合気道開祖植芝盛平氏のお墓参り

公開日: : 最終更新日:2017/02/08 巡礼記

 

img_4988

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本武道の巨人 合気道開祖の故植芝盛平の墓

節分大祭のあとに、合気道開祖の故植芝盛平のお墓へお参りに行ってきました。

墓石の先が少しとがっていて独特の形をしています。

これは、なんとなくというか、自然にいったらお墓があったという感じで、求めていったわけでは

なかったんですが、とても不思議なご縁を感じますね。

植芝盛平は武道会の中では伝説的な方で、日本の武道は世界中に広がっていますが実は、柔道よりも

空手よりも、実は合気道が一番普及しているそうです。

最も合気道自体が争わない、というのが趣旨の武道で、本来の武道とは争うものではないとしているので

それよりも、天地との調和、一体というのを重要視しています。

これは奥が深いですね~。

今、合気道自体は沢山の流派もできており、植芝盛平さんのご子息が受け継がれ一族で行っている流派も

あれば、生前に独立したり、様々で基本的な技は大きく変わらないかな(素人目線ですが)とは

思いますが、合気道の何に重点をおくか、見るかによって流派が分かれているのかと思います。

それ位沢山流派がありますが、見方をかえれば、それだけ多くの見方ができるということにも繋がるかと。

武産合気

無限に技が産まれる、そして武という本来の意味は、矛を収める。つまり戦うということを止める

という意味だそうで、そもそも相手と戦うという時点でまけているのだと語っています。

天地と和合していれば戦うことなどない、とも語っています。

合気道の目的は天地和合し世界平和に至る道であるということですが、他の武道とは

随分意味合いが違いますね。

相手を打ちのめそう!ということではなく、天地和合の為、世界平和の為の武道だというのは

日本的であり、奥が深い武道ともいえますね。

何か縁を感じる偶然なお墓参りになりました。

既に植芝盛平氏はいませんが何か伝えたいこと、気付きを探すなど

あるのではないかと、ここ数日間考えています。

世に偶然はない、必然のみであるなら何がしか、あるのではと。

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

no image

自己探求から自分を明らかにする

2016/04/15 |

何故この仕事をしているか?お客様が自社に頼む理由は何か? ここをしっかり自分自身でも捕らえておくこ...

記事を読む

img_7048

長福寿寺 斉藤一人さん寄進の石象がいます

2017/09/17 |

千葉県にある長福寿寺 1200年の歴史のあるお寺です 先日千葉県の長福寿寺へ行ってきましたが、天気...

記事を読む

d78daf17-l

常に考える 未来工業創業者 山田社長の言葉

2017/07/15 |

未来工業 山田社長の言葉 もうお亡くなりになりましたがとても示唆に富むシゴトをされていたと感心...

記事を読む

img_5531

シリア情勢は日本、世界の大きな課題だ、やんぞ!

2017/05/01 |

シリアのワリフ大使、通訳秋本さん、山元先生とシリア大使館にて 最近FBでもシリア関連の投稿ばか...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

SNSセミナー

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
PAGE TOP ↑