偉人の先見性 真田昌幸

公開日: : 最終更新日:2017/08/19 偉人伝 ものの見方

250px-sanada_masayuki2-1

無類の戦上手だった真田昌幸

戦国時代の武将 1547-1611年

真田幸隆の三男で信玄の小姓として使え後に勝頼にも使えるも

武田氏滅亡後は自立して近隣大名の徳川、北条、上杉の間で生き残りをかけた

謀略、戦いをし特に

多勢に無勢でありながら徳川を二度撃退した戦いで有名

三男でありながら家督を継いだことは兄たちが戦死したこともあるが

幼いころより戦場に出陣し、川中島の戦いでは信玄の警護としても出陣している。

折に触れ、信玄のものの考え、治世や道徳、さらには戦の方法も目の当たりで

見ており、生涯武田信玄を慕ったといわれる。

真田昌幸の先見性

これが多く発揮されるのは、織田信長亡き後、主家であった武田氏もなく

自力で活路を見出すしかなかったときに特に発揮される。

最初は北条方についていたが、そこにと徳川家康が武田氏、織田信長の旧領をめぐり

真田領も含み参戦してきて、北条、徳川、上杉の三つ巴の様相となった。

その中で北条が真田領付近まで接近し圧力を掛けてきたことを契機に

徳川家康に寝返った。しかし、まもなく徳川と北条が和睦をし真田領について

徳川が北条に譲渡するという取り決めをしたためこれに反発し越後の上杉家に

近づき、以後同盟関係になる。上杉はそもそも武田とは何度となく戦いをしてきた

間であったが、当主上杉景勝の「すべては戦国の習い」という決断で上杉家が

真田を保護するような体制になった。このようなことがおき、

徳川、北条ともに敵対関係になった真田昌幸であったが背後に上杉がいるという

こともあり(実際には出兵協力もなかったそうだが)徳川、北条が大軍を率いて

真田へ責めるも見事撃退され、この徳川、北条という次の天下に近いと思われていた

両氏をわずかな兵力でかったことで非常に昌幸の名前は有名になる。以後は豊臣に

上杉が従うにあわせて自動的に秀吉傘下となり、次男、信繁(のちの幸村)は大阪城で秀吉の

近習として働くことになる。

後年、関が原の戦いの折には石田三成側につき、(その意味では見誤ったといえるかもしれない)

その際には、徳川が勝っても、石田方がかってもどちらが勝利しても家が残るように

長男は徳川方に、昌幸と幸村は石田方につくという、家をわってまで生き残りが出来るように

進めていった、世にいう、犬伏の別れである。

家を守ること、王者家康に挑戦すること

実は、この二つを行いたかったのではないかと関が原移行の動きをみると想像できる。

関が原では徳川家康の後継者である秀忠が38000人という大軍勢を率いて真田領へ攻め入るが

またしても撃退しここに徳川を二度破ったとしてその名を知らぬものがいない

名将としての声はあったものの、肝心の石田三成が関が原で敗れたために

昌幸が描いていた関が原後の構想はついになくなったが(構想は旧武田領をもらいうけるというもの)

万が一、に備えて長男を徳川方につけどちらにしても家を残すという

方策があたり、長男信幸が真田領をつぐことになり、真田家は明治維新まで

安泰であった。その意味でも家を守るという一つの命題は達成できた。

和歌山県の九度山に流されるが、年老いても最後に、豊臣と徳川で必ず戦いが起こるとして

その際に息子、幸村に策を授けていたとも言われる。

何年もの間、幽閉されてきたわけだが、世が徳川幕府となり、家康も引退し息子秀忠に

将軍職を譲っていたが、昌幸は必ず戦はあると予言し

息子幸村には、戦いが起きるときには豊臣方につき、徳川を戦いたかったといっていたという。

特に、大阪城が主戦場になると見込み、篭城の場合の策、そして先手をうっての戦いを

伝えていたという。

先手を打っての戦いでは、篭城をせず岐阜あたりに布陣をし京都に入らせないという案や

京都に入ったときに迎え撃つ案と、どちらも同時並行で秀頼を関白太政大臣に朝廷に働きかけ

徳川軍を苦しめた後に,天下総無事令を出し、戦況が有利なった時点で、豊臣の天下ということを

大阪城に、大名一同集め新しい知行割や政治体制を伝えるというものである。

新しい知行割にはもちろん真田が大きな地位を占めようと考えていたことと思う。

いずれにしても戦いでは篭城が反対であり家康の年齢を考えると早期に決着をつけようとする

コトを考え、むしろあせっていることを逆手にとり、先に家康を討ち取りそれから

将軍秀忠をも討ち取ろうとしていたらしい。

806372

家康に立ち向かあと寸前で討ち取るとこまでいった息子幸村

世間では昌幸よりも家康を後一歩まで追い詰めた幸村の方が有名かもしれませんね。

もちろん幸村は優秀で名将ですが、

父の思いである、家を残す、家康に挑戦するということ

をできたのは昌幸がなくなった後の事だが、優秀なこともにめぐまれ

どちらも叶えた昌幸はやはり先見の明と武将らしいチャレンジ精神があったのでは

ないかと思う。

時の絶対権力者相手に、二度も勝ち、最後まで家康を苦しめた真田昌幸、幸村親子には

その知略や先見性には学ぶところが多くありますね。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

51viyqv2unl-_sx346_bo1204203200_

アフターコロナ 古典に学ぶ

2020/06/21 |

孫子の兵法 2千年の時を越えても古くない 時代が変わっても人は変らないということを聞いたこ...

記事を読む

nobunaga

信長の発想と行動力

2019/05/20 |

信長の発想と行動力は学ぶべき点が多い 日本には偉人が沢山います。 戦国乱世の時代では生き...

記事を読む

66631d39

松下幸之助 根源の社 危機は危険と機会の両面を持っている

2019/08/01 |

松下幸之助 根源の社で祈る姿 常に、事業が根源から見て宇宙の生成発展に役立っているか 社...

記事を読む

xkonosuke-matsushita-responsibility-jpg-pagespeed-ic-zhkrg4tppp

経営理念とは何か 松下幸之助は一番大切なものと捉えていた

2019/08/13 |

経営理念こそ一番経営で大切という松下幸之助 経営理念を大切にした 日本式経営を実践し経営...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑