危機は危険と機会という言葉で出来ている

公開日: : 最終更新日:2017/04/18 日々徒然草

 

pr05

鏡=かがみ 「が=我」を抜くと「かみ」になる

最近物事をありのままにみようと心掛けてみている。

鏡はそのままを映しだすといわれている。ありのまま。

物事そのままを見ることがいかに難しいか!ついつい「それはこうだな」とか

自分の感情を入れて判断してみていることによく気付く。

危機という言葉があるが、

危険と機会(つまりピンチとチャンス)は裏表の事象

でどう捉えて進めるかは自分次第ってこと。当たり前ですよね。

でもここをどう捉えて仕事をすすめるかは

大事なことだと思う(少なくても経営者や将来そうなりたい人も)実際ピンチからチャンスになった例なんて

山ほどあるわけだし、やっぱり捉え方が大事だと思う。少なくても仕事のなかで

「難しい」「出来ない」という言葉を使わずに「どうしたら出来るか」って考えて進めることが大事だと思う。

危険と感じるか、機会と捉えるか?まず、そこが大きな分岐点で

そこから、右でも左でもなく、真ん中から見る。つまり、危険な状況はないほうがいいし

出来れば避けたい。機会では、いかにこのチャンスをものに出来そうか見る。

どれが正解というわけではなく、これはあくまでも物の見方です。

ま、それはさておき

私の場合はネガティブなことだと感じたときことポジティブな言葉を発するようにしている。

例えば「面白くなってきた!」「さあ、乗り越えたからね!ありがとう!」

という感じです。なんでって

言葉は想念よりも強いと思う(あ、個人の意見ですから)から。ネガティブを感じたら

ポジの言葉をわざと発するんですね。これはやってみると不思議ですがホントにそう思ってくる。

沢山言えば更に確信的に思えてくる。

ありのままを見る。

そしてすべては自分の捉え方次第でどうにでもみれるし進むこともできる。

ネガティブに想い、言葉を発していれば更にそうなるだろうし、ポジに捉えて、いい言葉を発すれば

そうなるだろうしね。

物事の捉え方そして言葉って大事だと思う。

真ん中から見るということで言えば、危険に対しての対応も必要だし、機会として捉えた場合の

対策も必要だと思う。どっちも必要だろうということですね。

もちろん、危険になる根本的な理由もある。表面的ではなくて根本的な理由を探ることで

危険の解決だけでなくて、

機会へ昇華できる可能性もある。これも意識次第、そして大事なことはやはり

「言葉で出してみる」

ということですね。言葉の力は意識の力よりもこの世では有効でしょう。

例えば料理屋さんにいって意識でカツどんをイメージしていても、

言葉でそばと頼めばやっぱり

そばが出てきてしまう。シンプルな例ですけどね。

危機をどう捉えるか、そして「言葉の力」によってどう対応していくか?

いづれにしても、良い言葉を発して難を機会に転ずるようにしていこう!

そんな風に思います。

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

20160112134237

最初は誰でも初心者

2017/02/18 |

日本の元神といわれる大国主命 いじめられっこで、2度も殺された大国主はスサノオの元で試練をうけ国を...

記事を読む

goraikoukan-%ef%bc%bbgoraikou%ef%bc%bd-56512007

夜明け前が一番暗い 朝日を浴びるには東に向いていよう

2017/02/25 |

きれいな朝日ですね 夜明け前が一番暗いとよく言われます。そして永遠に夜中が続くことはない。 ...

記事を読む

20160106202442

社会環境の波をとらえるエクスマ

2017/02/20 |

劇的に変化している社会環境 主役はITからIOTへ インターネットが社会に加速的にでてから30...

記事を読む

15977802_596712420533907_58214417491464745_n

協調して行うと達成感も大きい

2017/04/24 |

山元学校での鏡開きの様子 一人で行うのではなくて、複数で一緒に行うから楽しさも倍増する。 ...

記事を読む

Message

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑