本の由来や意味

公開日: : 最終更新日:2017/02/07 未分類

kojikiden1

日本最古の書物とされる古事記 写真は本居宣長が編纂したもの

元々「本」という漢字自体が「木」という文字のやや下に横線をつけることによって出来た文字であり

樹木の根本を示している

そして今、本の定義は49ページ以上で印刷された非定期刊行物で本で5ページ~49ページ以下は小冊子という定義になっている。

またほぼ同様の内容ではあるが、電磁的にまた再生や記録されるものは電子書籍と呼ぶようになっている。

面白いのは英語やドイツ語でも木を指す言葉から本という言葉が出来ていることは興味深い。

本自体は太古の時代からあるが、石や木の皮にかかれたりしていることで文字ができてから活用されるようになっている。

日本や中国では竹を使った竹簡も盛んであった。

ちなみに冊子型が出てきたのはキリスト教普及のために6世紀頃登場してくるが、これも「伝えたい」という気持ちが

工夫を生んで現在の原型とも言われる本(冊子型)のものができた。

古代ではインクもペンも貴重で紙になるものも貴重ですから限られたことしかかけなかったわけですね。日本もそうだが、

世界各国に伝わる神話、王家の話など限られたものが多い。特に神話は各国共通のようですね。

神話をきちんと伝えて生きたいということがきっと合ったのでしょう。

その後印刷技術が向上するそして紙が普及してきたことで飛躍的に出版が進むようになった。

本の意味自体は、辞典で調べると

「物事の根源、もと」という意味で本源、本質、根本、本能、大本、

 資本、抜本

「中心となる部分、主となる」という意味で、本業、本社、本宅、本部、

「当の、この、わが」とう意味で、本件、本案、本日、本人

「正式の、本当の」という意味で、本意、本件、本妻、本式、本物

「書物、文書」という意味で、標本、手本など

「もと」という意味で「大本、根本」

プレゼンテーション1

オモイカネブックスのロゴ 大と十が組み合って出来ている

さすがに凄く深い意味がありますね。

特に根本、大本、そして中心、正式で本件など通常つかっているわけですがあまり意識しないと気付きませんね。

本という意味、そして書籍としての本の位置は、大変奥深いものだと改めて感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

FullSizeRender

仕事納め

2015/12/30 |

会社の私の机です。今年もお世話になりました 昨日で会社も仕事納めでした。今年も振り返ると色々あ...

記事を読む

IMG_3344

世に棲む日々 何処に行くより誰と行くか

2016/10/09 |

2016年 太平洋の日の出 まだ半分しか顔を出していません 2016年 太平洋の日の出ほと...

記事を読む

0806242152346264

京都 竜安寺の石庭

2017/01/18 |

美しい石庭 京都竜安寺 極限までそぎ落とされたシンプルさは人々を魅了し続けている。 室町...

記事を読む

51ZV6H61THL

大断言 想念の力を活用する

2016/10/01 |

塩谷信男氏 大断言 塩谷信男氏は残念ながらなくなってしまいましたが、氏の話はとても楽しいもので...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

SNSセミナー

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
PAGE TOP ↑