大国主の国造りは何を教えてくれているのか

公開日: : 未分類

6182-d32yl-_sx466_

大国様(だいこくさま)で親しまれている大国主神

ご存知出雲大社に祭られている神様です。

この神様は日本的なヒーローであり

まさに、艱難辛苦を乗り越えてやがて国をつくるまでに

至った神様です。

最近、コロナウィルスの話が世間を騒がせいてるし

実際に被害にあったりしている人も出てきている。

早く収束することを願うばかりですが

少し前の歴史をみると

もう少し時間がかかりそう、ということと

激動期に入っていることは間違いなさそうです。

昭和から、平成、令和と来るにしたがって

戦争は昭和でおわりましたが、それでも時代が

落ち着いているかというとそうでもないと思います。

しかし、非常に大きな変化を呼びそうな機運もある

ことが、コロナウィルスでは考えられます。

少し前の、SARSや新型インフルエンザ。

これも怖い流行病といえますが

今回はもっと大きな規模になりそうです。

最近比較しているものでいわれるのは

第一次大戦の収束原因にもなった

スペイン風邪です。

これも世界中に猛威をふるって

戦争をしている国同士が、あまりにも兵士が

なくなっていくので世界大戦が終わってしまうと

いうのは凄いことです。

日本でも死者が何万人も出ています。

しかし、驚いたのはそれではなくて

発祥元が中国ということです。

今回のコロナウィルスも中国発ですが

これは果たして偶然かどうがは解りません。

いずれにしても

今世界中で覆っているコロナウィルスは

世界中に蔓延し

人々のシゴトもあり方も変えていっていることは

間違いないことです。

まず、極力かからないような対応をすることですね。

さて大国主ですが、

この神様は、いわゆるスーパースターではない神様です。

むしろ、いじめられっ子であり、使い走りだったんですね。

しかし、それでいてひねくれることもなく

あくまでやさしかった。

因幡の白兎のエピソードは知っている方も多いかもしれません。

%e5%87%ba%e9%9b%b2%e5%a4%a7%e7%a4%be%e3%81%ae%e7%99%bd%e5%85%8e%e5%83%8f%e3%81%ae%e7%94%b1%e6%9d%a5%e3%83%bb%e6%ad%b4%e5%8f%b2%e3%83%bb%e6%84%8f%e5%91%b3

因幡の白兎と大国主

このエピソードは知っている方はご存知の方も

いるでしょう。

有名な美人の姫様を求婚しようと

大国主のお兄さん達とともに

いきますが、その際には荷物もちで行きます。

その途中の出来事です。

ウサギは皮をめくられて痛がっています。

それは、お兄さんに騙されて

苦しんでいたのです。

そこへ来た大国主は

ウサギに痛みをとる方法を教えてあげたわけです。

ウサギは喜んで

お兄さん達でなく、美人の姫はあなたと結婚すると予言し

実際にそのようになった。

その後、お兄さん達に反感をかった大国主は

お兄さん達の陰謀で二度も殺されてしまいます。

しかし、その度に蘇りやがて、スサノオの元で修行し

強くなりやがてお兄さん達も成敗し

国造りを進めていくことになります。

大国主はここからも

持ち前の優しさで国を発展させます。

それは、

多くの意見を取り入れて国づくりをするという

ものでした。

知恵者やその道に精通したものも集まり

国造りを進めていきます。

そもそも、国と云うものさえないときに

大切にしたものが

農業や漁業、そして医学(薬学)です。

つまり

国の基本は、食料問題と生命の問題である医学、薬学

というものを発展させます。

もちろんそのほかにも、建築や土木もありますが、

重要視しているものは

農業や漁業、そして医学、薬学だったわけです。

こうしてみると今と変わらないことが

わかります。

国の根幹とはなにかと言うときに

食と医療というのは

人の根幹的な部分であり

国造りをするにあたりこの部分を

重要視したことはわかりますね。

今は

世界的にコロナウィルスが覆って

います。

このようなときには

安全で安定的に食べられる食や

万一、体調が優れないときに

係れる医療施設。

これらが大切なことはいうまでもないことです。

人は、太古の昔から

重要なものというのは変わっていないことが

よくわかります。

ですから、文化、芸術というのが

ある程度成熟している、安定している社会

から生まれるというのは

あながち間違えでもありません。

出雲大社でいえば、昔の神殿の高さが

実に48メートルあったことがわかっています。

これは、現代では15階のビルと同じような高さです。

しかも、木造建築です。

%e5%87%ba%e9%9b%b2%e5%a4%a7%e7%a4%be%e3%81%ae%e6%98%94%ef%bc%88%e9%81%8e%e5%8e%bb%ef%bc%89%e3%81%ae%e4%bc%9d%e8%aa%ac%e3%81%ae%e5%b7%a8%e5%a4%a7%e7%a5%9e%e6%ae%bf%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%ef%bc%9f

出雲大社の復元イメージ 高さが48メートルもあった。

大国主が今に教えてくれること。

それは、人の根幹的なことで

食べ物の安定供給、そして医療体制。

これが大切であるということを

今に教えてくれているかもしれません。

もちろん、そのほかにも

人の意見を聞くということも大切なことです。

大国主が基礎を創った日本。

今一度、何が大切なことか

問い直す時期にきているのでしょう。

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

t1

人からも本からも学んでいこう

2016/12/31 |

長者番付で知られる斉藤一人さん 学ぼうって思う心って素晴らしい。 そして学びは、様々な場...

記事を読む

OSK200806060041

稲盛和夫氏の言葉 情熱と意志

2017/04/26 |

京セラ創業者にしてJALの再建でも手腕を振るった稲盛和夫氏 示唆に富む言葉には学ぶべきことも多...

記事を読む

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

工務店 経営 2月度セミナーと相談会

2019/02/01 |

    工務店 経営セミナー と2月度個別相談日のご案内です。...

記事を読む

14595575_1610561599239703_7641202143347376653_n

本を出したい人はその本に意義を持たせたい

2016/11/02 |

千葉の酒ガールと一緒に千葉の地酒祭りに参加時の写真 オモイカネプロジェクト・オモイカネブックス...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

SNSセミナー

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
PAGE TOP ↑