2019年 紀元節 干支最後の年 信念を羅針盤に現す

公開日: : 最終更新日:2019/01/06 未分類

img_0387 三が日の夕日 富士山がきれいです。

さて希望をもって新年を迎えた方が多いのではないか

と思いますが皆さんいかがでしょうか?

今年は2019年

干支も1回転し、さらに天皇の譲位もあり新しい元号

になり紀元節を迎えます。

その次の年は2回目の東京オリンピックとさらに

大阪万博まで開催が決まっています。

節目というのは竹もそうであるが如く

節目があって新しい竹が育ち生まれてきます。

節があることは強さでもあるわけですね。

現状を少しみると3年前と比べても社会環境も大きく変わって

来ています。

政府発表の景気回復には、実感を得ているものは少なく

更に東京オリンピック特需が終焉するころには

厳しい経済環境があることが予測されています。

また人口減少についても20年以上前から言われてきたものの

ようやくここ2,3年で実感できている方もおおいのではないでしょうか。

WEBは検索エンジンからソーシャルメディアへ主戦場がうつり

以前隆盛を誇ったネット企業の凋落も目につくようになりました。

しかし、いつの時代もそうであるように

時代は止まってはくれません。

大きな流れの中に有り、激動の時代だからこそ

信念であり真理という不変のものが大切になっていると思うのです。

経営方針でいっても、信念や真理さらに天命というものに

基づいているかどうか?

このようなことが問われており、人柄も大事ですが

会社柄ともいうべき社風というものがとても大切な時代に

なってきています。

人材難と言われる中

大手では1人の採用コストに70万円を掛けているそうです。

それだけ人が来ないということですが、

一方で中小企業でも優秀な人材が採用コストもさほど掛けずに

集まっている会社も存在します。

理由はいろいろあるでしょうが、その一つに

信念、真理に沿った経営ということと

独自性の追求

人を大事にする、顧客を大切にするという姿勢を

真から行っているからではないでしょうか?

顧客からの絶大な支持がある東京イタリアレストランカシータ

shop_251_2

顧客リピートが9割を越えるレストランカシータ

顧客が喜ぶために徹底的にやろうという姿勢で

創業以来広告宣伝費を一切かけず一人一人のお客様に

満足を越える感動を提供しようとスタッフ一丸となって

やっている。

その姿勢は顧客にも伝わり更に、

飲食業界サービス業でも模範になっている。

ここカシータでは働きたという方が多くいるという。

結局顧客に喜んで頂こうという姿勢が繁盛を産み

更に働きたいというスタッフまで呼んでいるということ

になる。

その源泉こそ、

信念からの羅針盤なんですね。

日本では昔から御用聞き、御用達という

お客様のことをよくしりお客様にあう商品を

タイムリーに届けるという仕組みが有りました。

これは顧客を大切にしながら

新規受注を得たり追加注文を頂くというやり方で

非常に洗礼された仕事のやり方でもあったわけです。

今では、インターネットを使ってこれを

具現化しているのがアマゾンです。

Jeff Bezos, CEO and founder of Amazon, at the introduction of the new Amazon Kindle Fire HD and Kindle Paperwhite personal devices, in Santa Monica, Calif., Thursday, Sept. 6, 2012. (AP Photo/Reed Saxon)

アマゾンのCEO ジェフベゾス 強大なアマゾン帝国を築き上げています。

アマゾンの社是は「地球上で一番親切な会社」

この社是に向かって日々仕しているわけです。

宅配システムから会員システム、ECサイトの使いやすさも

計算されつくしています。

一番親切というのはどういう会社だろう?

しかし、一番親切ということ具体化するということで

事業方針が出されていくというものは

強力な事業の推進力になっていることには違い有りませんね。

アマゾンを見ていて感じる方もいるでしょうが、

この顧客志向というのは

本来日本的な仕事の仕方に他ならないわけです。

昔からあった御用聞き、御用達というのは

まさしくこのような仕組みですから。

そうみるとアマゾンは最先端のテクノロジーと

顧客志向という信念に沿った経営をしているとも

考えられ、成長し伸びていくことには

違和感を感じない方がおおいのではないかと思う。

社是である「地球で一番親切な会社を目指す」という

信念から経営方針(羅針盤)を出し実行しているわけですが

相当強力な威力を持っていると感じますね。

信念から方針を導き出すというのは

日本のあり方のお家芸であった

しかし、日本企業が外資企業の真似をし

外資企業が日本経営の良さを学んでいるというのは

本末転倒だと感じてしまいますね。

日本に誇りを持ち、日本経営の偉人に学ぶ

温故知新

こそ今の激動の時代、そしてこれから必要なことで

はないか?

年始に感じたことでありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

濃い客を集める 2019年1月18日説明会 参加者募集開始

濃い見込み客の獲得にご興味ございませんか?

アマゾンマーケティング  ブックマーケティング  ソーシャルマーケティング

三つを合わせた最先端の濃い客を集める集客方法

http://mailstand.g-rexjapan.co.jp/apis/mailgate/click/b75Z132aZ1

————————————————

日本一の経営講座 企業進化道場

世界一企業4社 上場企業7社を輩出した経営講座 あと2社で申込み終了

http://mailstand.g-rexjapan.co.jp/apis/mailgate/click/b75Z12ecZ1

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

関連記事

nobunaga

織田信長の発想と行動力  現代にいたらどう進めるか?

2016/10/16 |

日本史に燦然と出た織田信長 僕も好きな武将です。 今の時代織田信長が政治家や実業家であればどん...

記事を読む

201101301235040dd

出雲大社の神様 大国主はいじめられっこからヒーローになった②

2016/11/09 |

因幡の白兎を助けた大国主 出雲大社の神様です 先回のブログでも書きましたが大国主は年少時代はい...

記事を読む

20160813125837cf7-1

経営セミナー 無料で受講できる

2019/01/17 |

中村天風 偉人のメンターとしても有名だった 中村天風は不易流行 不易ー変えてはいけないも...

記事を読む

5cd0e2afc28641ba1a7655a1c41aaf97_l

意識を何処に向けるか 意識の力って凄い

2017/03/09 |

冬空らしく澄んでいますね 最近とても感じることで「意識」の使い方というのがある。 例えば...

記事を読む

追客新手法

バザール

  • とっておきの見込み客発掘法
PAGE TOP ↑