中村天風の言葉 思考が人生を創る

公開日: : 最終更新日:2019/09/12 偉人伝 ものの見方

06

中村天風の名言  思考が人生を創る

これは最近とても感じることがあった。

必ずなると念じながらも

行動は万一を考えて行動している。

そうするとそれは

信じきっていない

つまり、疑った心も

反映させたものが現実を呼び起こす。

これはホントにそうだなっと感じたわけです。

信じきる強い心

これが信念であり

この強い心も自分自身で創ることができるのが

人間である、と。

奇しくも、歴史上の聖者たちは

同様に、この信念の力の大切さを語っています。

そして、疑うな、と。

天風は、また思考についていっています。

「思考が人生の一切を創る。積極か消極かというだけで、

人生の幸福の宝庫が開かれるか

どうかが決まってしまうんだ。お前はね、誰に頼まれていったい、

自分の毎日を、そんなにうす暗く生きているんだい」

中村天風は、心のあり方について広く説いているけど、その中で

「積極的な心」

ということを大前提として話している場面が度々ある。

自分の人生に対して積極的に向きあう。その姿勢、や態度を意識して持っていくことの

重要性を説いています。反面ですが

例えば

「人から嫌われるのがいやだ」

「批判されそうだ」

「きっと叱られる」

「舐められてしまう」

「自信がない」

とか、中村天風のいう消極的な思いを持つ心に精神が支配されていくと

受身で生き様としていったり、自分ではなく

自分招いている妄想の中で生きていくことでそれは自分の人生を生きている

のではない、という。

「良いも悪いも自分の心がそれを創っている」

その為には相手や物事に対して積極的な態度や言葉を使うことが

大切と説いている。

大変だと思うことがあったり厳しいなと思うことがあったときこそ

よし!と立ち向かうような思考で立ち向かっていく。

思考でなく言葉でも良いといっています。

より積極的な言葉を使っていくことが大事だと

何度も語っています

積極精神の二種類ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中村天風翁の著書から一部参考に抜粋します。

私が教える積極精神というのは、消極というものに相対した積極でなくして、

絶対的な積極のことなんです。

どう違うかというと、相対的積極の意味は、たとえば肉体でいうと、外界からのいろんな刺激がくる、

痛いとか暑いとか寒いとかいったような刺激を受ける。あるいは、怒ったり、悲しんだり、恐れたり、

あなた方がしょっちゅうやってるね、いわゆるエモーション、消極的な感情です。そういうものが心の中に起こる。

それに対して、これをこらえようとか、これに負けまいとする気持ち、これは相対的積極なんです。
これは日常、対人関係でもあるでしょ。「あいつだけには負けたくない」とかよく言ってるね。

日常の仕事、勉強をする場合だって、あるいは、スポーツなんかでも、勝負ごとなんかでも、

なんとかして勝ってやろう、負けまいと思ってやる。
これもいわゆる積極的な気持ちなんだけれども、これは相手あってのことでしょ。

相手が人間でなくても、なにかの対象に対して、心に張りあう気持ち、

対抗する気持ちがあるからだろ。だから、これは相対的な積極なんだよ。
これに対して、絶対積極とは、どういう気持ちかというと、これは張りあおうとか、

対抗しようとかする気持ちがそこに全然ないんです。

心がその対象なり相手というものに、けっしてとらわれていない状態、

これが絶対的な気持ちというんだよ。何ものにもとらわれてない、心に雑念とか妄念とか、

あるいは感情的ないろいろの恐れとか、そういったものが一切ない状態。けっして張りあおうとか、

対抗しようとか、打ち負かそうとか、負けまいといったような、そういう気持ちでない、

もう一段高いところにある気持ち、境地、これが絶対的な積極なんですぜ。

中村天風翁「心に成功の炎を」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

様々な事象に対して

(ネガと思われるシーン)に対して積極精神というのもあるが

本来は絶対積極という、どのような場面であって積極精神でいられるということが

通常の心のあり方より一段と高い、

絶対積極という心の持ちようで

この心の持ちようになれば、相手があっても張り合ったり、争うということとか、

相手にどう思われるか?とかそういう心ではなく、

決してとらわれない心、常にこの状態があることが絶対積極という精神のあり方。

歴史上の聖人といわれてきた、釈迦、キリスト、マホメットなどは

この境地に至っているそうです。

ここに至ると、高い境地からの俯瞰し

物事が見えてくるという。

中村天風翁は、それについての修練法や日頃のあり方、人としてのあり方を

伝えて今も大勢の方々が天風哲学というものを学んでいる。

真理というものは

時代が変わっても変わらない。

中村天風翁の言葉や書籍を見るとホントそう想いますね。

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

関連記事

%e4%b8%8a%e6%9d%89%e9%b7%b9%e5%b1%b1

偉人の仕事術 上杉鷹山 米沢藩を立て直した名君

2017/10/26 |

財政危機を乗り越え米沢藩を立て直した上杉鷹山 江戸時代を通じて屈指の名君と後年言われるようになるが...

記事を読む

10054842121_s

田中清玄 日本で一番面白い人生を送った男 大須賀瑞夫氏インタビュ

2017/10/30 |

田中清玄(たなかせいげん・きよはるとも読む) 日本でいちばん面白い人生を送った男と「田中清玄自...

記事を読む

1480497253

安田善次郎 近代金融の祖

2018/04/17 |

安田善次郎 近代金融の祖で安田財閥の創始者 「カネは利潤を生むための資金として活用すべし」 ...

記事を読む

0017_l

偉人の先見性⑥ 板垣退助 

2017/08/02 |

板垣退助(1837-1919) 自由民権運動で知られる維新の功労者 土佐藩の上士として生まれ育...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

SNSセミナー

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
PAGE TOP ↑