本で想いを伝える

公開日: : 最終更新日:2017/03/27 日々徒然草

 

 

 

 

近代以前は本は大変貴重なものだった。

そこには、伝えたいもの、伝えたい気持ちが多くあったと思う。

本自体が貴重品であったゆえに、本になっている内容も限られていた。

西洋では教会がいまでいう図書館の役割もしており、本を買って読めるというよりも

教会にいって勉強するという色彩が強かった。

 

 

聖書

世界最古の書物といわれる聖書

昔は特に紙が貴重品でした。そのようなこともあり、沢山の本があるとう訳ではなく

ごく限られたものしかなかった時代です。

西洋では聖書、日本では古事記や日本書記がありますし他の国でも太古の本は

神話、王家の物語などもちろん今のようなハウトウ本などはありません。

太古の時代に創られたものは、後世に伝えたい大切なものが本にして引継がれてきたとも

いえますね。

そこにある想いは自分ではなく社会のため、後世のためという想いが伝わってくる。

本それ自体も公共財という側面もあり、もちろん売られているものが多いわけですが

ちょっと他の商材とは違う意味を持っているのではないかと思います。

今回フェアに出ていて自叙伝の相談もあった。

きっと売れないだろうし悩んでいるという話です。確かに著名でない自叙伝はあまり需要が

あるとは思えませんけど、そもそもどうして自叙伝をかこうと思ったか?と聞いてみた。

そうすると、今までの人生を振りかえって自分の経験や想いを伝えたい、そして

社会や後世に伝えたい

ということだったんです。これは素晴らしいことだと思います。

本の歴史でも神話、王家の話、自分の話ではない。こんな崇高なことで創られていたわけですね。

紙書籍であれば印刷や紙代それから編集、公正などもいれると予算も結構かかるケースもある。

しかし、電子書籍でカンタンに本ができる仕組みがあればさほどコストもかからずに

本を作ることができる。

作家として生活するならともかく社会や後世に伝えたいということで、なるべくコストもかけずに

進めたいということであれば、電子書籍で創ることが良いと思います。

ちょうどそのようなことを進めていたこともあり、おススメしてみました。

本というのは「読者に未来を与えられる」そして本を読むということは「未来を開く」

そんなきっかけがある凄いものです。

そして私達では売れる、売れないということもだいじだけど著者がどうしたいのか?

ビジネスで活用したいのか、小説を読んで頂きたいのか、それぞれ読者層は違ってくる。

本を通じて何を社会へ提供したいか、そして我々も支援できることは限りがあるけど

著者の想いを考えながら進めて行きたいと改めて思いました。

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

関連記事

b3411f97343d6b446616a371046a0f91

IOT(モノとインターネットで繋がる)で更にエキサイティングな時

2017/03/31 |

週末の今日いかがお過ごしですか? 私は志事の最中ですが、月末、月初という節目で色々考えさせられ...

記事を読む

pr05

危機は危険と機会という言葉で出来ている

2017/04/18 |

  鏡=かがみ 「が=我」を抜くと「かみ」になる 最近物事をありのままにみよう...

記事を読む

img_5708

第四次産業革命 ダボス会議

2017/07/19 |

第四次産業革命 出自がダボス会議という ダボス会議は経済、政治など世界的に有名な方やリーダーと...

記事を読む

e002233320050709171444

ケネディ大統領に影響を与えた日本人

2017/04/09 |

アメリカでもっとも若い43歳で大統領になった しかし、最初からできがよくスーパーマンタイプでは...

記事を読む

Message

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑