本を出版したい方へ 文章力の上達を考える

公開日: : 最終更新日:2017/02/07 未分類

勉強

何事も練習は大事ですね

読み手が読みやすい文章や、語彙、言い回し、表現方法もまず質より量で沢山

見ることも練習になりますよね。特に日本語独特の言い回しとか、表現方法ってありますから

やっぱり色々と本を読むことでドンドン自分の力になってくると思います。

で、練習って意識してみるとまた今までと違う見方ができるかもしれませんね。

まず大事なことは「序章」や始まりで何を伝えたいか?が読めるような内容かどうか?

これは自身が本を出したときの書き出しの仕方やまとめ方にもつかえるな?とかこの表現

方法はいいなっとか参考になるものも結構あるのではないかと思います。

本の書評を書くつもりでまとめてみる

書評ってごらんなったことってあると思うんですけど

結構しっかりまとまっている。これはやはりまとめるという意識で

見ているからとうことと、コツをまとめてみるということがつかめてくるということも大きい

ですよね。

特にビジネス書を読む場合などは最初から最後までしっかり読まないと・・って思い勝ちですが

決してそんなことありません。というよりビジネス書のほうが慣れるとまとめることは

そんなに難しくなくなりますね。読み落としを気にして端から端まで読もうということよりも

大枠で著者が何をいいたいか?これは多くは序章(タイトルも含めて)と最後の結びの部分にあると

思います。なので、ここが中核としたらこの部分の意図を汲み取ることを意識してみるとよいのでは

ないかと思います。

また、序、破、急で見た場合に事例紹介とかは破の部分にあるわけですけど、

この破の部分で事例紹介の中にも「序、葉、急」はあるわけですが、この部分も例えば一つの事例で

どれ位のページ数かとか、見ていくと自分が書く際には参考になると思います。

読みなれてくると(そもそも本が好きな方が多いと思いますが)

章立てをパラパラと見てすこし内容ををみればおおよそつかめてくるのではないかと思います。

いわゆる斜め読みという感じですね。

200ページ程度であれば一冊1時間~2時間程度で斜め読みで読んで書評がかけるようになります。

で、ここでも色々考えてしまうこともあるかも知れませんが

一気に集中して行うことがいいでしょう。時間をかけて行うと鮮度もそして何度も見直しをしたりして

中々進まなくなっていくことがもったいないかと思います。

修正は何度でも出来ますのでまず一回仕上げてしまうことで、そこから細部や表現方法を見直して

みることをおススメします。

この書評ということを通じて「読むこと」や「書くこと」そしてまとめることなどにとても有効とに

なるとおもいます。

本を出版したい方へ 文章力の上達を考える

本を出版する場合ですが、文章力はいくらあってもいいものですね。

すこし意識してみることで更に読みやすい内容になりますので

参考になれば幸いです

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

聖書

本により得られるもの ネットと本の違いはあるか

2016/10/11 |

世界最古と書物といわれる聖書 ネットでも本でも情報を得るということでは変わりはありませんね。特...

記事を読む

unnamed

聖徳太子創建の悲田院は1400年以上前に創られた社会福祉施設

2020/09/22 |

  皆さんこんにちは。 昨日は、敬老の日でした。 そして、今はお...

記事を読む

14440883_145398885917067_8000649174372591011_n

オモイカネプロジェクト 本の影響力

2016/11/04 |

東京国際ブックフェア打ち上げでスリランカフェスでの写真 早いものでもうブックフェアから1ヵ月半...

記事を読む

t02200338_0220033812965492651

日本人の自己評価~不世出の横綱 双葉山の言葉

2016/09/30 |

不世出の横綱といわれる双葉山 日本人は自己評価が世界でもっとも低いといわれます。 アメリ...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑