アマゾン 世界一親切な企業を目指す

公開日: : 最終更新日:2017/03/22 日々徒然草

Jeff Bezos, CEO and founder of Amazon, at the introduction of the new Amazon Kindle Fire HD and Kindle Paperwhite personal devices, in Santa Monica, Calif., Thursday, Sept. 6, 2012. (AP Photo/Reed Saxon)

アマゾン創業者 ジェフベゾス

アマゾンはもはやECサイトという領域では語れない位様々な事業を

行っている。もちろんECサイトでも世界最大でもあるし、その大きさは

売上げでいえば10兆円に迫ろうとしている。凄いですよね。

ECサイトでは、サイトの使い勝手もそうですが、配達方法や

決済にいたるまで、使い勝手が良い。

そんなこともあってもどんどん広がっている。

その他の事業で大きいものはアマゾンWEBサービスという

サーバーレンタルやクラウドでの事業。

これも圧倒的に安いコストと実績で非常に大きいシェアを持っている。

更にアマゾンの創業であった本の事業。

電子書籍ではキンドルというデバイスを独自に開発しているし

更に、いまではアマゾンエコー、アマゾンプッシュという

音声で注文できたり、ボタンを押すだけで注文できるという

IOTの分野への進出もスピード挙げて進んでいる。

これは凄いですよね。

さらに、先日プレス発表あったところではアマゾンストア(日本のコンビ二みたいなもの)

を全米に1000店舗出すという話がありました。

ECサイトにとどまらない考えとしては

世界で一番親切な企業

というプラッグシップがあるから。

ユーザーに親切であれば、どれがユーザーに親切なのか?

これを徹底的に考えて進めている。

かといって、ユーザーの意見を徹底的に聞いているわけではなく

やはり社内で徹底的に考えて作りこんでいる。

よく、ユーザー目線というとユーザーの意見を取り組んでというものが

あるが、もちろん意見を取り入れてはいけないということも

あるが、あまりに全て取り入れてしまうと陳腐なものになりかねない。

以前お菓子のメーカーが女子高生の意見を取り入れて商品開発をして

成功するとおもったら大失敗におわったというのがある。

また、主婦目線を取れた商品開発でも大成功したものというのは

あまりない、というか多くは失敗してしまう。

これは、やはり、会社としての責任ということと、それがない、

ましてマーケティングなどもわからない人たちの意見を取り入れた結果

であろうと思う。

一見、斬新でうまくいきそうな感じもありますが、ほとんど失敗しているという現実

アマゾンもアップルもそうだけど、ユーザビリティー自体は社内で徹底的に揉んで

世に問う。

つまり、ここまで考えてつくった。それをユーザー使いがってをどう判断するか?

という位創りこんでいる。

これが本来の姿ではないかと思う。そしてこれに果敢に取り組んでいるのが

アマゾンだと思う。

日本でも広告宣伝費もそう莫大なものではないと思うが

ココまで大きく成長していることの理由のひとつは、

徹底した顧客目線を考え抜いたサービスが受け入れられているというところから

だと思う。

この姿勢が世界で受け入れられているということが、アマゾンの成長に繋がって

いるのだと思う。

凄い企業だと思いますが、このようなサービスの会社であればとても日本的な

感じがすると思うのは私だけでしょうか?

アマゾンの今後の成長は大きく社会を変えることになるかもしれない。

特にIOTを活用したサービスのあり方と配送の方法は

ネットが社会を大きく変えるインパクト以上に大きな変化を社会にもたらせるかもしれない。

そんな社会をおそらく見据えて事業の展開をきっと考えているのだろうと思う。

世界一親切な企業

これを目指しているアマゾンのことをちょっと書いてみました。

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

セミナー・研修情報 
*コロナ化の為一部個別相談としているセミナーも御座います。

時流を捉え、原点を見直し、未来を創る 進化道場バナー600
オンライン商談・ソーシャルメディアで事業を加速させる メディア道場
出版物を電子書籍化・再版で販売してみませんか? 電子化

●石川博信への執筆・講演・セミナーのご依頼はこちらから

●まだSNSで繋がっていない方はこちらから繋がれます

友達申請の際は一言「ブログを見ました」など頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

関連記事

summer_koshien_2009_final

夏の甲子園 高校野球にはドラマがある

2017/08/21 |

 甲子園球場 夏の高校野球のドラマが繰り広げられる 高校野球は以前ほどではないかもしれませんが...

記事を読む

15977802_596712420533907_58214417491464745_n

協調して行うと達成感も大きい

2017/04/24 |

山元学校での鏡開きの様子 一人で行うのではなくて、複数で一緒に行うから楽しさも倍増する。 ...

記事を読む

img_5476

言葉の力 意識の力

2017/04/07 |

  蘭の花 小さい鉢で5年目ですが咲き続きてくれています。 この蘭は、会社でお...

記事を読む

ph28-2

清少納言は世界最古のブロガー

2017/03/11 |

清少納言は今でいうブロガーだったと思う 清少納言は枕草子で有名ですね。 「春はあけぼの。やう...

記事を読む

事業再構築セミナー

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • Japanese Style: Exquisite Problem Solving Wisdom
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • THE REAL RICH LIFE: Unlock the Secrets of Relationships
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑