古事記にある日本のルーツ

公開日: : 最終更新日:2020/09/15 未分類

皆さん、こんにちは。
今日は、古事記について、書きたいと思います。
古事記と言っても、細かい内容ということではなくて、
いくつかの皆さんが知っているようなルーツについてお話したいと思います。

例えば、建国記念日ありますよね。
建国記念日なんですが、初代天皇の神武天皇が東へ向かい、ヤマトの豪族だったを破り、
橿原の宮で、建国の詔を述べられた。
その日にちなんで、建国記念日とされています。

0a7a2edd84e25fbbc151e4fa76cd7323

 

それから、日本の国鳥。
どんな鳥だと思いますか。

例えば、トキとか、あるいは、、タカとか、考えられるかも知れませんね。
実は、日本の国鳥は、雉(キジ)なんですよね。
どうしてキジなのかと言うと、
天孫降臨ということが行われたんですけども、
その先駆けで、当時、日本を治めていた大国主命に国譲りの交渉に行ったはずのアメノワカヒコがいたんですね。
天上の世界から、日本の国を見てきなさいと天津国の神々から言われたわけです。

しかし、一向にその経過報告をしてこなかったんですね。
で、そのときの様子を聞きに行く。使いに出されたのが、実は、雌のキジだったんですね。
こういうことから、記事が日本の国鳥になったわけです。

それから、ちょうど、昨年行われました。
大嘗祭、というのがありますよね。
これは、勤労感謝の日と、いうことで祝日にもなっています。
これは、新しい天皇に即位した年、そのときだけは大嘗祭として執り行われます。

それ以外は、新嘗祭としてとり行われる。

日本の天皇陛下は素晴らしいなと、思っているのです。

もともと日本は農業を営んでいて、台風もあれば地震もあれば、
色々な災害っていうのもいろいろあるわけですよね。
その中で、五穀豊穣を祈って、無事収穫ができて、国民みんなに新しいお米が行き渡って、
そして、一番最後に天皇陛下が、そのことを神様に感謝して、その年の新米をいただく。
これが、勤労感謝の日行われる、新嘗祭と言われるものなんですよね。
日本の国民国家の安寧を祈り続けている。
天皇という存在は、本当に他にもない、かけがいのない存在ではないでしょうか。

それから、古事記に出てくる内容で、禊というものがあります。
例えば、政治家が、ちょっと失敗をしてしまったとか、
悪いことをしてしまったりとか、そうしたときに、禊(みそぎ)を行いますと、
きっと聞かれたことあると思います。

禊(みそぎ)の最初というのは、古事記に書かれてます。
イザナギノミコトが、黄泉の国から戻ってきて、川に入って、
身を清め、汚れを払い、ということを行いました。
実は禊というのも、今、神社に行っても、手水というものがありますよね。
これも、禊の一種というふうに言われています。

それから、お雛様。
お内裏様、と言われるものですね。
これ、誰がお内裏様なんでしょうか。
お雛様は誰なんでしょうか。

これ実は、お内裏さまは、スサノオノミコトなんですね。
お雛様は、アマテラスオオミカミなんです。
そして、5人ばやし3人官女。
これは、それぞれが、誓約(うけい)をしたときに、
生み出された神様が女性の3人、神様王子5人だったということからの言われががあります。

また、サッカー日本代表のユニフォーム三本足のカラス。
八咫烏(ヤタガラス)
これは、熊野の山中で迷っていた神武天皇に、道案内のため天から遣わされたカラスのことなんですよね。
この八咫烏の先導によって、神武天皇は後に、日本の建国をすることができるわけです。

それから、注連縄というものがありますよね。
神社に飾られていますね。もしかしたら、ご自宅にもあるかも知れません。

これは、天照大御神が、天の岩戸に再び入っていかないように作られたましたが、
一つの意味としては、神聖な場所と、俗の世界との結界というふうにも言われています。

それから、相撲がありますよね。
日本の国で、もう太古からある。
このルーツは、大国主命の息子タケノミナカタノカミ今の諏訪大社のの神様と、
国譲りの交渉に来た、タケノミカズチノカミ鹿島神宮の神様ですね。

この2人が力比べをしたんですね。
それによって、タケノミカズチノカミが勝って、国譲りということができるわけですけど、
勝者である方のみ注連縄をつけることが許される。

ですから今も、横綱だけですよね。
注連縄をして、土俵に入ったり、いろんな儀式に臨んだりしてる。
こういったことが、実は古事記の中に、出てきているわけなんです。

日本の太古の物語。
世界の成り立ちから、推古天皇の時代まで書かれた古事記。
はここには、たくさんの出来事がかかれており、今に生かされることも多くあります。

素晴らしい書物だと、私は思います。
よく神様の名前が長いとか、たくさん登場人物が出てきたわからないとか、
いう話を聞くこともあるんですけど、まだ、読んだことがない。
もしくは、途中まで読んだけど、終わっちゃった、という人は、

最近では、非常に簡単に古事記を、描いてる漫画ですとか、それからアニメもありますよね。
もちろん、一般書としての解説した本とかもあります。
そういったところから、日本の歴史である古事記を読むとですね、
また日本の国の深さこういったことがわかるんじゃないでしょうか。

私も今まで何度も読み直しているんですけども、毎回いろんなところで新しい発見があります。

主人公のような登場人物だけであれば、そんなに多いわけではないんですよね。
もちろん、いろんな神様が出てきますから、それを全部覚えようとすると、大変かも知れません。
ただ、きっと楽しめるんじゃないかなと考えてます。
ぜひ、古事記に書かれてる日本の国の歴史や、国の成り立ち、
こういったことも読んでいただけると、きっと新しい発見があるんじゃないかなと思います。
長い文章ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

セミナー・研修情報 
*コロナ化の為一部個別相談としているセミナーも御座います。

時流を捉え、原点を見直し、未来を創る 進化道場バナー600
オンライン商談・ソーシャルメディアで事業を加速させる メディア道場
出版物を電子書籍化・再版で販売してみませんか? 電子化

●石川博信への執筆・講演・セミナーのご依頼はこちらから

●まだSNSで繋がっていない方はこちらから繋がれます

友達申請の際は一言「ブログを見ました」など頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

関連記事

HP

HPリニューアル

2015/02/07 |

いままでアメーバでブログを書いていましたが HPをリニューアルしたので、これからはこちらで書くことに...

記事を読む

100000009000505437_10204

夢は紙に書くと現実になる

2019/05/28 |

夢は紙に書くと現実になる。 紙に書けば現実になるというのは それだけで? と疑いた...

記事を読む

no image

吉田松陰と安倍総理②

2014/12/13 |

吉田松陰について安倍総理は以前文芸春秋に書かれた内容を紹介します。 以下安倍総理の言葉 私が死...

記事を読む

main

大河ドラマ2019年いだてん 東京オリンピック噺 に思う

2018/12/22 |

大河ドラマ2019年いだてん 東京オリンピック噺 に思う 先回のブログにも書いたが、前回の東京...

記事を読む

事業再構築セミナー

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • Japanese Style: Exquisite Problem Solving Wisdom
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • THE REAL RICH LIFE: Unlock the Secrets of Relationships
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑