常に考える 未来工業創業者 山田社長の言葉

公開日: : 最終更新日:2017/07/15 巡礼記

d78daf17-l

未来工業 山田社長の言葉

もうお亡くなりになりましたがとても示唆に富むシゴトをされていたと感心します。

元々劇団を作っていて、それでは中々生活が成り立たないということで

仲間と家業である仕事を継いだことがきっかけです。

カンタンに言うと、コンセントのソケットを作ったわけですが、当時は松下電工が

ほぼ市場を握っており、出番がなかったと思われた。

しかし、会社の製品としてもそれくらいしかなく、これをどうやったら売れるか、考えていったという。

結論としては松下電工はガリバー企業で規模も、シェアも大きい。

そして、コンセントの部分ももちろんシェアをにぎらられているが、その他の電材もほぼ松下電工が

シェアをとっていた。ということは、このコンセント市場というのは価格も小さいし

もっと大きな(例えばシステムキッチンとか)部分には力を入れているかもしれないけど

コンセントソケットでいえばさほど力をいれてないのではないか?

そんなことを考えたそうです。

いざ、営業にでてみるとやはり、松下との付き合いとかで中々牙城が切り崩せない。

そこで、ソケットだけ見てもらう工夫と現場の作業する方たちのやりやすい方法を考えて

ソケットを改良していくことにした。

これは、値段を安くして納入してもらっても限界がある。

それよりは、現場の作業がしやすくてその分、少しだけ値段を上げて価値をつける。

ソケット自体がさほど業者さんからすると値段が高いものではないので

作業もしやすくて、少し値段が高いくらいなら・・ということで

評判も広がり、あっという間にトップシェアになるに至った。

この考えは、今に受け継がれている。

安売りはしない

価値をつける

喜んでもらう商品にする

その源になっているのが

常に考える

という社風です

ユニークといわれる経営で有名だった山田社長ですが

「ホウ、レン、ソウ」の禁止とか

上司からの命令の禁止

これは、部下と上司が納得、理解したうえでシゴトをするという原則で

進めていっているからだそうです。

部下が納得したうえで働くということが基本姿勢です。

ですので、部下を説得、納得させられない上司は

すぐに降格となります。

要は、上司、部下ともに互いに考えてシゴトを進めるということ。

実行するシゴトについても、納得して進んで行うことと

納得できなくては、良い結果がでないということ。

儲かっていない会社の反対をやれば儲かる

という考えも一つの特徴ですね。

とにかく、安くしようとする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それよりも価値をつける、お客さんが喜んでもらうということを考える。

作業服をかっこいい服に。かっこ悪い作業着では社員のモチベーションが上がらない。

感動して、喜んでくれるように考えているか。

ニーズとウォンツ、そして仕組みを考えれば感動が生まれる、感謝が生まれる。

取引さから、お宅の会社に転職したいといわれるようになんなきゃ。

それくらい魅力ある会社をつくろうと思ってもそんなに難しいことじゃない。

ウチもそうだけど一杯事例もあるしね、とにかく儲かってない会社の反対やればいい(笑)

取引先も喜んで、社員も喜んでいくと皆が幸せになっていくよ。

それは、トップも管理職も皆で知恵を出すことなんだね。

常に考えること。

これを徹底的にやると、どこも追いつかないくらいの会社にもサービスにもなると思う。

実際そうやって来たしね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常に考える・・

大事なことですね。

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

20050220145927

海外の方へ日本を伝える二つのこと

2017/02/15 |

我ただ足るをしる 京都竜安寺のつくばい 先日山元学校の山元先生から聞いた言葉で、海外の人へ日本...

記事を読む

道を開く

松下幸之助 道をひらくは永遠のベストセラー

2017/04/28 |

祈る松下幸之助 松下幸之助 道を拓く 永遠のベストセラーです。 政治家、経営者のみならず...

記事を読む

IMG_2594

前を向いていく

2016/03/05 |

奇跡のラン 3年連続で開花 水とことばだけできれいに咲いています まだ、落ち着きませんが先日父...

記事を読む

photo_16

つながりで志事は加速する

2019/06/08 |

 ビジネス交流会 山元ビジネス塾の一コマ 良い人脈こそ財産になる時代 情報が多くあり、選択す...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
PAGE TOP ↑