つながりで志事は加速する

公開日: : 最終更新日:2019/06/08 巡礼記, 感動経営

60628963_2058447044461247_6116061771993186304_n

 ビジネス交流会 山元ビジネス塾の一コマ

良い人脈こそ財産になる時代

情報が多くあり、選択することも難しいなかで、人々は知人友人など

つながりがある方の情報を一番信頼性が高いとしている。

それはそうですよね。

インターネットが加速的に大きななった今では

ソーシャルメディアが盛んになっています。

そして、ソーシャルメディアの中では

人柄というものが垣間見れます。

そしてどのような方とどのような話題で会話を

しているのかが分かります。

それを考えると、正しく

人柄の時代なのだと思います。

ということで

人間性を磨くことがビジネス発展に繋がっていく

というホント凄い時代になってきましたね。

%e4%ba%ba%e8%b2%a1%ef%bc%91出雲大社にある、奇魂、幸魂の像

国づくりを進めていた大国主であったが、参謀というべき少彦名がいなくなり

どうしようか、、と嘆いたときに海の波に乗ってくる光の球体があった。

大国主が「汝はだれぞ?」とたずねると

光の球体は「我は汝の奇魂、幸魂」と答え、大国主と一体になったという話ですが、

日本の神道にある、一霊四魂でいえば、荒魂、和魂、(これは伊勢神宮にある)

奇魂、幸魂(これは出雲にある)が一体となり始めて一霊四魂となった。

この光の玉は、大物主神であり、後に三輪山に祀られてることとなります。

大物主神は、大国主に対して

「私がいけなれば国造りは出来なったであろう。私がいたからこそここまで進んだ。

これから国造りを進めるには、私をしっかり祀ることだ」

と大国主に伝えます。

当時、大国主は国の王ですが、その王に対してこのものの話しようは、余程の神様

何だろうと思いますが、どう思いますか?

 

img_7175

大物主神が鎮座する 大神神社の一之鳥居

もっとも、大国主は荒魂、和魂を持っていたので、奇魂、幸魂がやってきたとも

いえるかも知れませんね。

長くなりましたが、出雲大社の御祭神である大国主は、周りの力を生かす神様で

優しい神様でした。

国づくりの際には、様々な神様の力を借りて進めていることからも明らかですね。

最近とくに感じるのは、人の出会いって大きいなってこと。

いくつかの事業をしていく中で、別分野と思える方や、社会的影響力がとても強い方

素晴らしい方々といえる当代一流の方との出会いは、沢山のことを学ばせてくれる。

そしてとても大事だと思うことがある。

日本の国造り神話でも、大国主が創っていき、参謀もいたわけだが、途中でいなくなった。

しかし、それをも遥かに凌駕するような、

大物主神というものすごい神様が現れて国造りは進むようになった。

どうしてそんな協力者が現れたかというと、

大国主は自分だけじゃなくて、社会の為の国造りをしていたからだと思う。

このような国にしよう!そういう思いで進めていく中で賛同者もどんどん

現れてやがて進んでいく。

自分のミッション、ビジョンを端的に伝えるということ。

これは、準備していないと中々できることではなく、準備をしていてもままならない

時もあるくらい。準備していかければなおさらですね。

で、社会人になると色々な出会いがある方も、あまりない方もいるかもしれないけど

自分で求めていく

ってことが大事だとおもいます。特に志事を進めたい、って方はやはり

人との繋がりが大事になってくる。

どんな方と方と出会いたいかということは、自分でも引きよせて、そして

出会って良いタイミングで出会うものだと思う。

そして、そんな出会いって大事ですよね。

人と合って志事がすすむことも沢山ある。そしてせっかくの出会いでも

ちゃんとものに出来るか、出来ないかは

特にその後の御礼やフォローによるところが大事ではないかと思う。

せっかく合っても御礼メールも、お礼状もださない。そんなことは

とてももったいない。というか、出来ない、しないというのは

どうかと思う。

きちんと御礼をすることで、より良い人間関係に発展することはあることです。

志事は人で行い、そしてどんな人と出会うかでまた発展性が変わってくる。

人との出会いは大事ですね。

社会に出てからの人との出会い、社会に出ての勉強もそうですが、

とても役に立ちますね。

すぐ実践できますから。

出会いで仕事は加速するというのは、山元学校の山元先生の言葉

だが、真理ですね。

この1年、1ヵ月でどれだけの知り合いになれたかというと

増える、増やそうとう意識や行動がないと中々増えていかない。

これをどんどん増やしていくということは大切なことだな、って思う。

特に今のようなに、激動の時代では

色々な人にあっていくということは大きな価値になってく。

情報も仕事もひとが造っているものだから。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

shop_251_2

感動経営 顧客満足から顧客感動へ ③青山カシータ

2018/07/03 |

   2001年の創業以来、顧客感動を追及し広告宣伝費がゼロというカシータ 先日カシータへ行っ...

記事を読む

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b025

言霊の力 紙に書く・読む・言葉に出すと願いが届きやすい

2019/03/17 |

  思考は現実化する マザーテレサの有名な言葉ですが、思考や言葉が現実を創っていく...

記事を読む

blue_sky9_L

新人営業の育成 営業は素晴らしい仕事

2018/08/14 |

新人営業の育成は営業という仕事の素晴らしさを納得してもらうことから 営業という仕事は今は人気が...

記事を読む

d78daf17-l

常に考える 未来工業創業者 山田社長の言葉

2017/07/15 |

未来工業 山田社長の言葉 もうお亡くなりになりましたがとても示唆に富むシゴトをされていたと感心...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

SNSセミナー

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
PAGE TOP ↑