本を出版する3つの方法 出版したい方向け

公開日: : 最終更新日:2017/03/30 日々徒然草, 未分類

150519_cnet_07

紙媒体が下がり電子書籍市場が広がっている

本を出版する方法は実は5つだけでなくいろいろあるんですが、すこし分かりやすくするために

ポイントを絞って書いてみたいと思います。

本を出したい方というには、沢山いるわけでないかも知れませんね。

そんな中でも、電子書籍が登場し、今までの本を出したかった方で中々敷居が高いと思っている

方でもチャンスが廻ってきたといってもいいでしょう。

書きたい人と読みたい人のバランスはいつでも変わりませんね。

そして、本を出してみたいという希望があれば、色々な方法があるので少しまとめて見たいと思います。

①公募してみる

著名人や出版実績があれば別ですがそれ以外では出版社から連絡がきて本を出しませんか?ということは

まずありません。それでも連絡が来るのはほぼ自費出版を勧めてくる会社さんと思って間違いないです。

小説を書きたいということであれば、小説を多く出している出版社が主宰している公募を探して

見ることも方法です。

小説に比べるとビジネス所や実用書は意外に多く公募していたりします。時期や内容はそれぞれですが

ネットで調べると色々な情報が沢山出ています。

ちなみに公募を出して本を出版社が出してくれる可能性は一%にも満たないといわれています。

中々厳しい道のりといえるかも知れませんね。

②ホームページやブログ SNSを立ち上げ活用する

逆にネット上やソーシャル上で影響力ある方を出版社も探しています。理由はカンタンでそのような

方であれば出版をしても売上げが見込める可能性があるからです。

なるべく多くの発信をWEB上で沢山しておくことが大事ですね、というのは出版担当は必ずみますし

またビジネス書の分野であれば、本がでてその人がどんな発信をしているかと見て講演の依頼をしてきたり

研修の相談をしてくる可能性が高いからです。

実際私もブログを見て講演依頼が入るようになりました。これは私自身もビックりしました。

本を出すということについてもやはり経費もかかります。場合によっては著者負担ということも

契約の仕方でいってないわけではありません。

新刊の際は出版社も広告をかけたりしてくれるとしても、それ以外の販促はほとんどありません。

ある意味自分でも広げる、売れる仕組みを考えていく必要があるわけです。

ここをおろそかにしてしまう著者は大変勿体ないというか、これだけ情報が沢山ある中で

きちんと情報発信しないと折角いい内容があっても埋もれてしまう可能性もあるんですね。

WEBを使った配信は本を出そう、出したいと思ったらどんどん進めていきましょう

③出版コンサルなど外部の力を利用する

 出版セミナーで話しを聞いてみる

出版コンサルに依頼するというのも一つの方法です。出版するためにコンサル料を著者からとり

売れていけば又そこから収益の一部をとるというビジネスモデルですが、最近では出版コンサルに

よるセミナーなどもあちこちでやっているので知っている方も多いでしょう。

ちょっとネットで探せば沢山の出版コンサルは出てきます。

これは考え方ですが、あなたが出版して読者の方は何を得たいのでしょうか?

知識や経験そして知恵があると思って本をかってくれるわけです。

ある意味出版コンサルも同様に自分の経験やノウハウを販売しているわけですから、

否定をすることは必要なく、もちろん値段は結構かかるかも知れないけど

もちや餅屋というように、分からないなら利用するのも手ですね。

ただコストは間違いなくかかり、且つそれでも出版に100%なるかは分かりませんが

電子書籍では販売はねらい目

これは国内の書籍市場がだんだん縮小傾向にあるなかで

電子書籍市場は伸びています。そしてこれはスマートフォタブレット端末の普及が著しいからです。

また、一般的に製作コストが安い、そして先ほど挙げたように、WEBでのプロモーションをして

そのまま買えたりとか親和性があるからです。

ネットでもアマゾンキャンペーンとかやっている販促とかあるけどあまり勧めません。

わざとやっているというのが見え見栄ですしね。

今後の市場の伸びなど考えても,電子書籍はおススメですね。

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

関連記事

14731169_1618328308463032_7976038213220648214_n

書きかけ原稿や出版企画を募集してますよ

2016/11/01 |

東京湾の海洋資源調査の写真(いや、ただの釣りともいう) 本を出したい、とりあえず書いてみた。で...

記事を読む

senkura

感性を磨く

2018/12/04 |

今年は夏は厳しい暑さでしたね。 夏の残暑が終わったかと思えばもう冬です。 でも、夏も冬も...

記事を読む

img_5711

一体感の幸せ

2017/04/29 |

今日は一体感の幸せを見てとても嬉しくなったんですね 朝起きたら、大ボスから電話は何件も入ってい...

記事を読む

Karate1

ビジネスマンでも練習は必要

2017/01/08 |

プロほど練習は必要 武道でもスポーツでも練習は欠かせませんよね。 でもビジネスマンはどう...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑