本を出版して営業ツールとして活用する 企業出版 経営者出版のススメ

公開日: : 最終更新日:2017/02/07 未分類

プレゼンテーション1

オモイカネブックスのロゴマーク

年々社会の環境変化が著しくかわります。その中で従来の方法では中々成果が出ずらく

成っている。こんな話はよく聞くことです。

例えば

広告をかけても中々成果に繋がらなくなった

競合がおおい、差別化 独自化できない

多角化経営などで社員間でも企業理念や歴史の共有ができずらくなっている

採用が中々進まず、自社の良さが伝わっていないのではないかと感じる

起業を考えてるもしくは起業する際に本の力を使いたい

たとえば広告を出しても中々反響が以前ほど来ないというのはほぼ全業種にいえるのではないでしょうか?

情報が爆発的に多くなっている現在では、中々以前のような反響が取れないということも事実です。

企業でも、これから起業を考えているもしくは起業する祭に本の力を使いたいという場合には本は非常によい

営業ツールとしても活用が考えられます。

ビジネスの世界では、コンサルティングの会社やコンサルタントは本を出している方は結構います。

これは、士業とは違うもののいわゆる課題解決、ノウハウを仕事にしていますので

むしろ本くらい書いてないの?

そんな話になりかねない(笑)

ちなみに講演やセミナーの企画会社ってあるけど、講演に呼ぶ条件として本を出していることが

最低の条件(もちろん著名な形は除く)だそうです。

これは、僕自身話を直接話を聞いているから間違いないです。

本は最高の営業ツールにもなるって話

広告でもない、展示会でもない、営業活動でもない。しかし本の持つ力って凄いですよね。これを

自社の独自化、そして社員との共有、自己ブランド化などに繋がる最高のツールってことなんですね。

ご自身で本を出されてなくても、例えばこの本を書いた著者だって言われれば、

何か、一目二目も置いて見られる、これが大事ですね。本というものにはそのよう力がある。

だからといって実は出版で本を出すことって特別なことじゃないってこと。

会社の経営者であれば、会社の歴史や方向性そして事業内容とかもかけるわけですが

ここで問題なことは、

自分が伝えたいこと=相手が読みたいものでない

ってことです。独りよがりな本はやっぱり好かれない(笑)なので相手を考えて創る必要がある。

例えばターゲットってよく言うことばだけど、誰に向けて書いているのか?これも明確にすることも

重要なポイントなんですね。

出版に関しての無料相談も受け付けています。

自分はどんな出版が向いているか

どうすれば出版できるか

予算って結構かかるものなのか

印税ってどれ位もらえるものか

企画がうまくまとまらないので見て欲しい

原稿の書き方がよく分からない

オモイカネブックスでは、著者を募集していますので御気軽にご相談くださいね!

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

%e5%a4%a9%e9%a2%a8

中村天風 あり方が大切な時代

2018/11/18 |

中村天風 何故多くの人が天風から学ぼうとしたのか? 哲人とも評される天風だが、一流といわれた方...

記事を読む

xkonosuke-matsushita-responsibility-jpg-pagespeed-ic-zhkrg4tppp

松下幸之助の経営哲学でもっとも大切としたもの

2019/12/24 |

松下幸之助 ご存知経営の神様と言われた松下電器産業(現 パナソニック)の創業者 松下幸之助は多...

記事を読む

51ZyioWVZQL

仕事で提供しているものは何か?

2016/12/15 |

体験を売るというエクスマは時代をとらえている このつながりで売る7つの法則という本は、とてもお...

記事を読む

聖書

本を書くこと 本は公共財で社会に役立つもの

2016/09/21 |

世界最古の書物と言われる聖書 欧米社会での影響は計り知れないですね。 ちょっと考えると誰が本...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑