勝兵塾 アパホテルの話題の本 

公開日: : 最終更新日:2017/08/27 日々徒然草

img_4911

  勝兵塾に参加 アパホテルの客室においてある話題の本

これは過去記事のリライトになります。

この本は頂きましたが、日本語と英語とどちらも書いてある。

内容は近代日本史ですが、特に騒がれたのは南京大虐殺のくだりになります。

要は中国側が戦中に中国で日本軍が30万人を大虐殺したというのが中国側の

主張であるが、この話はでたらめだと喝破したわけです。

南京では当初人口が20万人しかいなくて、その中で30万人を虐殺し

かつ、その一ヵ月後には25万人に人口がふえていたということや

当時、欧米人も日本人も記録に全くなく、中国側の捏造であると本で書いたわけです。

これに、中国側が反応した、ということが大きな流れです。

更に、日本軍を挑発して中国との全面戦争へ導いたのは「通州事件」

(この事件では日本人婦女子含む223人が中国側に惨殺された)であり

日本軍はこのような大きな流れの中で戦争をせざるを得なかったというものだ。

ほとんど合っていると個人的には思うが、

大事なことは、この本をおいたアパホテルに対して中国政府があからさまな

嫌がらせをしてきたことが問題として大きい。

例えば、ホテルの前で騒ぎを起こしたり、日本観光へいく方々へ

アパホテルは使わないように、としたりネットでの広告や予約サイトを

封鎖したりと、民間企業へ対しての対応とは思えないことを平気でやってしまう

という危うさだ。

そして日本も黙ったふりで日本企業を庇護しているようには見えないというところが

とても残念ですね。国家は国民の命と財産を守るのが基本中の基本であると

私は思うけど、その中で日本企業に対し中国が措置するなら日本もやればいいんです。

完全に舐められている。

こんな姿勢では日本企業はかわいそうですよね。ちょっと残念です。良い悪いは

ともかくですけどね。

もちろん日本では言論の自由もあるが、中国では(というより世界各国で)日本までの

言論が自由な国は中々存在しないというのも事実であるからだ。

私は、このような言論封鎖的な動きには危惧を感じるけど、アパホテルの総帥は

騒げば騒ぐほどいい。

としている。本当に腹が据わっているな~っと感じます。

アパホテルの総帥曰く、

騒ぎになって、この問題の真実がどうか?

日本だけでなく、世界中で調べたりするきっかけになり

いずれ真実が、明らかになれば・・と考えていたそうです。

もちろんこのような本は分野を問わず色々存在するが、

きちんと理論武装している点も、とても評価できる。

つまり、主観だけでなく客観的な見方からもしているということ

が出来ているということだ。

このような本の主張が色々あるのは

良いことですね

言論の自由というのは、国民にとってとても大きな

財産ですし、もしこれがなければ自分の主張さえも

出来ないこともある。

今回のアパホテルに置いたたった一冊の本ですが

社会への波紋が合ったと言うことは、本の持っている力

が発揮されて、少しでも真実の解明になれば

良いのだか・・と思います。

 

r562fds

ジャマイカ大使のご登壇で山元先生が通訳しています

先日アパホテル代表が塾長を務める勝兵塾へ参加してきました。国の歴史や海外情報など

講師の方が5名ほど登壇して、その後質疑応答という流れでしたが

とても良かったですね。何が良かったかというと登壇された方、そうでない方も

含めて、今のメディアや国に対しても「良い国にあるには」という熱意が

感じられる場であったということですね。史実の専門家から経済の専門の方

挙げれば切りがありませんがやはり想いがある方々との交流は楽しいしほんと勉強になる。

今回は朝鮮近代史の専門家の松木先生の話が特に面白かったですね。

民族性や歴史観から見る今後の動向などはとても参考になりました。

さて、講師の方々との話が終わって懇親会になりましたが、その場でも

とても勉強になることが多くとても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

r6n5aw1

最後は山元先生と「アパ~」と叫びながら撮影で終了しました

アパグループ代表の元谷塾長は経営者としての傍らで正しい歴史観を

伝える活動をしている。

中々できることではない。

とても有意義な会、また参加したいと思います。

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

関連記事

4ce9c2efa1f3e39a4ade487d68a1b89f_400x400

人生楽しまずしてこれ如何 伊達政宗

2015/08/24 |

今日も台風の影響か少し風もありながら涼しくなってきましたね。 昨日はいかがお過ごしでしたか? 私...

記事を読む

15977802_596712420533907_58214417491464745_n

協調して行うと達成感も大きい

2017/04/24 |

山元学校での鏡開きの様子 一人で行うのではなくて、複数で一緒に行うから楽しさも倍増する。 ...

記事を読む

goraikoukan-%ef%bc%bbgoraikou%ef%bc%bd-56512007

やり方よりもあり方を意識したい

2017/05/27 |

上空を照らす朝日 きれいですね よくビジネス書でもノウハウとか書いてある本は多いけど や...

記事を読む

スクリーンショット 2015-07-13 18.21.43

吉田松陰の言葉 決断すれば実行のみ

2017/03/29 |

吉田松陰 幕末維新の原動力となった松下村塾で多くの人材を育てた 吉田松陰はとても有名な方ですが...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑