事代主命 日本の神様で大国主を支えたコトシロヌシ

公開日: : 最終更新日:2017/02/10 未分類

a0124530_930412

事代主命 恵比寿様とも混合されることもある

コトシロヌシは事代主とも言代主とも言われる大国主の息子で後継者といわれる神様で

大国主は181柱の子供がいたが一番頼りにしていたのがこのコトシロヌシです。

有名な話として国譲りの話がある。

天から国を譲りなさいという話が大国主にやってきたが、何度となく使者を丸め込んだり

して天からの話を抑えていたが、きっと大国主は迷って判断が自分では中々できないからという

ことで時間を稼いでいたのではないかと思うんですね。というのはこの大国主がつくった国は

日本であるが、国を造る際には、自分の兄弟とも戦争をして作っていったものであり

もちろん大国主からすればそもそも自分をいじめていたり使い走りをされていた兄たちであるから

征伐してもなんらおかしいことではない。しかもスサノオから国をつくれ、そしてお前がおさめよ。

と厳命もされてスサノオの武器も貰っている。それでも大国主が迷ったことは(もちろん推測です)

理由があり、戦いを経て創られたこの国はまた戦いによって滅ぶかもしれない。オオクニヌシは本来

とても優しい神様でもあり、争いで作られた国ではなく和合をもった国、慈愛で造られた国でなければ

長続きしないのではないかと感じていたのではないかと思います。

しかし、自分を頼って共に戦って国を造ってきた神々もいる、国津神もいる。天に返すということは

どうしたものだろうか・・・そんな想いの父親である大国主を察ししていたのではないだろうか?

何度も天から使者がやってきた。天からすれば最後の使者とも言えるタケミカズチという武の神様

大国主は息子コトシロヌシと相談して決めて欲しいと答えコトシロヌシの決断に従おうとした。

コトシロヌシが凄いのは、父親の心情から国の成り立ち、そして今後の国のあり方も考えて

国を天に譲ることを決断した。181柱の中で大国主が後継者とし、最も頼りにしたコトシロヌシは

父の面目も護りながら全てがうまくいくように考えて進めた。

しかしその後コトシロヌシは国譲りを行った後には、出雲を離れ伊豆にいったといわれそこでも

新たな国づくりを行ったとされる。スサノオの子孫でありオオクニヌシの息子であるコトシロヌシの娘が

アマテラスの子孫である神武天皇と結婚し、和合はなりその後も天皇4代まではコトシロヌシの血縁に成っている。

宮中八神

第一殿 神産日神 かみむすびのかみ 神皇産霊神
第二殿 高御産日神 たかみむすびのかみ 高皇産霊神
第三殿 玉積産日神 たまつめむすびのかみ 魂留産霊
第四殿 生産日神 いくむすびのかみ 生産霊
第五殿 足産日神 たるむすびのかみ 足産霊
第六殿 大宮売神 おおみやのめのかみ 大宮売神
第七殿 御食津神 みけつかみ 御膳神
第八殿 事代主神 ことしろぬしのかみ 事代主神

WIKIより

宮中に祭られる神様であるが、天照大神はここにはなく、事代主は入っている。実は古代では皇室には

天照大神が祭られていたことはないそうです。これも不思議ですが。

ま、それはいいとして、皇室(天津神)に多大な功績と力を認められて祭られているのでしょう。

コトシロヌシ以外は、造化三神とか晩餐を司る神様とか祭っておりいわゆる天津神系ですが

国津神では唯一コトシロヌシが入っていることからも

良い意味で影響力があったことでしょう。

コトシロヌシは地上の最高神とも言われます。つまりこの世での「コト」を天に代わって行う神様という

ことと、「コト」は事、言、異という表現もできて、言で言えばコトタマ使いかシャーマンの要素

もあったかもしれませんね。異は異なるということもあり、他の神々とこの神様はちと違うとう意味での

異と考えられるかもしれません。

いづれにしても、国をつくった大国主を支え、そして次のステージにもっていったことは間違いなく

優れた神様であることは間違いなさそうですね。

古事記でも多く割かれる出雲の国譲りの話。そこには自分たちだけでなく全体をとらえて判断できる

コトシロヌシの存在により新しい時代へ向かうことになって行きます。

日本の神様は沢山いますが、ひと際難しい時代の判断をしっかりできたというのは

あまりいません。もっと注目されても良い日本の神様であると思います。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

14600986_1640467522915777_5592870173889829360_n

志で繋がる これは氣脈という。

2016/12/18 |

外薗さんと記念撮影 志教育プロジェクトのリーダーですが、教育現場での実績も 国内外で活躍...

記事を読む

%e8%bb%b8

経営理念・クレドの再構築・経営計画策定説明会

2019/01/11 |

これから始まる大きな経済津波の前に 事業の改革を行いませんか? 2019年消費増税需要終了 ...

記事を読む

fukidashi_tensyoku_man

転職が天職になるといいね 4人に1人が転職の時代

2016/10/15 |

転職を考えるきっかけって色々ある まー色々な理由があげられますね。人間関係、労働環境、向き不向...

記事を読む

100430_101346

古代ユダヤと日本 古代ヘブライ語と日本語

2016/11/15 |

京都にある蚕の社 木嶋神社(このしまじんじゃ)の三つ鳥居 古代の渡来系氏族の秦氏が係わったとい...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
PAGE TOP ↑