課題=理想-現実 行動すれば何かの結果はでる

公開日: : 最終更新日:2017/02/10 未分類

IMG_3344

今年も段々終わりに近づいてきましたね。

課題は理想-現実ということ

課題を感じられるのは向上している最中だと思う。

理想がありそこに期日を入れるとそれは現実の課題となる。

その意味で期日をいれるということはとても大事なことだとおもう。

この時期になると来年どうしようとか今年の振り返りも考える機会も

あると思うけど一つずつ前に進んでいます。

 

2015-02-16_121559

幕末維新の志士達 志が社会を変えた

幕末の志士である吉田松陰は

「理想なきものに計画なし

計画なき者に実行なし

実行なしものに成功なし」

といっています。

こうありたい姿に対して期日を入れる(これが大事)事によって

具体的なスケジュールで落とし込みが出来る。

そこから実行していくことが大事だということ。

いつの時代でもこれは真理だろうと思う。

ちょっと前に会社で会議を行った。それは期初や月初に立てた行動などに

ついての予実の状況報告という内容ですが、100%出来ているわけではなかった。

大事なことはこの初期の段階で100%できているということであれば

こちらが驚いてしまう(笑)

むしろ、出来なかった、後回しにしてしまった項目について

「これからやります」とかではなく

「どうすればできるか?」

という考えを血肉として欲しいということを伝えたかったということだったんですね。

出来なかったことをとやかく言うのは、(故意にやらないのは別にして)

傷口を広げるようなもので痛みが伴う。出来なかったものに関しては

「どうすればできるか?」

という考えを通常持って欲しいと考えるからなんですね。

すぐ出来ないとか、無理ということではなくて

どうすればできるか?

シンプルな考えだけどとても大切な考えだと思う。

そして、計画をつくるというのは、理想も実はもっているということで

ホントはすごいことなんですね。

あとはやるだけですからね。

理想をもちそこに日付を入れて実行し、躓いたらどうすれば出来るか?

考えて進めばいい。

でも、突き詰めると理想の姿ってどんな姿だろうか?ってこと。

つめれば詰めるほど抽象度の高い回答になっていくでしょう。

そこから具体的な内容に落とし込むまでがその人の価値観がとても

良く現れること。

でもそれを大事にして、進んでいけばきっと道は拓かれると思う。

今は激動の時代

b3411f97343d6b446616a371046a0f91

進むIOTによって更に社会変化が生まれる

波に乗るか、波に飲み込まれるか、はたまた波をつくるか?

その選択肢は自分が持っている。

やるなら後悔しないように自分の考える理想に向かって前のめりで行きたいですね。

きっとなにかの成果はでるだろうから。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

51xknreep4l-_sx337_bo1204203200_

経営の本 おススメや名著

2019/01/19 |

経営の本 おススメの名著 というのはやはり著名な経営者が書かれた 本になるのでしょうが ...

記事を読む

01-2

ビジネス交流会 山元ビジネス塾

2019/04/25 |

ランチタイムをビジネス発展に繋げませんか山元ビジネス塾 ランチタイムでスタートします。(5月...

記事を読む

10%e8%bf%bd%e5%ae%a2%e6%96%b0%e6%89%8b%e6%b3%95

名簿客の追客は仕組み化が大切

2018/10/05 |

名簿客の追客は仕組み化が大切 展示場でもイベントでもWEBからでも名簿客はある。 しかし...

記事を読む

%e3%80%8c%e5%91%89%e8%b6%8a%e5%90%8c%e8%88%9f%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%95%85%e4%ba%8b%e3%81%ae%e5%9c%b0%e5%9b%b3

呉越同舟 目標達成の為に時には必要

2019/02/02 |

  呉越同舟 大同団結と似ている意味ですね。 元々、春秋時代に隣国であった呉という国と越...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
PAGE TOP ↑