アフターコロナ 今までを振り返り、新たな一歩を考える時期

公開日: : 最終更新日:2020/06/12 未分類

img1_file5ea000155a91b

 

アフターコロナで企業が考えている優先順位

予想以上に長引き、そして大きい影響として経済への

ダメージがとても大きくなっています。

日本の経済でみても、飲食、宿泊、旅行、などサービス業は

とくにダメージも大きいだけでなくそこで就労している人数が

多いために、影響を最小限にしようと政府も様々な対策を

講じています。

コロナ前ということでなくても、やはり景気回復というのは

願いの一つでもあります。

そんな中で、アフターコロナで取組みたい一番目にあるのが

新商品開発

もちろん、サービスでも新しいものを創ろうという考えもあるでしょう。

ここにも、今までのものでは通じないという意識が働いていますね。

その次に人材育成と改善活動なっています。

特に人財育成ということですと

どのような人財育成を考えているか知りたいところです。

というのも、ITリテラシーということだけでなく、

もっと違う、その人の力を向上させるような内容が求められている

と感じるのです。

人に投資して教育するというのは、日本型経営では

特長の一つであり、それが強い組織や事業を作っていく

ということはあるのです。

ここには、注目ですね

さて、もう少し具体的な内容で大手のリコーの方針が出されていました。

images

リコーのアフターコロナの対策

かなり具体的です。

これは、既存事業を更に発展させて

アフターコロナで言われるデジタル化を一層進めるという

所に特化したサービスです。

そこに、自社のサービスを置き換えたときに

どのような価値を提供できるか?

考えたわけですね。

アフターコロナ後では様々な分野で変化が予測

されていますが、正確に予測できる方はほぼいないでしょう。

みな手繰り状態で行っているわけです。

しかし、アフターコロナが言われている中で

少し忘れかけているのはないか考えられるのがこちらです。

img_4db6feb097f03efb14e9f612133136e5185687

2年ほど前に発表された、将来なくなる可能性が高い仕事

オックスフォード大学の研究ですが

結構話題にもなりました。

これがコロナによって一層進む可能性が高いと考えられるのです。

これには、今のWEB技術だけでなくAI(人工知能)の活用が

大きく左右されています。

そして、Aiというのは、ビックデータなどデータ分析から

答えを導き出すという特性から、データが取りやすいものから

どんどん浸透していきます。

すでに、産業用ロボットや医療の分野にまで進出しています。

将来なくなる可能性が高い分野では

やはり、AIにとって変われるものが上位にランクインされている

というのもそういう理由でしょう。

しかし、大きなことがかけていると私は考えています。

AIでシゴトがなくなるということでなく

Aiと人類の共生社会の始まりではないかと思うのです。

例えば、AIになにができないの?

そんな風に考えたときに

友達はいません。飲み会とか、コミュニケーションも取れません。

当然、感情もありません(似た仕組みは出来るようですが)

そうなると、

人間が得意なこと、できることとAiに任せたほうが良いことと

分かれていくと思うのです。

例えば、今のシゴトについていうと

SNSやWEBでのシゴトは欠かせないものになってきています。

SNSはソーシャルメディアの略ですが、

これは、まさしくコミュニケーション、つまり人が得意なものです。

そしてこの部分は人が重要なものです。

つながりがどれだけ創れるか?

つながりをどう維持していくか?

つまり、コミュニケーション能力がリアルだけではなく

SNSなどWEBツールの中で

求められるということなのです。

大手企業に比べると中小企業のほうがよくSNSを

利用されていますね。

SnSではすぐ受注にならないという声を

頂くこともありますが、

それは、一面ではそのとうりなのです。

というのも、SNS自体コミュニケーションツールなのですから。

しかし、コミュニケーションを活発にされていれば

そこから受注があがることもあるのです。

鹿児島県の住まいずさんは、SNSツールのインスタグラムを活用して

年間6~10棟もインスタグラムから契約されています。

SNSですから、無料でつかえます。

顧客獲得単価はほとんどゼロに等しいですね。

アフターコロナでは、デジタル化の大きな波や経済変化も

さることながら、AI化、そして人のコミュニケーション

ということも大きなポイントとなるでしょう。

SNSで見られない企業や人は忘れられていく、

そんな時代は直ぐすこまできています。

というより既に始まっている未来です。

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

5cd0e2afc28641ba1a7655a1c41aaf97_l

アマゾン ライバル会社アリババ運営のTmailへ参加表明

2015/03/09 |

アマゾンがアリババの運営するECサイトへ出店というリリースが出てきましたね。 簡単にいうと中国...

記事を読む

drs9bdrvyaa5scc

同志企業勉強会 工務店業界 11月追客の方法と各社の成功事例

2018/11/10 |

同志企業勉強会 工務店業界 テーマは追客と成功事例 同志企業勉強会とは 仕事を通じて良い社会...

記事を読む

51dt2oeyxol-_sx362_bo1204203200_

中村天風 成功の実現

2019/12/16 |

中村天風 成功の実現 中村天風は著書もいくつか残しているが 天風三部作という 天風...

記事を読む

DSC_0577

本を読む人のメリット

2016/11/18 |

歴史好きにはススメ一冊 本を読む人はメリットを沢山感じでいると思いますけど、少しまとめてみま...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑