カーネギー 道は開ける

公開日: : 最終更新日:2017/02/09 未分類

41ZHKJ76T7L._SX325_BO1,204,203,200_

世界的ベストセラーの道は開ける

今日から12月ですね、一年も早さも感じます。私の会社では1ヵ月早い新年となっていて

11月が決算で12月が新期となります。今までは今までとして、希望を胸に今年度もやっていこうと思います。

新期にふさわしいと思い、カーネギーの道は開けるを紹介したいと思います。

カーネギーは道は開けるの他にも「人を動かす」など幾つかの著書を残した。

その影響は計り知れないと思う。

カーネギーの著書でいえば、他人を変えるとうことよりも自分を変えることで

相手を変えるという思想が見えてくる。

さて、道は開けるという本の内容ですが、ちょっとまとめてみました。

1.疲れる前に休む

ある程度疲れると、効率は低下し、ミスも多くなります。
疲れが溜まると慢性的になってしまい、気分が優れずに、生活を楽しめなくなってしまいます。

疲れ切ってしまうと、心身の健康を害し、生活に支障をきたしてしまいます。
悩みを考える際にも、同様なことが言えるでしょう。考え過ぎると、疲労し、

いい考えが出来なくなるだけでなく、悪い考えをしやすくなります。
慢性的な悩みを抱えると、幸せに暮らすことが難しくなってしまいます。
苦悩が続くと、心身の健康を害してしまう危険性もあります。という事で疲れる前に休む事が大事だといっています。

2.今日一日の枠の中で

幸せになるために大事なのは「今」です。
「過去」や「未来」のために、「今」を不幸な気もちで過ごすのはよくありません。
「今を大切にしよう」という意識をもって生活できるようになれたらいいのではないでしょうか。
また、自分が不幸な気もちになった時には、そのまま放って置かずに、自分を助けることができるといいでしょう。

今を大切に生活するために、

朝、自分の夢や目標や生活目標を確認したり、

幸せになる宣言をしたりする。

そして、夜はできるだけ幸せな気分で眠りにつくようにできるといいでしょう。

3.他人を幸せにする事で、自分の不幸を忘れる

自分が幸せにしたい人を幸せにすることを考えている間は、少し幸せな気もちにもなれるものです。
自分が考えた相手を幸せにする方法を実践して相手が喜んでくれれば、自分もうれしいはずです。
相手からの何らかのお返しがあるかもしれません。
少なくとも関係が良くなり、それだけ幸せな気もちで過ごしやすくなるのではないでしょうか。

大きなことを考えるとなかなか実践できないでしょう。
小さなことでいいのです。相手の顔に微笑みが浮かんだり、ささやかな幸せが生まれるようなことでいいのです。
相手を幸せにする行為を重ねたほうがいいのです。小さなことなら実践するチャンスも方法もたくさんあるはずです。

4.事態を受け入れる

悪い事態をただ怖れていては、何も変わらずに、苦悩が続くことになってしまいます。
悪い事態になっても「しかたがない」「その時はその時」などと覚悟することができれば、

それだけで少しは心が落ち着きます。

さらに、そういう悪い状況になったら「こうしよう」「こうすればいい」のような対策を考えられれば、

さらに心は落ち着くでしょう。
悪い状況(先)のことを想像してただ怖れるのではなく、

その先、つまり先の先を考えることで、

将来を好転させる手段が見つかれば、もう怖れなくて済むのです。

もっと先を考えれば、「すべてのことはいい経験」と考えられるのではないでしょうか。
それに、悪い状況が永遠に続くことはないはずです。どんなことも「なるようになる」でしょう。

あなたが過去にすごく悩み苦しんだことも「なるようになった」のではないでしょうか。

もし考えうる最悪の事態を受け入れる覚悟ができ、その時その時に一所懸命努力する自分を信じることができれば、

何も恐れることなく自分が考える道を歩いていけるようになれるのではないでしょうか。

いかがでしょうか?
示唆に富む言葉も多くありますが、個人的には、3の事態に備えるの中の、

「先の先」を考える事の大切さが共鳴できる所です。

名書といわれるものは、時代を越えて真理を伝えてくれます。この先もきっとこの

道は開けるという本は読まれ続けるでしょう。そしてカーネギーの想いや考えは本ある限り

受け継がれていきます。こんな素晴らしいことは中々ないと思います。

道は開ける。そのために人事を尽くして天命を待つ。それ位やりきっていこうと思います。

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

セミナー・研修情報 
*コロナ化の為一部個別相談としているセミナーも御座います。

時流を捉え、原点を見直し、未来を創る 進化道場バナー600
オンライン商談・ソーシャルメディアで事業を加速させる メディア道場
出版物を電子書籍化・再版で販売してみませんか? 電子化

●石川博信への執筆・講演・セミナーのご依頼はこちらから

●まだSNSで繋がっていない方はこちらから繋がれます

友達申請の際は一言「ブログを見ました」など頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

関連記事

pVTMAc2m

経済の語源は「経世済民」 

2015/07/17 |

台風で全国に様々な被害が出ていますね。 私は千葉にいますが、とても風が強く天候は不安定です。 最...

記事を読む

ダウンロード (1)

思い切りきれいごとをセミナーで語ったら受けた

2016/09/25 |

おかげ様で東京国際ブックフェア無事終了! その中でセミナーを2回行いました。(正確には...

記事を読む

syoujiko_hinode

恩送り

2017/01/21 |

富士山がきれいな季節ですね この時期の富士山は空気も乾燥しててとてもきれいに観ることができます...

記事を読む

tokutokutokiwa_431025-sk

なぜ、長寿企業は不易流行を家訓とするのか

2021/10/01 |

富士フィルムのチェキ 懐かしいヒット商品ですね。 コロナによって多くの業種が 事業の見直...

記事を読む

事業再構築セミナー

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • Japanese Style: Exquisite Problem Solving Wisdom
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • THE REAL RICH LIFE: Unlock the Secrets of Relationships
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑