日本再興のはじめは祭りから。

公開日: : 最終更新日:2023/10/30 未分類

190383703_2607314389564414_8212622969449878089_n

日本を再興したい。

そういう方は多いのではないでしょうか。

多くは政治や経済に目がいきやすいですが、

実は、日本の凋落的な傾向は文化や精神性にまで及んでいます。

着物は失われた30年といわれる平成30年の中で、8割も減り、

邦楽器も、作れる後継者が8割減、茶道、華道は7割減です。

大変な状況ですね。

しかし、一方では日本の文化は世界中で愛されて

世界にどんどん広がっていっています。

空手、柔道はほど全世界に支部もあり、

茶道も同様で習う生徒もどんどんと増えています。

また、日本語を学ぶ方も年々増加しており、

従来は、アジア圏中心で、それは労働のためという

要素が多かったものが、

今では、日本の歴史や文化を学びたいという方が

アジア、ヨーロッパなどから学んでおり、

日本語を教える教師が少ないことが

問題になっているほど、

需要があるのです。

日本再興というと

実は歴史をみると、お祭りをして

新しい時代を迎えたり、

帳を破ったり、

また新時代になったときにお祭り騒ぎをするという

ことを行ってきた歴史があります。

古くは、

天の岩戸開きから、

疫病が流行った古代の祟神天皇の時代。

鎌倉幕府で武士の時代が始まってきたときや

明治維新前のええじゃないか運動。

見方を変えると人々の熱狂が

時代を変えてきたともいえます。

千葉県 洲崎神社のお祭り

【みろくの踊り】

みろくと聞いてどのようなことを思いますか。
何か地上天国のような想像できないような素晴らしい社会を
思い浮かぶこともあるでしょう。

人類社会の理想かもしれませんね。
実は、千葉県の洲崎(すのさき)神社では、
毎年8月21日に鹿島踊りと弥勒踊りが奉納されます。

【鹿島踊り】まず鹿島の神様に悪霊を払って頂き
【弥勒踊り】世直しや富や豊作を願うと遠い海から弥勒が来る。
という内容です。

日本では、お祭り(騒ぎ)で世直しがいくつかされてきました。
幕末の【ええじゃないか運動】
神代の【天の岩戸開き】

戦いではなく、お祭りで良い社会へのきっかけを創る。
面白いし、すごい知恵だと思うのです。

今の社会も大きな変革期だと思いますが、
楽しくお祭りのように皆で良い社会を創っていければ
最高です^^

【弥勒の世はお祭りから始めたいものですね】
日本で初めての武家政権を創った源頼朝。

石橋山の合戦で平家に敗れ海路で安房の地(現在の千葉県館山地方)へ避難してきたのです。

家臣数名に支えられて辛くも逃げ延びた安房の地で、
頼朝は「もう一度機会を!」と再興を期して洲崎神社(すのさきじんじゃ)へ参拝をしました。
千葉県に南端にあります。

ここに上陸した日は日時が八月二十八日です。
再び開く!と再興を期すにはピッタリの日であったのでしょう。

そしてこの洲崎神社にはユニークな踊りが伝わっています。
それは「みろく踊り」
「みろくの世」は理想的な地上天国のことでしょう。

源頼朝も踊っていたかと思うと、微笑ましく思いました。
それにしても、日本で知らない人はいないであろう源頼朝の
記念碑の扱いをもっと丁寧に出来ないのかと感じました。

源頼朝公が

【今日二十八日は再び開く日】

70年前の今日、前年のサンフランシスコ条約により、日本の主権が回復した日でもあるのですね。

源頼朝公が、平家との戦いで敗れ、再興を期し、安房の地に
上陸した日は、八月二十八日。再び開く日なのです。
「和を持って貴しと為す」が書かれていますが、

初めての武家政権で新しい時代の法令や規範や道徳として御成敗式目は、
どのように書かれているのでしょうか。
第一条にはこう書かれています。

【第一条 可修神社専祭事】

つまり、神社を大切にし、修理をし、祭事を
大切にすること。

神を敬い、神社を大切にしてお祭りも、奉納も絶やさず古えから伝わっている事も疎かにしてはならない。
という戒めに見えます。

初めての武家政権という、新たな時代を創った中、
武士のあり方として、神社や古来からの伝統をしっかり大切にする事で、
新しい良い社会に繋がると考えたのではないでしょうか。

今コロナで時代が大きく変わろうとしていますね。
そんな中、歴史を見直す事も大切と思うのです。
日本に伝わる長い歴史や文化。
楽しみながら学べれば最高ですね。

【余談】
面白いのは聖徳太子の
十七条憲法の三の倍数「五十一条」
大宝律令、建武式目、公家諸法度、大日本帝国憲法
の第一章も十七条。
民間団体ですが、倫理法人会の「万人幸福の栞」も十七条。
十七という数字も面白いですね。

数字にも色々意味もあり深そうです。

 

日本再興の一歩 アマテラスの伝言

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」の落ちこぼれ。日本にある素晴らしいものごとを国内外に広めていきたい。 それが私たちの想いです。長い歴史と四季のある気候に育まれた日本文化は、国内では衰退しつつある一方で、海外では日本の食文化、武道、芸道からコミック・アニメまでその愛好者は増加しています。 国内においては、日本の持つ素晴らしいものごとを見直し、海外においては、様々な商品にある歴史、ストーリー、想いを伝えていく。 日本のものごとが国内外へ広がり、その中で日本の文化や精神性に触れる機会を多く創出し、日本の素晴らしさを知って頂く事が、日本そして人類にとってもより良い社会へ繋がると考えております。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

セミナー・研修情報 
*コロナ化の為一部個別相談としているセミナーも御座います。

時流を捉え、原点を見直し、未来を創る 進化道場バナー600
出版物を電子書籍化・再版で販売してみませんか? 電子化

●石川博信への執筆・講演・セミナーのご依頼はこちらから

●まだSNSで繋がっていない方はこちらから繋がれます

友達申請の際は一言「ブログを見ました」など頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

関連記事

0774000100163

お客様を選ぶという姿勢

2016/08/18 |

大それた話かもしれませんが、実はこの姿勢は結構大事なことではないか? 仕事でも人生でも・・・ ...

記事を読む

5cd0e2afc28641ba1a7655a1c41aaf97_l

志事に美しさを求める

2017/01/16 |

美しい空 自然の美しさは感嘆しますね。 先日も志事で機能だけでなく、その後デザインの追求をして...

記事を読む

senkura

感性を磨く

2018/12/04 |

今年は夏は厳しい暑さでしたね。 夏の残暑が終わったかと思えばもう冬です。 でも、夏も冬も...

記事を読む

ntengokukotoba2

言葉の力

2015/07/27 |

いい言葉を使うこと良いことがある。 高名な実業家斉藤一人さんの言葉です。 言葉の...

記事を読む

JUバナー

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • Japanese Style: Exquisite Problem Solving Wisdom
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • THE REAL RICH LIFE: Unlock the Secrets of Relationships
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑