聴くを意識すると仕事幅も変わる

公開日: : 最終更新日:2017/02/13 未分類

unnamed

耳だけでないきき方もある

きくって言うのは日本では沢山あります。

人の話を聞くというのは一般的ですけど、「きく」というのは

他にも色々ある。

「きくところでは」というのは情報を知っているということ。

また「彼の話をきいてあげて」というのは要求を呑んでもらうような意味

「みちをきく」というのは訪ねることですね。

その他では、

「利き酒」というのがある。お酒を聞くわけではないですよね。

味わうという意味でも「きく」は使われます。

何か物事があたり「効いた」という「有効的だった」という意味でも使われる。

沢山ありますよね。

この「きく」という言葉の例を幾つか出しましたが、今回は志事でもきくということを

書いて見たいと思います。

例えば、事務所で志事をしてますよね。周りにも一緒に働く仲間がいる。

中には自分の事に夢中になって他の方の様子があまり見えない人もいる。

もう一つ自分のシゴトを向上させようとしたら

「耳で周りの声、音をきく」

ということが

特に管理職以上では大切だと思います。

自分自身ではシゴトをしているわけですから、いちいちその場にいって確認するという

ことも中々できない状況もあるでしょう。

そんなときに大事なことは

「耳をつかう」

ということ。

今、どんな様子でシゴトをしているか?何かこまっていないか?いつもと様子は違うか?

そんなことを耳を使って感じ取るということ。

そしてちょっと気になることがあったりすればすぐ声をかけてみることも大事ですね。

子供でもあんまりほっとかれていると、孤独感を感じてしまいますよね?

それと同じでちょっと様子を見ながら進めるってこと。

耳を研ぎ澄ませれば、周りの様子はよくわかります。

昔の言葉で

目配せ聞く配せ

って言葉がある。もちろん社内だけでなく社外でもこれは大事ですね。

耳を意識することって僕はシゴトでは大事だと思います

これは実体験からも言える。

反対に、あまり周りの声や所作に注意を払わない人は管理職の場合は

注意して意識するとよいと思う。

耳を聞かせないと色々見落とすこともありますからね。

聴くってことを意識して仕事幅を広げていきたいですね。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旬という贅沢 四季を楽しめる日本は幸せ

2016/09/12 |

秋の旬の代表のさんま。 いつでも美味しいけど、旬の時期は特に美味しい 昨日は結構雨も強く...

記事を読む

internet-of-things

モノのインターネット化 IOTが普及すると社会が劇的に変わる

2016/12/28 |

「Internet of Things」の略で一般にモノのインターネットといわれます 今でもP...

記事を読む

o0480044413139874705

真剣さで成果3倍増へ

2015/03/27 |

受注大幅増の工務店社長の話 以前、東京、金沢それぞれでセミナーやミーティングをした社長の話 ...

記事を読む

茶道

侘びの心

2015/02/20 |

「侘び」って言葉を聞いたことであると思いますが、日本文化の特徴を示す言葉 だと思います。 「侘び...

記事を読む

追客新手法

バザール

  • とっておきの見込み客発掘法
PAGE TOP ↑