電子書籍は広がるか? 温故知新から見る。

公開日: : 最終更新日:2017/02/07 未分類

IMG_2662

酒蔵見学のときの写真

先日千葉県の酒フェスティバルにいってきたけど、凄く楽しかったんですね。

まず自分自身でいうと普段はビールや焼酎でたまにワイン。そこに日本酒が来ることは

なかったんですが、改めて日本酒はいいな~と思いましたね。

もちろん、純粋に楽しむ意味でもです。

日本酒も昔からありますが何か新しいものとの組み合わせが必要な時期ではないかな・・と

思ったわけですが、海外でも非常に評判がいい。もう一つ需要を生み出すのは

何かと組み合わせることが必要なのかと思います。

 

電子書籍はどうでしょうか?

m_o0500039010911164936

うちでも電子書籍のシステムを開発しているわけだけど、一つ電子書籍で思ったことは

昔から本はあった。そこにIT・WEBの技術を入れて本というものを新しい形(電子書籍)として

スタートはしているものの、まだまだというのは現状だと思う。

僕達はこの電子書籍というのは新しい本の形というか仕組みになると考えてます。

昔からあるというのは、お酒でも、本でも同じですけどね。

というのは人類がずっと読み親しんできた本。最近ではネットにおされて絶版になったり

売上げでも、年々縮小傾向が市場全体でも続いている。

例えば、印税 本による売上げですね。

これも、今までは著者があって出版社があって取り次ぎや問屋とか色々なルートがあって

販売させる。で、著者には10パーセント前後の印税というのがある意味決まっている形だった。

電子書籍では、例えば高名な著者が電子書籍でしか販売しないとか(例えば、村上龍さんとかね)

したらどうなるかというと、多少の経費はあるにしても

取次とか中間業者もいなくて、印税が70~80%になってしまうことも十分ありえる話です。

実際イギリスやアメリカでは、そのような著者が沢山表れてきています。

そんなを商流の革命を電子書籍は出来る

またそれだけではなくて電子ならではの強みで、例えば音楽を入れたり動画を組み込んだり

更には読み上げも出来る。

また、例えば商品を買ったりレストランの紹介であればそこから予約もできる。

こんなことが可能なわけですね。

紙媒体ではできないことも電子書籍になることで出来ることが幅広くなってくる、というか

今までの本とは違う使い道がでてくるということです。

更に、、配信する側からすればスマホやタブレットの普及で言葉の問題はあるにしても

世界へ発信することがカンタンにできる。

今まで国内でしか発売していなかった本が世界へ一気に配信できるようになるということ。

これって凄いですよね。

僕は個人的には、紙媒体の本も新聞もそして電子書籍も全て読むし使っています。

一つ思うのは、スマホのデバイスではなくてもっと読みやすい、デバイスも必要かなって思います。

例えば紙媒体の本って読んでると何処まで読んでいて、あとどれ位読んだら終わるのかって直感的に分かる。

奥行きとか、ページをめくっている奥行きとかが直感的に分かるといいな~って思います。

酒蔵の写真では、お酒という昔からある商品にもきっとイノベーションが必要だろうと思い写真に載せましたが

これはうちで電子書籍を活用して日本のお酒を紹介していこうと考えています。

そこでその魅力を国内外へPRしていこうと思っていて紹介する電子書籍雑誌からそのままお酒を買える仕組みに

しようと思っているんですね。

でも、それはPRの方法の1部を変えただけでもっと価値の訴求ができるか・・と思います。

まだアイデアは残念だけどないですけどね。

本も、お酒も昔からあるもので共に市場の縮小傾向があるという点では共通しています。

それで、今必要なことは

何かと何かを組み合わせることで新しい価値を生み出す

こんなことが求められてるのかと思う。

温故知新、歴史のあるものを別の組み合わせで新しい価値を創っていく。これが求められていますね。

そして仕事においても収益もさることながら。収益をどう活していくか?更に社会へ貢献できる仕組みというのも

これから一層求められると思う。

僕たちがこれから手掛ける電子書籍事業では最初から収益を更に再分配して社会的事業へ支援することを決めている。

従来では考えられなかったことだけど、この事業によって何を社会へ提供するか?考えたときに上記の考えが出てきて

そのように決めたんですね。先輩事業家からも何でそんなことを・・といわれたりしたこともあるけど、

僕はそれが大事なことだと思っているから、自分達が頑張ればどれだけ社会へ貢献できるか?これも社内でも良く共有して

進めていこうと思っている。

そしてやがて、企業はどれだけ売上げを上げられるか、という指標ではなく、どれだけ社会へ貢献しているか?

社員が誇りを持って仕事できるか?顧客から支持されていくるか?そんなことが価値に成ってくるし、

きっとそんな志事の仕方に多くの企業がなってくれば間違いなく良い社会へ進んでいく。

今はまだまだかもしれないけど、志をもって進めていこうと思う。

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

20110617233140_2100430403

吉田松陰の言葉 夢なきものに成功なし 

2016/11/28 |

居酒屋ワタミの創業者 渡邉美樹氏 夢に日付を!という著書は夢をかなえる具体論を伝える内容だった...

記事を読む

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

工務店 経営 2月度セミナーと相談会

2019/02/01 |

    工務店 経営セミナー と2月度個別相談日のご案内です。...

記事を読む

i_jouhou1203a2

出版は士業にとって有力な営業ツール 医師 歯医者 税理士 弁護士

2016/10/23 |

士業って営業しづらい、限定されたりしているので販促は難しい 出版は士業にとって有力な営業ツール...

記事を読む

150519_cnet_07

作家志望 出版のメリットを考える

2016/11/10 |

伸びる電子書籍市場 10冊に1冊が電子書籍化に 作家志望の方って多くいると思いますけど、作品を...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
PAGE TOP ↑