本の力 松下幸之助 不世出の事業家も本で学べる

公開日: : 最終更新日:2017/02/09 未分類

matsushita_03

祈りをささげる松下幸之助 多くの経営者に影響を与えた

多くの著作を残しているので、その考え方にも触れることができる。

特に氏の人生後半になるほど多くの著作を出しており、経営の枠を越えて

人間観、社会観から政治の事、国のあるべき形とは広範囲の著作を残した。

特に「人間を考えるー新しい人間観の提唱」は自分はこれを言いたかった。自分の考えは

これに尽きるといい、渾身の著書であると語った。

ベストセラーになったのは、「道をひらく」という本です。

道を開く

ここにも、人生での含みある言葉を沢山のこしており、

雨が降れば傘をさすのと同じく、雨が降りそうなら傘を用意しなくてはならない。

事業で言えば傘は、資金、人、そして改善である。

とか沢山の言葉を残しています。そして事業で大事なものは?という問いに

対しては、まず、「祈ること」といっています。そして次に志であり想いが大事と。

二階へのはしごを例に挙げています

なんとしても二階へ上がりたい。どうしても二階へ上がろう。この熱意がハシゴを思いつかせ、階段をつくり上げる。
上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、決してハシゴは生まれない。

如何に人の熱意、創意が大事か?「出来ない」からスタートしていたら、飛行機も、電話も、 テレビも出来ていなかったでしょう。
どうすればできるか?から考える事が大きな結果を生む。仕事も良くある会話で「これ出来る?」 「いや出来ない」 
という会話があるかもしれません。しかしそこを「どうすれば出来るか?」と考えていく。
これが大きな差になってくるという事だろうと思います。

松下翁は著書も沢山あります。
ご存知の方も多いと思いますが、少年時代から苦労を重ね、 実学から出てきた言葉にはやはり重みがあります。

そして事業では、自分ばかりの話ではく社会が喜んでくれるものになっているか?

そろばんはじくのも大事だが、収益と社会性。これが伴わないと成らないといっています。

仕事ぶりでいっても、自分の最高をいつもこえろ!と部下に叱咤激励していたそうです。

非常にシゴトには厳しい面をもっており、ほとんどの部下は松下幸之助の前にいくと

まともに話も出来なかったくらい緊張したと後に部下の方が語っています。

そんな緊張感ある松下幸之助でしたが、松下電器の社是は「報恩感謝の精神」で

社会があるから我々の事業が成り立つ。社会は公器でそこにシゴトをさせていただいている。

それを常に忘れないように。と指導していたそうです。
言葉一つでも自分がどう受け止められるかで随分違います。出来ないはない、どうしたら出来るか?
「これをもっと突き詰めていきたい!」そんな想いを改めて肝に銘じ進んでいきたいと思います。

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

kizuna0011

御礼状出していますか?

2016/12/11 |

御礼状って出していますか? ビジネスでも社会でも人との出会いってあると思うけど 最近では...

記事を読む

17824301

挫折を味わって良かったと思った

2015/09/08 |

こんにちは、挫折って人に大切かって思うんです。 久々に思い出す機会があってブログを書いています...

記事を読む

5cd0e2afc28641ba1a7655a1c41aaf97_l

志事に美しさを求める

2017/01/16 |

美しい空 自然の美しさは感嘆しますね。 先日も志事で機能だけでなく、その後デザインの追求をして...

記事を読む

hanamoyu

経営理念の事例をまとめてみました。

2019/02/18 |

NHK大河ドラマ 花燃ゆのワンシーン 吉田松陰が高杉晋作に尋ねる。 「君の志はなんですか?」 ...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
PAGE TOP ↑