大嘗祭 11月23日は本来新嘗祭の日

公開日: : 巡礼記

 

8

 

大嘗祭は新天皇即位の年のみの一世一回限りの儀式

11月23日は勤労感謝の日として祝日になっていますが

元々は勤労感謝の日ではなく

新嘗祭という神道行事でも重要な儀式で

神々の恵みによってできた新米が民に行き渡り

最後に天皇陛下が召し上がるという感謝の儀式な訳です。

この感謝するということ。

日本は一神教ではなく八百万、つまり

全てに命がり、神が宿るという神道の

考えがあります。

そこでは、感謝を大切にしています。

新嘗祭も自然への感謝、民への感謝

大いなる自然への感謝と感謝の意を

伝える儀式なのですね。

最初に頂くのではなく

最後に頂くというところが素晴らしいですね。

世界中の君主やリーダーでもこのような

姿勢を古来から受け継いできたことは

奇跡的なことであり

日本の精神性の高さの象徴とも

いうべき姿です。

因みに新嘗祭ですが

新は新米を意味し

嘗は御馳走を意味すると言われています。

そして

1479993371_photo

大嘗祭

これは毎年行われる新嘗祭に対し

新天皇として即位した年のみに

行われる新嘗祭が

大嘗祭というわけです。

ですからこれからしばらくは

大嘗祭は行われないでしょう。

新嘗祭自体は太古からという

わけではなく室町時代あたりから

と言われていますので

さほど古い祭事ではないみたいですが

(それでも十分歴史がありますね)

形式は違えども古来より

同じように、感謝を捧げてきたであろう事は

推察できます。

また、新嘗祭の前として

様々な祭祀ごとがあり、

それらは予祝(よしゅく)と言われています。

予めなった。

として祝うことなのです。

ここにも日本の凄さがあります。

今年は五穀豊穣になるかな、どうかな、

ということではなく

すでになった!

として前祝(予祝)をして

あるべき姿を

祝ってしまう。

これは凄いことです。

宮中でもこのような祭典もあり

新嘗祭の約一ヶ月前に行われる

神嘗祭では

その土地土地の五穀豊穣を

土地の神々に報告するお祭りがあります。

一般にはお花見や

夏祭りや秋祭りがこの

予祝(よしゅく)を体現した

お祭りだそうです。

本来は新嘗祭の11月23日は

戦後GHQにより勤労感謝の日と

されました。

今、一部の志ある方々からは

勤労感謝の日を元の

新嘗祭に戻そうという動き盛んに

なってきています。

日本の歴史を受け継いでいく為にも

私は賛成です。

それほど

歴史もあり日本にとっても大切な

祭典であり儀式だからです。

大嘗祭について

カンタンではありますが

まとめてみました。

令和元年初めての大嘗祭

そして最後の大嘗祭

いよいよです。

世界が令和となる祈りが

全世界に通じることを願うばかりです。

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

関連記事

16406514_1668754160086036_7389653272690315865_n

国境を越えたサムライ先生

2017/02/13 |

        ...

記事を読む

800px-%e6%88%b8%e9%9a%a0%e7%a5%9e%e7%a4%be_%e5%b8%82%e5%8e%9f%e5%b8%82_%e6%8b%9d%e6%ae%bf%e6%ad%a3%e9%9d%a2

偉人の仕事術 日本の知恵の神様 オモイカネ

2017/09/05 |

市原市にある戸隠神社にも祀られているオモイカネミコト 長野県にある戸隠神社や東京では気象神社で...

記事を読む

道を開く

松下幸之助 道をひらくは永遠のベストセラー

2017/04/28 |

祈る松下幸之助 松下幸之助 道を拓く 永遠のベストセラーです。 政治家、経営者のみならず...

記事を読む

image-2

古事記を読むには行間やイメージが必要かと思う

2017/06/17 |

出雲大社の御神体を置く台座 八角形の畳です 古事記の舞台としては、高天原や出雲地方が良く出てき...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

SNSセミナー

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
PAGE TOP ↑