オモイカネブックス 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクト 日本とモンゴル

公開日: : 最終更新日:2020/03/07 未分類

4745_4323e21668efe5d8ba41fea6cd2669ab

  新日国家モンゴル

モンゴルのイメージは草原と馬がありますね。

オモイカネブックス企画で始った

日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ

百の議論より一の行動!!

世界平和は良いことだ。しかしそれを現実にするには

色々なプロセスが必要で、その一つが相互理解。

その一つになればと留学生達に協力してはじめた

世界の架け橋ブックプロジェクト第二弾!

日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツの意図

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年現在で、日本には約267,000人の留学生が

住んでいると言われています。
日本に来ている留学生の皆さんは、

何かがきっかけとなって日本という国を選択し、

日本で学ぶことを決めて来日しています。
留学生たちは、母国のどんな場所で生まれ育ち、

どんな環境の中で暮らしてきたのか。

そして何をきっかけにして日本に興味を持ち、

留学することを決めたのか。そして日本で

どんな経験をして、どんなことを考え、感じているのか。
国の創設に携わった人物、国民の平和のために尽力した人物、

そして経済発展に注力した人物など、

各国の様々な偉人を紹介しながら、

魅力的なスポットや、文化、暮らしについて、

留学生・元留学生が綴ります。

それらをデジタル電子書籍にし祖国や日本や他の国

にも配信します。

デジタルデータである電子書籍であれば

スマートホンがあれば世界中で見ていただくことが

できます。(もちろん紙書籍でもご購入できます)

そして留学生達は一応に優秀で言葉も2ヶ国語ではなく

3~5ヶ国語を普通に使える方もいます。

言葉を広がれば読んでいただける方も増えます。

日本と世界を繋ごう!という留学生による

世界令和プロジェクツです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

unnamed

モンゴルというとチンギスハンという方も多いのでは

20190722233729

 

世界最大の帝国を創ったという印象もあるかもしれません。

今見ても凄いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

モンゴルから東京大学に留学している

ガンフヤグ テンギスボルドさん。

著者紹介

東京大学教養学部在学中

私は化学工学を専門として勉強していますが、

歴史や地政学、心理学など様々な分野に

興味を持っています。日本に留学してからよく

「乗馬できますか?」と聞かれましたが、

残念ながら私は自信がありません、、、。

将来は日本で学んだ技術やノウハウを生かして

モンゴルで活躍し、「乗馬が上手なモンゴル」ではなく、

「優れた技術を持ったモンゴル」を作りたいと思っています。

読者のみなさんがこの本を読むことによって、

「モンゴルってこういう国なんだ、こういう人が住んでいるんだ」

などと、モンゴルについて新しい知識を得ることができれば

何よりと思います。モンゴルでは日本の文化に興味を持ち、

日本で勉強したいという若者は決して少なくありません。

それと同様に、日本人がもっとモンゴルの文化に

興味を持つようになり、両国の友情関係が

深めることを願いながら、この本を書きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日は30年近く政財界など様々な方が集まる歴史ある交流会

山元学校でもプレゼンをしていましました。

参加者一様に言葉の巧みさを

説明が上手なことで感動していました。

山元学校 テンギス君プレゼン

テンギスボルトさんがなぜ日本に興味を持ち

留学を決めたのか?日本のどんなところを

好きになり、どんなところに驚いたか?

モンゴルと違うところ、似ているところなど、

留学生として日本に暮らす学生の視点で綴ります。

モンゴルの知られざる魅力や、今のモンゴル、

そして偉人たちにも注目です。

ただいま絶賛予約受付中!

TSUNAGUモンゴル 日本語版

TSUNAGU モンゴル

TSUNAGUモンゴル 英語版

TSUNAGU モンゴル 英語版

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツの

第一弾はスロベニアから始りました。

e6406400fd1b6ecd01c66c98ffd15720ccd6bd7a_p

 

アルプスの瞳と言われる 美しい島もあるスロベニア

母国と日本そして世界との架け橋になる「世界と日本の架け橋ブックス」

シリーズ第一弾スロベニア。
スロベニア出身の著者が、スロベニアの豊かな自然と美しい街並み、そして文学についてご紹介。

また日本人と出会って驚いたことや、食生活のエピソードも語ってくれました。

著者のニーナさんは比較文学を東京大学大学院で学んでいます。

51fooblolal-_sy346_

世界の架け橋 スロベニア

ニーナさんは日本文学では源氏物語や安部公房が

好きで研究されています。

そして日本語の能力も凄くて日本人でも文章を書くことは

大変ですが、ニーナさんはすらすらとしかも

驚くのは表現力が上手です。

著書にはでていませんが、日本では雨といっても多彩な表現があります。

春雨、梅雨、などあげれば多くありますが

その使い道も会話の中でスラッと出てくる。

世界には凄い才女もいるものです。

dzbt15gvyaazo_f

スロベニア大使館でのプレゼン

dzbt15kuwaaeufl

オモイカネブックス出版メディア部門長岩瀬貴之とニーナさん友達での写真

架け橋ブックスは今だけでなく

今後、未来にむけて創られています。

いつの時代かまた、日本と祖国の関係はどうだったのか?

長く読み継がれることを考えて制作しています。

オモイカネブックスや世界架け橋EBOOKプロジェクトに

興味、関心がありましたら御気軽に御連絡ください。

世界配信の為の多言語化やPRのためにスポンサードも

募集しております。

どうぞ宜しくお願いいたします。

info@g-rexjapan.co.jp

0436-63-3015 まで

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

twitter_3d_button_v1_0_by_ragnarokkr79-d3laffv

他罰的な発言や行動は自分に帰ってくる

2016/12/24 |

他罰的な発言や行動は自分に帰ってくる 最近とても感じることで、自分自身は良い仲間に恵まれたな~...

記事を読む

17824301

挫折を味わって良かったと思った

2015/09/08 |

こんにちは、挫折って人に大切かって思うんです。 久々に思い出す機会があってブログを書いています...

記事を読む

img_889500_30590427_0

大家族主義経営 出光佐三

2020/02/25 |

出光佐三 出光興産創業者 「海賊と呼ばれた男」のモデルでも有名 経済封鎖されたイランから「日...

記事を読む

tesla02_1112

テスラモーターズ創業者 イーロンマスクの言葉週100時間働こう

2017/04/22 |

宇宙開発ロケットからテスラモーターズハイパーループなど 革新的な事業を複数同時進行しているイー...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑