アフターコロナへ向かう織田信長の仕事観 仕事は創りだすもの

公開日: : 最終更新日:2020/06/15 偉人伝 ものの見方

 

nobunaga

織田信長の名言 仕事は創り出すもの

「仕事は自分で探して創り出すものだ。与えられた仕事だけやるのは雑兵だ」

今アフターコロナで、世間でも今までの仕事の仕方ではなく

変わっていかないとならないという声は多くでていますね。

考えてみれば、最近は10年周期くらいで大きな困難が生まれている。

リーマンショックがあったと思えば、東日本大震災、そして今回のコロナ禍。

その前にも、バブル崩壊もあり、東西冷戦が終結した時期でもあった。

長い目でみれば、やはり激動期といえるのではないでしょうか。

そして、もっと長い目で見れば、人類社会が劇的な変化をしていった

時代とも認識されるかもしれません。

激動期には、やはり本質的なもの、そして歴史に学ぶということは

有効なことだと思うのです。

全く同じことではなくても、その時の対処法から

出来事、そして時代の流れも感じることができます。

一年前の今日と、今を比べて成長しているのかな?とか思ったりしますが、

どうでしょうか?成長しているのはお腹だけかもしれません(笑)

ま、それはさておき今の時代を考えると直接的な戦争はないものの、

とても時代の動きが激しいときではないか?

そんなことを感じます。

例えば

AIの進化によって将来仕事がなくなるであろう職業予測が出ていましたが

激変ですよね。

img_4db6feb097f03efb14e9f612133136e5185687

これはオックスフォード大学の研究での発表されたものですが、

今後120~20年でコンピューターAIに仕事が取って代わると予測したものです。

これ見ると産業系のものだけではなくて、知的労働の部分も入っている。

凄いことですよね。

税理士や弁護士も必要なくなるとの予測もあったりしてむしろ

何が残るのだろうか?って。

クリエイティブな仕事

が生き残るといわれている。

クリエイティブな仕事って、芸術系の感じもするけど

それだけでなくても結構あります。

そしてもうひとつが

コミュニケーションを取れる仕事

ライブもこれに入るのだろうか?

お客さんと楽しむ、時には飲み会も。

この部分は人でないと中々対応できないだろうって思う。

AIが飲み会にいるのはあまり考えられない(笑)

いすれにしても情報がインターネットによって更にSNSとかによって

爆発的に増えて処理しきれないほど多いのが今の時代の特徴だとも言える。

もちろん、AIとかに取って代わられるシゴトをしていきたいひともいないだろうけど

もう一つの選択として織田信長の

仕事は創り出すもの

ということも今後残る仕事の中であるのではないかと。

信長の生きた戦国時代も時代の大きな変革期であったといえる。

新しい武器、西洋諸国の文化、そして国自体が群雄割拠していた戦国時代。

今までと同じ価値観で動いているのではなく、

新しい価値観、そして行動する人を信長は好んだという。

これは信長自身の先進性もあるが、時代を敏感に感じていたということも

あるのではないだろうか?

当時の新しい武器で鉄砲がある。

これは信長が少年期の頃から興味をもって使っており

後年の戦いでも鉄砲を活用する場面が多く見られる。

また戦略面でも大きな変革を起している。

これが兵農分離という、いわば軍隊の常備軍だ。

他の戦国大名は普段は農業をしているがいざ合戦となれば

武士として働くという形がほとんどだったが

信長の軍隊にいたっては、早くから常備軍として

城下に軍隊に住ませ、農業とは分離させて生活できる仕組みを

創っていった。

これが戦でも役立ってくる。

この元になるのは経済だが、貿易や商工を重視して領民にも

過分な租税を課さないばかりか、楽市楽座という誰でも商売できる仕組みを

創ったり、経済を発展させて新しい武器を買ったり、武士の手当てにしたり

このようなことを発想したばかりではなく、実現させたところに信長の凄さがある。

仕事は創り出すものだ。という考えを実践していったとも言える。

今の激動期必要なことはこの信長のような仕事を創り出すということではないかと思う。

自分は、サラリーマンだとか、トップではないから。

そんな考えを捨てて、自分でシゴトを創り出す。

その姿勢が今必要なことだと思う。

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

4b1a84aa69ed3ede0dc737a29d60e69d

偉大な経営者達の本 

2018/05/19 |

       経営の神様といわれたパナソニック創業者 松下幸之助氏 数多くの出版...

記事を読む

tmp

ユニクロ 柳井会長の言葉 成功する人の決定的な所

2017/12/17 |

ユニクロ 柳井会長  世界長者番付けでも78位になった 推定4200億の資産 ビジネスマンでは知ら...

記事を読む

66bb77ba

黒田長政 父黒田如水から学んだ決断方法

2019/03/08 |

黒田長政 父如水から決断の方法 息子長政でも、中々読めない父黒田如水 秀吉の軍師であり稀...

記事を読む

1480497253

安田善次郎 近代金融の祖

2018/04/17 |

安田善次郎 近代金融の祖で安田財閥の創始者 「カネは利潤を生むための資金として活用すべし」 ...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑