オモイカネプロジェクト 本の影響力

公開日: : 最終更新日:2017/02/09 未分類

14440883_145398885917067_8000649174372591011_n

東京国際ブックフェア打ち上げでスリランカフェスでの写真

早いものでもうブックフェアから1ヵ月半経とうとしている、光陰矢の如しですね。

この東京国際ブックフェアがスタート地点ではあったけどやっぱり、思い切って

勇気を持って行動する

これは大事だと改めておもいます。僕らは第二創業で本好きではあるけど出版経験もすこししかない。

でも、この仕事で本の力で経世済民をって傍からみたらトンでもないこと言ってるとか、頭おかしいんじゃないの?とか

そんなこと全く気にしない。

だって大いなるきれい事だけど、きれい事を到達地点にしないとつまんない仕事になるし、なにより底力がでない。

って思うけど私だけですか(笑)?

足掛け2年でようやくスタート地点にたったんだか大事なことはこれからって事はよく分かる。

だけどスタート地点に立つ事も出来ない方々を考えればなんてツイテルし、なんて幸せなんだと思うんですね。

それだけこの「本」というものの力は凄くてしかも電子書籍という新しい分野での仕事だから

ホントベンチャー精神まっしぐらって感じですね(笑)でも挑戦することがなかったら発展することも

仕事に志しを現すことも、社会支援事業への結びつきもないことだとおもうんです。

オモイカネプロジェクトって唯の出版事業ではないんですね。そんな出版事業であればわざわざオモイカネという

日本の神話の神様の名前をつけずにやっていても十分いいんですね。ジーレックスジャパンとしても私個人でも

何冊も実際本を出しているしそれで十分なんですね。

オモイカネプロジェクトって

本の力で経世済民を

という途方もないことを掲げているですね。これは電子書籍事業での収益の一部を社会活動をしている方々へ

1部支援金として支援していく。つまり自分達の収益の最大化ではなくて

収益の一部を支援金として活用することで更に良い社会への礎になるようにとの想いで考えています。

甘いと思われるかもしれないし、なんでわざわざ収益の一部を支援金にするんだとう声もあるかもしれない。

しかし利益至上でずっと動いていくとどうなるか?ってことなんです。

これはこんな仮説を立てて考えて見たんですね。

働く社員がこの事業で嬉しく働くのだろうか?

著者もロイヤリティーで満足するのだろうか?

本を購入した読者は本を購入したことで社会の為に活用されていくことを喜んでくれないだろうか?

本の本質は何か?著者は自分の為に書いているんじゃない。本は社会の為に存在しているのではないか?

その心は利他ではないのか?

自ら利他をすることによって更に良い志事になるのではないか?

更に良い仕事の仕組みができればそれを広く伝え更に良い社会へ成るのではないか?

きれい事と思われてもいいんです。ほんときれい事だと自分でも思う。

だけど人はお金を沢山貰うこともうれしいかもしれないけど、大勢から感謝の心を貰うほうが幸せではないかと

密か思っている。

もちろんお金は人類が編み出した素晴らしい仕組みで、それは否定しない。でもそれは仕組みなんだ。

働くって、

はたをらくにする

つまり自分ではなくて周りの為、社会の為に存在しているってことが本質だとおもうんです。

僕らのようなベンチャーができることかどうかわからないけど挑戦することが大事だと思っているから

まず、やってみよう!

社会の大海で泳いでみよう!ってこと

折角チャレンジできるんだから、とっても光栄だなって感じています。

本という太古から人類に気付きを与えてきたといってもいい本。

本というものの真を出していこうと思います。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

nobunaga

常識という霧にとらわれない。織田信長が現代にいたら

2017/01/04 |

戦国武将 織田信長稀代の風雲児です 三が日も明けましたね。今日がシゴトはじめという方もいるでし...

記事を読む

tempu_colour_400x400

中村天風になぜ松下幸之助など偉人が師事したのか

2018/10/28 |

中村天風になぜ松下幸之助など偉人が師事したのか? 松下幸之助、宇野千代、稲盛和夫、永守重雄など...

記事を読む

photo_01

経営は「ありがとう」をどうもらうか 「また」利用したい仕組みにな

2019/02/16 |

現代の名経営者 稲盛和夫氏 京セラ KDDI の成功やJALの再建でも知られる 稲盛氏は著書も...

記事を読む

5cd0e2afc28641ba1a7655a1c41aaf97_l

アマゾン ライバル会社アリババ運営のTmailへ参加表明

2015/03/09 |

アマゾンがアリババの運営するECサイトへ出店というリリースが出てきましたね。 簡単にいうと中国...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑