ビジネスの販促で本をつくってみませんか?

公開日: : 最終更新日:2017/02/10 未分類

勉強

出版企画創ってみませんか?

ビジネスに本って役にたちます。

自費出版や商業出版と大きく分けて二つありますが、ここではどちらでも考えられる

出版企画書をまとめてみました。

自費出版であれ商業出版を目指すもしくはセルフパブリッシュでもいづれにしても、出版企画をまとめていくのは

自分でも内容がまとまって良いとおもいます。伝えられること、内容を要約するとどうなのか?

きちんと伝えられることがポイントだと思います。

自分たちのビジネスに本を活用するって本なんか出来ないよ!とか声が聞こえそうですが

そんなことないんです。実際ビジネス書を出して成功している方は沢山います。有名な方では

大前研一さん 故船井幸雄さん・・名前は聞いたことあるかもしれないですね。

ビジネスで役に立てるというと、あなたのビジネスが読者にとって役に立つ、そして相談して

くれたり問合せもらえるような内容でないと仕方ないですよね。

なのでまず大事なことは

読者の対象者を決める

対象が決まればどのようなタイトルにすればあなたのビジネスに係わり合いが出る方を

想定できますから。ここがまずポイントです。
本のタイトル (仮説でもよい)

で、内容としては、会社の想い、(商品やサービスが提供されれば社会がよくなる、便利になるとか)

さらにそれが社会性もあるということ。*自分だけ儲かって・・という内容はあまり受けはよくありません。

そこから会社の理念や創業の想い、他から見た特徴などとまとめています。

その後、あなたの商品やサービスの優位性をきちんと伝えます。大まかですがこのような流れになります。

それがおおよその構成や章立て(各章の小見出しです)になって行きます。

これは、章立てがあると、より内容が伝わるのでこのような本になるかという意図が伝わりやすいから

ということと、ここまで考えているということが伝わりやすいからです。

出版企画書

会社(創業者や社長)が誰に何を伝えるか?

ここが明確になることが大事ですね。ここもとても重要なのですこし付記しますね。

まず、著者のプロフィールですが、

学歴 職歴など経歴や住所など基本的な内容を入れるほかに、今回の企画への想い

そしてこの企画を著者が書くことで訴求力になるか?ここが伝わるように書くことが大事です。

大まかにいうとこのような形です。

形式でワードであってもパワーポイントでも大丈夫です。

そしてこの企画の部分は大事なので更に加えると(可能なら)良いという内容です。

本を出したとしてどれ位売れると考えられるか?

企画した本の読者ターゲット

類似する本はあるか?またどの程度うれているか?など これはアマゾンで販売されていれば

類書のランキングや評価レビューなどをコピーするなどすればおおよそどの程度の売れ行きか

把握できるからです。

販売協力について

出版社が出来る(というか行う)販促は限られています。なので著者が販促を協力できるということは

出版側からすると嬉しいものなんですね。

難しく考えずにまずは、ブログのPVやフェイスブックの友達数やツイッターフォロワー数などソーシャルメディア

での影響力も大事なことで、ここをしっかり捉えていることで、出版側も嬉しいものです。

その他にあるのは、例えば分量的にどれ位か?とか、納期的にどれ位で出来そうか?

冒頭上げたように、要領を得ている企画書かどうかということは大事ことで

ポイントをまとめてだらだらした内容に成らないように気をつけると良いですね。

出版企画書自体はこれでないといけないという形はないので、フリーなのでかえって創りづらいという

こともあるかもしれませんが、逆に形式がない分自分カラーを出すことも出来ます。

おススメなのは電子書籍で海外へ配信

もし国内のみならず海外でも取引したいという場合ですが、電子書籍がおススメです。

これはスマホで読めるということや、電子書籍という媒体では紙書籍と違い

電子書籍を読みながら問合せが出来たり買い物をしてもらったりできる仕組みが構築できるので

ビジネスではとても相性がいい。そしてサービスも少し変わったとか、商品の1部に修正があったと

しても電子書籍であれば簡単に修正できますから。

当社でもやっていますので、本を出したいけど企画が上手くまとまらないといった場合は

御気軽に御連絡くださいね。

あ、もちろん当社のオモイカネブックスで出していただけるという意志がある場合ですよ(笑)

どうぞよろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

関連記事

5cd0e2afc28641ba1a7655a1c41aaf97_l

意識を何処に向けるか 意識の力って凄い

2017/03/09 |

冬空らしく澄んでいますね 最近とても感じることで「意識」の使い方というのがある。 例えば...

記事を読む

スクリーンショット 2015-07-13 18.24.40

ブログアクセス状況・・

2014/12/12 |

おはようございます さて今週のブログのアクセス状況をみていたら    ...

記事を読む

20110617233140_2100430403

吉田松陰の言葉 夢なきものに成功なし 

2016/11/28 |

居酒屋ワタミの創業者 渡邉美樹氏 夢に日付を!という著書は夢をかなえる具体論を伝える内容だった...

記事を読む

%e3%80%8c%e5%91%89%e8%b6%8a%e5%90%8c%e8%88%9f%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%95%85%e4%ba%8b%e3%81%ae%e5%9c%b0%e5%9b%b3

呉越同舟 目標達成の為に時には必要

2019/02/02 |

  呉越同舟 大同団結と似ている意味ですね。 元々、春秋時代に隣国であった呉という国と越...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑