2019 仕事納め 経営者は休みにも学ぶ

公開日: : 未分類

2019年12月28日

今日で仕事納めの方も多かったでしょう。

昨日のほうが多いでしょうか。

令和になってはじめての年末を迎えます。

起業して10年が過ぎ今を迎えて

厳しい状況もある中でも

共に働いてくれている社員やスタッフに感謝

の気持ちです。しかしまだまだお客様にも

社員、スタッフにも報いていない。

本当に経営者というのは

何処を見るか?そしてあり方というのが

大切ということが骨身にしてみています。

谷深ければ山たかしで

谷の深さの分、行く道が正しければ

高い山へいけると確信してこれから全人力を上げて

進もうと考えています。

さてこのブログは経営者の方が多くご覧になっています。

あり難いことです。

その中で年末年始と休みが続きますが

経営の神様と言われた松下幸之助氏はこのような

お話をされています。

「企業のトップである社長は

常に公人である。

休みであっても

学ぶことは欠かせない。

人からも学ぶことは多いが

もっとも手軽でコストも安いのは

読書である。

講演会に行けば結構な金額を

出さなければ

聞けないが

本は手軽な金額で読める貴重なものである。

休みに教養をつける。

これは経営者の姿勢の一つではないかと

考える。」

そうなんですね。

松下幸之助は休みにこそ

読書を進めています。

そこから今回は

三冊御紹介いたしますね

一冊目
SDGSと建築業界について書かれた本で
入門編としては分かりやすく書かれています。
すでにSDGSはどのように進めていますか?
ということが
お客様からの質問で出てきたり、採用の際に
学生からSDGSの取組みはどのようにされていますか?
という位、社会に浸透してきています。
内容をしり、工務店の取組み事例もあるので
参考になる一冊です。

51itizjcidl

SGDsに取り組もう 建築業界編

二冊目
住宅営業のあり方
基本をしっかり身につけその上でやり方を進める本で
著者も住宅メーカーで活躍した実体験に基づいています。
特に工務店さんで営業の研修や基本的なことを学んでいる方は
少ないのではないでしょうか?
良い悪いはともかく、住宅営業を大手住宅メーカーは
どのように育てているか?
自身の営業力にも部下の育成にも役立つ一冊です。

41z6vxv84ml

頼みたくなる住宅営業になれる本

三冊目
知っておきたい日本のこと
著者はかつて歴代首相の集まる会での講師や
経団連の顧問を長年つとめ、日本の頭脳と呼ばれた方に
よる、日本の凄さが書かれている本です。
いわゆる日本賞賛本よりも分かりやすくそしてちょっと深く
書かれている、日本を知る一冊でもあります。
オリンピックを控え注目される日本。
日本人だからこそしっておきたことが満載です。511foikjvjl-_sx336_bo1204203200_

子供たちに伝えておきたい日本のこと

いかがでしたでしょうか

私も経営者の端くれとして休みには
学びを続けていきます。

今年は特に長い会社ですと9連休

私の会社も普段よりも少し長めに休日をとりました。

しかし経営者に休みはないぞ

そのようなときこそ学ぶべきだというのが

松下幸之助氏の話です。

今、色々な考えが世を覆っています。

このようなときこそ

先人に歴史に学び

自分にも問うことが必要なことではないか

と思うのです。

悪銭身につかずの例えの如く

カンタンに稼げるものは

カンタンになくなる。

儲けることは大切ですが

どれだけ社会に役立って

儲かったということは

もっと大切ではないか。

お客様も社会も社員も喜んで幸せへ

一歩でも近づくことが

役割ということは

多くの経営者が語るところです。

そのような道に間違いはない。

成功か大成功しかない。

その確信が得られるまで

自問自答することを

松下幸之助は語っています。

これからはその確信を

形でしていき

更に良い仕事をしてきます。

今年一年有難う御座いました。
来年もどうそ宜しくお願いいたします。

来年はいよいよ東京オリンピック!

自分を回りを日本を応援していきたいですね。

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」の落ちこぼれ。日本にある素晴らしいものごとを国内外に広めていきたい。 それが私たちの想いです。長い歴史と四季のある気候に育まれた日本文化は、国内では衰退しつつある一方で、海外では日本の食文化、武道、芸道からコミック・アニメまでその愛好者は増加しています。 国内においては、日本の持つ素晴らしいものごとを見直し、海外においては、様々な商品にある歴史、ストーリー、想いを伝えていく。 日本のものごとが国内外へ広がり、その中で日本の文化や精神性に触れる機会を多く創出し、日本の素晴らしさを知って頂く事が、日本そして人類にとってもより良い社会へ繋がると考えております。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

セミナー・研修情報 
*コロナ化の為一部個別相談としているセミナーも御座います。

時流を捉え、原点を見直し、未来を創る 進化道場バナー600
出版物を電子書籍化・再版で販売してみませんか? 電子化

●石川博信への執筆・講演・セミナーのご依頼はこちらから

●まだSNSで繋がっていない方はこちらから繋がれます

友達申請の際は一言「ブログを見ました」など頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

関連記事

0051

醤油の歴史 日本の食文化

2016/12/22 |

日本の食卓に欠かせない醤油 色々な種類もある 醤油の歴史は味噌とほぼ同じ時期で奈良時代から使わ...

記事を読む

190383703_2607314389564414_8212622969449878089_n

ウィズコロナ時代「共感」「感謝」「絆」がビジネスの軸に

2022/03/24 |

皆と一体になって取り組むお祭り。 その仕組みが今の時代必要ではないかと思う。 コロナによ...

記事を読む

d78daf17-l

常に考える 積み重ねが圧倒的な企業そして事業へ

2016/10/12 |

未来工業 創業者 故山田社長 非常にユニークな経営で知られる山田社長は著書もありますから知って...

記事を読む

i_jouhou1203a2

出版は士業にとって有力な営業ツール 医師 歯医者 税理士 弁護士

2016/10/23 |

士業って営業しづらい、限定されたりしているので販促は難しい 出版は士業にとって有力な営業ツール...

記事を読む

JUバナー

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • Japanese Style: Exquisite Problem Solving Wisdom
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • THE REAL RICH LIFE: Unlock the Secrets of Relationships
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑