武田信玄の言葉 最後の詰めほど用心深く

公開日: : 最終更新日:2017/01/31 未分類

cds-1015-l

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

武田信玄 戦国を代表する武将です

戦国最強といわれた武田騎馬軍団を整えた信玄は、戦上手なだけでなく

治世にも優れていました。

トップダウンが多い家臣との会議においても、家臣の意見も尊重し

「人は石垣、人は城」

というとうり、生涯にわたり城を創らなかった武将としても有名ですね。

数々の戦や治世の中での言葉が

「最後の詰めほど用心深く」

というものがあります。

物事でも、戦でもほぼ、終わった。そこで満足するのではなく

「本当に大丈夫か?最後にもう一回確認する、念を押す」

これが出来てないと後で思わぬ労苦をすることも、更には

また同じようなことをしないとならないこともある。

最後の詰めは本当に大丈夫なのか?

もう一回確認する、念を押すというのも信玄自身の経験から出ている言葉だと思う。

実際の信玄の戦でも何度かあった。

戦が終わり物見に忍者を行かせると一人はもう相手はほとんどいず、このまま進軍しても

問題ない、といい、別の忍びは、相手は少ないが、まだ油断できない、という。

結局、家臣団の話もあり、進軍したところ、案の定、伏兵ば待ち構えており

手痛い戦になったこともあった。

よく後で確認してみると、伏兵が潜んでいそうなところまで最初の忍びは見ておらず

その指示も家臣から出ており、ある程度見ればよい。ということだった。もう戦は勝ったのだから

おおよそ分かればよい。ということを伝えていた。

(というのも、武田軍が強かったということもあり、そこまで必要ないだろうと思ったんでしょう)

もう一人の忍びは、いつもどうり細かく調べて報告した。

ことが終わり家臣との会合の席で信玄は

「この責は我にある。が、最後の最後、

最後の詰めほど何度確認してもよいものだ。

間違いないと自身の目で確かめてから報告いたせ」

それからというもの、忍びもそうだが、家臣団のうち誰かが戦況報告にしても、治世の進捗も自分自身の

目でみて、修正すべき点は修正する、確認すべき点はしっかり確認する。

そのような形になっていった。

後年この仕事の仕組みは、徳川家康の江戸幕府、北条、など有力大名にまで広がったという。

志事でも、何か創ってみた、まとめて見た。というのは良くあることで

出来たとおもって確認をおろそかにしてしまうこともある。

一つ出来たらそれをしっかり確認する、自分自身の目でよく見ること。

基本的なことだけど、最後のつめというのはそんなことでも大事なことではないかと思う。

僕も、仕事がら報告書を貰ったりすることもあるけど、

誤字脱字に始まり、数字の確認ミス、もやはりある。これはまさに

最後の詰めが出来ていない証左

ちょっと確認すれば皆解決できる問題ですから、勿体ないと思う。

もちろん自分自身でも心がけて行こうと思います。

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

関連記事

Exif_JPEG_PICTURE

五井でパート募集

2018/03/19 |

事業拡大につき 五井でパートを募集しています。 募集職種 営業アシスタント 10:00~2...

記事を読む

勉強

本を出版したい方へ 文章力の上達を考える

2016/10/29 |

何事も練習は大事ですね 読み手が読みやすい文章や、語彙、言い回し、表現方法もまず質より量で沢山...

記事を読む

top1

本を出したいなら出版後の販促も大事

2017/03/25 |

    本は出版することがゴールではなくて、出版を通じてビジネスに役...

記事を読む

ダウンロード

日本建国の志 世界の期待

2020/02/11 |

  宮崎の平和公園にある 八紘之基柱(あめつちのもとはしら) 今日は建国...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑