常に考える 積み重ねが圧倒的な企業そして事業へ

公開日: : 最終更新日:2017/02/07 未分類

d78daf17-l

未来工業 創業者 故山田社長

非常にユニークな経営で知られる山田社長は著書もありますから知っている方も多いと思います。

コンセントのソケットなどを作っている会社です。

例えば、7時:30~4時:30という勤務時間で残業なし

パートさんはいない、全員正社員とか、

定年はない。一応75歳までとしているが形式上している。

徹底的なコスト削減で、ドアノブ一つの経費から社長自身も中古車に載っているなど徹底している。

しかし一方では、何でもいいからアイデアをという報奨金制度を作ったり

(これは、どんな内容でも業務改善に役立つものならOK)

全社員で海外旅行にいく(その経費2,3億)はすべて会社もち。

また、人生会社の中だけではないよ、、ということで部活も積極的に進めている。

志事が終わった後に例えばスポーツとか何人か人数が集まれば補助金も出して部活も進めている。

社員食堂は本格的なレストランのようになっている。それでも社員負担は一食150円。しかもチケット

も支給される。とにかくメリハリが凄くついていますね。

営業の会議もない。

自分で目標をたてて、これこれこうします。と上司に伝えるだけ。

もちろん上司がアドバイスくれたりすることはある。しかし基本は自分で考えないといけない。

凄いことは徹底していること

そして会社の社是としているのは

常に考える

難しい、出来ないは禁止用語

山田社長曰く、

「そんなのは誰でもわかってる、でも仕事でそれやったら発展しない。あとは衰退だけ」

「志事やってて、簡単に難しいとか、出来ないとかよく言えるなって思う。

ほんとに出来ないのか、どうなのか?ただ面倒だからって大変になりそうだからっていう輩がいる。

僕はかわいそうだと思う。だってそいつらは仕事の力つかないし、いつまでも上司に重宝なんかされるわけない。

なによりも、チャレンジする心がないやつに志事任せたいって思う上司がいるかね?

結局、自分のためにも会社のためにもならない、凄くもったいないと思う」

もともと劇団員だった社長は親の事業の1部受け継ぐ形で事業化をスタートしたわけだが、

「劇団員も変わっているかもしれないけど、世間の会社ってやつも相当変なところがあると思ったよ。

だから自分で考えてそうするといい、と思ったことを実行していただけなんだが、何故か奇妙な目で見られたり

することもあった。例えば営業とかは自分の裁量で考えてやりたいものなんだ。上司があれどうしたとか言うんじゃなくて

お前どうすればいい?って自発的に考えてやるようにしなきゃ、嫌に成っちゃうと僕は思うんだ。

成功すれば誉めて、失敗したらアドバイスしてあげる。考えるってくせをつけないと奴隷になっちゃう。いやほんとだよ」

数々の名言も多い山田社長だが、独創的な経営で一代で名を馳せた。

常に考える

志事では大事なことですね

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

guruguru

木づかい運動について

2017/01/24 |

林野庁が推進する木づかい運動の概要図 世界にも日本にも様々な課題がある。 森林の活性化も...

記事を読む

2461682i

人の持っているもので鬼がつくもの

2015/09/17 |

こんにちは 人が持っているもので唯一「鬼」がつくものがあります。 それは 魂と...

記事を読む

books-2-638

松下幸之助 一番大切なことは素直な心

2018/11/30 |

松下幸之助 素直な心 松下幸之助は著書も多く出しているが、一番大切なことの筆頭に あげて...

記事を読む

top1

本を出したいなら出版後の販促も大事

2017/03/25 |

    本は出版することがゴールではなくて、出版を通じてビジネスに役...

記事を読む

追客新手法

バザール

  • とっておきの見込み客発掘法
PAGE TOP ↑