ムハンマドユヌス 貧困のない世界を創る

公開日: : 最終更新日:2017/02/10 未分類

unusu01

ムハンマドユヌス氏 グラミン銀行創始者

ムハンマドユヌス氏はマイクロクレジットという小額無担保融資を貧困女性に

貸し出しをして、家計を助けるとうことからはじまった。

現在では銀行業に加えてグラミングループという企業そして社会貢献活動の両軸で

活動をしている、ノーベル平和賞受賞もされたバングラディッシュの方です。

以前にもムハンマドユヌス氏のことをブログで取り上げられたことはあったけど

今回はちょっと違う視点で見たいと思っています。

ムハンマドユヌス氏は経済学者でアメリカで教鞭もとっていた。そこから祖国へ

戻り、祖国の状況を分析します。これは数字だけの分析でなく社会的な背景や

習慣、そして国民性も含まれます。

各国ともそうだと思いますが、様々な課題がありそれに向かって解決するために

政策を立てていくわけだが、そこでも中々行き届かないことが多いしとても難解

な問題もある。そんな難解な問題にチャンレンジしたのがユヌス氏ともいえます。

通常ではお金を借りることが出来ないいわゆる貧困層にお金を貸すのは従来の発想

では考えられなかったといえるが、ユヌス氏は国民性も理解していたので

問題ないと思ったと語っており、結果そのとうりになった。

グラミン銀行について言えば、詳しくは割愛するけど今ではバングラディシュを

はじめ世界へ進出している。

ソーシャルファイナンスという仕組みもここから広がってきたといってもいいでしょう。

貧困のない社会を創る

というのはユヌス氏の志であり、それは母国への想いでもあると思う。

困難な状況を見たときにどのような行動するかは人それぞれでしょうけど、

ユヌス氏の場合は客観的に見るだけでも良かった、本来が学者だから。

しかし、実際の行動に出た。

ここが凄いところだと思う。未知の領域でありまだ誰もやっていない

この事業を進めていき、困難もありながらも成功を収めた。

ユヌス氏自身は、成功者としても、そして社会を良くしたということでも

バングラディッシュでは英雄です。

しかし、清貧を尊び、2DKの狭いアパートに家族と共につつましく

生活している。

これもユヌス氏の凄いところだと思う。

ユヌス氏の創ったグラミン銀行やソーシャルファイナンスといわれる仕組み

だが、バングラディッシュという世界的にも低いGDPそして貧困層が多く

存在し、そしてユヌス氏のような志をもった方がいたということも

この仕組みが成功した内容の一端になっているだろうと思います。

ユヌス氏は日本にも定期的に来ており、講演もしているが

最も大事なことは

「勇気だ」

と語っています。そしてその勇気を何処に誰の為に使うか?

「勇気は困難を突破する」

勇気とはそのために存在するとも言っています。

勇気を何のために使うか?志を立てそして突き詰めることで

きっと見えてくるでしょう。

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

ダウンロード

日本の志 世界の期待

2015/07/06 |

  宮崎の平和公園にある 八紘之基柱(あめつちのもとはしら) 今日は少し...

記事を読む

unnamed

聴くを意識すると仕事幅も変わる

2017/01/26 |

耳だけでないきき方もある きくって言うのは日本では沢山あります。 人の話を聞くというのは...

記事を読む

image

徳川家康の戒め  重荷が人をつくる、身軽では人はできない。

2017/01/14 |

武田信玄に三方が原での大敗したあとの肖像画といわれる 自分が大敗してどんな顔が描いてくれと書か...

記事を読む

20161212-00000021-jijp-000-13-view

2016年今年の漢字僕には開くが今年の漢字で的確

2016/12/16 |

2016年の漢字は「金」になりました 京都の清水寺で書かれているそうですが、この文字の選定理由...

記事を読む

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

SNSセミナー

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
PAGE TOP ↑