経営 哲学 名言 松下幸之助

公開日: : 未分類

%e5%b9%b8%e4%b9%8b%e5%8a%a9%e3%80%80%ef%bc%92

経営哲学の名言 松下幸之助は多くの名言を残した。

松下幸之助は、著書も多くありその経験を多くの人が学べるように

どの本もとても分かりやすい言葉で表現されており

松下幸之助の言葉の紹介の前に

松下幸之助の元で長年働いた上甲氏言葉を紹介したいと思います。

「もっとも大事なことは、企業理念、信念を

持つこと。それが人生では志になる。

これは道であり、ぶれない軸なのだ。

 事業を行って財産を求めようとするものは、

 財を得れば老いていく。

 しかし、理念や志に生きているものは

 常に若々しく輝いている。

 それは経営者も従業員も同じである。

 経営者、従業員が同じ理念を持ち、志を

 持てばどれほど強い集団になるか?

 私はこれを越える集団をみたことがない」

日本は長寿企業が世界一多い国で

 長寿企業には「家訓」がありました。

 この家訓は「やり方」ではなく

 「あり方」が記されています。

 常に「あり方」を見つめて仕事をして来た訳ですね。

 企業経営では「やり方」も大事ですが

 「あり方」は更に大事ですね。

 きっと、皆さんの会社でも「企業理念や信条」

 もあると思いますが、それがどれだけ社内一体化に

 なっているか?理念や信条から仕事が行われているか?

 時には見直しても良いかもしれませんね。

 

 

経営理念はそれが具体的に現場に落とし込まれたり

 未来の姿がアリアリと眼に浮かぶというまで

 創りこまれていれば実現するということなのですね。

 しかしどのように創っていけばよいか?

 この創り方こそ日本式経営の真髄ともいうべき

 企業進化道場なのです。

 年に2回しか実施されない高密度の経営講座です。

 もし、迷っていれば思い切って参加してみませんか?

 過去35年間で経営者の満足度90%を越え

 多くの企業が生まれ変わり成長していった

 本物の講座です。

————————————————

日本一の経営講座 企業進化道場

世界一企業4社 上場企業7社を輩出した経営講座 まもなく申込み終了

http://mailstand.g-rexjapan.co.jp/apis/mailgate/click/b7eZ1400Z1

 

============================================================

松下幸之助の経営の名言

事業は必ず生成発展し成功するものである

事業はやっただけのことは成功するものと思う。

しかしもし上手くいかないというときは

的を得ていないためと考えねばならない。

社会にも、色々な波がある。

経済もまたしかりで好景気もあれば不況もある。

しかし、商売というものは、好景気よし不況またよしと

しなければならない。

日本の過去の経営者は、不況の時には基礎固めを行い

じっと耐え、そして好景気に備えるのである。

もし、上手くいないときは

何かが間違っていると捉えるべきである。

松下幸之助のこの世界観をまだパナソニックが町工場であった

時に学んでいたのでした。

まだ新幹線がない時代に、帰社で大阪から東京まで通い

メンターのメンターと言われた中村天風に学んだ。

松下幸之助の世界観に大き影響をあたえたのは中村天風であり

その教えとは

「万物は生成発展している。生成発展していることは自然の力であり

摂理なのである。事業であってもその事業が社会の生成発展に

寄与しているかどうか?間違いなく生成発展に寄与しているもので

あれば成功する。

事業家はここを捉えなければならない」

%e5%a4%a9%e9%a2%a8

中村天風が社会に与えた影響は大きい。昭和の偉人である。

つまり、根源から見て事業が本当に社会の為になっているか?

そして間違いない、と真に思えれば

それは信念となる。

信念をもって事業に邁進すれば必ず成功するのである。

信念は人生の羅針盤

更に、事業に信念を持ったら

それを具体的な目標にしていくことが大切である。

いつ、何処まで、どんな方法で目標にたどりつくか?

これを経営者は示し、社員と共有し

一丸となって立ち向かうのである。

一つ成功したらまた一つ、というように

経営者は指示を与える羅針盤を常に持ち

いまどのような状況であるか、

目標を下回っているか、上回っているか、

状況を見据えて的確な指示を出すことが

何より大切なことである。

松下幸之助は、当時としては斬新な経営方針も

打ち出している。

それは週休2日制や経営方針発表や中期計画を立てた

ことでもあった。

昭和26年の経営方針発表ではこのようなことをスピーチしている。

「生成発展とは、日に新たにということ、
古きものが滅び、新しきものが生まれるということである。
すべてのものは絶えず動き、絶えず変わりつつある。
これは自然の理法であり、宇宙の動向である。
世の中の万物は、この生成発展の原理で動かされている。
したがって、われわれの経営も、
この原理で支配されているのであって、わが社が従来から、
日に新たに進もうと念願してきたことも、
この原理に即した経営理念をとってきたからである。
生成発展の経営理念は、千古不滅の真理である」

経営理念の重要性をここでも訴えています。

経営理念とは

やり方ではなくあり方。

何のために事業をしているのか?存在しているか?

ここから事業の具体的なやり方であり目標を設定して

進めていくという経営の仕方であった。

日本式経営の経営の神様と言われる松下幸之助の

経営の名言でした。

 常に「あり方」を見つめて仕事をして来た訳ですね。

 企業経営では「やり方」も大事ですが

 「あり方」は更に大事ですね。

 きっと、皆さんの会社でも「企業理念や信条」

 もあると思いますが、それがどれだけ社内一体化に

 なっているか?理念や信条から仕事が行われているか?

 時には見直しても良いかもしれませんね。

経営理念はそれが具体的に現場に落とし込まれたり

 未来の姿がアリアリと眼に浮かぶというまで

 創りこまれていれば実現するということなのですね。

 しかしどのように創っていけばよいか?

 この創り方こそ日本式経営の真髄ともいうべき

 企業進化道場なのです。

 年に2回しか実施されない高密度の経営講座です。

 もし、迷っていれば思い切って参加してみませんか?

 過去35年間で経営者の満足度90%を越え

 多くの企業が生まれ変わり成長していった

 本物の講座です。

————————————————

日本一の経営講座 企業進化道場

世界一企業4社 上場企業7社を輩出した経営講座 まもなく申込み終了

http://mailstand.g-rexjapan.co.jp/apis/mailgate/click/b7eZ1400Z1

============================================================

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

70b58e1c6e89e9a64c173b6a8fe27050

人生の羅針盤とは 中村天風の言葉

2017/01/09 |

地図と方位が分かるから航海でも目的地につける 「地図は社会、そして羅針盤は信念であり天命でもあ...

記事を読む

katukai

変わっているといわれても自分軸を貫こう

2016/12/23 |

明治維新で幕府側代表として活躍した勝海舟 「人の人気も10年で変わる。信念があってやれば気にも...

記事を読む

ダウンロード

日本建国の志 宮崎平和台公園

2016/11/24 |

宮崎平和台公園にある 平和の塔「八紘一宇の塔(八紘之基柱)あめつちもとはしら」 この塔が作られ...

記事を読む

51ZV6H61THL

大断言 想念の力を活用する

2016/10/01 |

塩谷信男氏 大断言 塩谷信男氏は残念ながらなくなってしまいましたが、氏の話はとても楽しいもので...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
PAGE TOP ↑