呉越同舟 目標達成の為に時には必要

公開日: : 最終更新日:2019/02/02 未分類

%e3%80%8c%e5%91%89%e8%b6%8a%e5%90%8c%e8%88%9f%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%95%85%e4%ba%8b%e3%81%ae%e5%9c%b0%e5%9b%b3

 

呉越同舟 大同団結と似ている意味ですね。

元々、春秋時代に隣国であった呉という国と越という国は

とても仲が悪かったのですね。

戦争も絶えず行っている、そんな国同士でした。

しかし、あるとき小さい舟に乗ろうとした際に

呉の人も、越の人もやむをえず同船した。

そんな時に嵐にあい対立など言ってられない、と今までの

対立などそっちのけで協力し合った。というものです。

ここから、仲が悪くても大切な物事には

通常持っている利害関係を乗り越えて協力すると

いうものです。

このような例は幾つかあり

日本では薩長同盟が有名です。

d422bea4

明治維新の原動力となった薩長同盟西郷隆盛と桂小五郎を坂本龍馬の仲介で実現

この薩摩藩と長州藩は日本での呉越同舟の良い例でしょう。

そもそもこの2藩は数年前には京都で戦争もしており

しかも、そのときから長州藩は朝敵とされ

薩摩をうらんで、藩士の履く下駄には

「薩族会奸」

と書いて文字を踏み潰していたほど憎んで

いたのである。

しかし、長州としても国内に味方なく幕府と言う大勢力と

戦うためにも、更に新しい時代をつくるにも

どこかと組む必要があった。

桂小五郎も長州を代表する人物であり

気持ちとして薩摩のことを快く思っているわけではないが

しかし、国内で孤立をつづけていても

次の展望も見ることができない。

そこで坂本龍馬の役割が出てくる。

龍馬の仲介により

薩長同盟

が成立しこのことよって倒幕、そして明治新政府へと

あっという間に流れていく。

もちろんここであっさりと書いているようなカンタンな

ことではなかったことには違いない。

しかし、

薩摩も長州も気持ちでは互いに良く思っていない。

しかし、倒幕、新時代をつくる。という

大義から考え

同盟と言う握手をしたのだと思う。

日本版の呉越同舟

とも言える薩長同盟

互いの感情だけでなく

倒幕、新政府樹立という上位概念を達成するために

手をとった。

中国の故事ではあるが

このような例はいくつもあります。

しかし日本では古来より

このような概念はあったのですね。

ヤマトタケルの東征でも

「言向け和せ」と言葉をもって

戦わず、しっかりした統一国家樹立の為と

いう上位概念を伝え

次々に東征を完成させていきます。

日頃のちょっとしたこと、身近なところでも

呉越同舟というのは

あるかもしれません。

しかし、歴史は大きな概念のために

私をすて公を考えたときに

成就するということを

今に伝えようとしているかと

思います。

呉越同舟という言葉で感じたことでした。

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

志

夢から志へ

2017/01/03 |

夢を持とう!とは言われても志をもとう!とは言われない今の社会 夢や目標を持ちましょうと学校教育...

記事を読む

img_cb755b277e1737563264a7c5c7f81b8e331713

プレゼンは創りこみと練習量に比例する

2017/01/19 |

プレゼンの基本的な流れ そもそも一番大事なことは 自分が言いたいことを話す × 相手が知り...

記事を読む

o0480048012699996874

プロほど学ぶ

2016/10/02 |

プロほど学ぶ 大前研一氏 大前研一氏は世界的企業のマッキンゼーというコンサルタント会社出身です...

記事を読む

IMG_2662

電子書籍は広がるか? 温故知新から見る。

2016/10/13 |

酒蔵見学のときの写真 先日千葉県の酒フェスティバルにいってきたけど、凄く楽しかったんですね。 ...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑