化道場バナー600
オンライン商談・ソーシャルメディアで事業を加速させる メディア道場
出版物を電子書籍化・再版で販売してみませんか? 電子化

●石川博信への執筆・講演・セミナーのご依頼はこちらから

●まだSNSで繋がっていない方はこちらから繋がれます

友達申請の際は一言「ブログを見ました」など頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

関連記事

聖書

本を書くこと 本は公共財で社会に役立つもの

2016/09/21 |

世界最古の書物と言われる聖書 欧米社会での影響は計り知れないですね。 ちょっと考えると誰が本...

記事を読む

184316355_2595135494115637_7839379909051207932_n

新しい商品は組み合わせから生まれる。

2021/12/06 |

    新しい発想は組み合わせから生まれることが多いですね。 ...

記事を読む

20161212-00000021-jijp-000-13-view

2016年今年の漢字僕には開くが今年の漢字で的確

2016/12/16 |

2016年の漢字は「金」になりました 京都の清水寺で書かれているそうですが、この文字の選定理由...

記事を読む

47055231c5aac498c1eaa412ab612e68

想いやりで志事を創る

2017/01/17 |

日本の元神といえる大国主 大黒様とも呼ばれる 想いやりで志事を創るってことですが、 この...

記事を読む

事業再構築セミナー

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • Japanese Style: Exquisite Problem Solving Wisdom
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • THE REAL RICH LIFE: Unlock the Secrets of Relationships
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑