成光の会社になろう

公開日: : 最終更新日:2017/01/31 未分類

スコット H26.6_01

仕事納めの方もいるでしょう。

私達も今日が仕事納めです。振り返れば毎年そうだが色々あった1年だった。

出会いあり、別れあり・・・全体見れば素晴らしい1年だった。

来年に向けて更にステップアップしようと思う

事業で言えば

セイコウの四段階ってある。

一番良いのが成光 満足度も高く収益も高い

その次が成功

満足度が高いけど収益力が弱いのが成幸

満足度も低く収益力が低いのが成抗

どこを目指すか?またどの方向にいっているか?

事業を行う際に収益がなくても、少なくても、、で行うこともあるかもしれませんけど

今は役立てば収益が上がるということ。あるボランティア団体が資金的に厳しくなり

今まで無料で提供していたボランティアを有料でお願いにいったら「有料なら必要ない」と

言われ、今までやっていたボランティアはなんだったんだ・・・。これ本当に必要なボランティアで

あれば有料でも頼むだろうし本来有料でのサービスこそふさわしいことだったんですね。

収益を頂くことは大事なこと。

大事なのは上がった収益をどう生かすか?ということだと思う。

おおかれ少なかれ事業は社会の為という色彩がある。そこでもそればかりが強くなって肝心収益が上がらないと

いうと本末転倒です。しかしそこが難しい部分でもあり、やり甲斐の部分でもある。

でも楽しんでいこう!そう思ってチャレンジすることが大事。

それでね後悔しないように進んでいこうと思います。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

14731349_1618789445082508_4447836896280709139_n

本を電子書籍化しませんか?

2016/11/05 |

専門誌の電子書籍化打ち合わせ後ソフトクリームを食べた 本を電子書籍化しませんか? ってことで...

記事を読む

14600986_1640467522915777_5592870173889829360_n

志で繋がる これは氣脈という。

2016/12/18 |

外薗さんと記念撮影 志教育プロジェクトのリーダーですが、教育現場での実績も 国内外で活躍...

記事を読む

kokuhei_l

味噌の歴史 日本の文化

2016/12/21 |

日本の食文化の代表である味噌 地域色も豊かです 味噌の歴史も大変ふるく1300年以上前から日本...

記事を読む

20160813125837cf7-1

助成金対象 経営セミナー 工務店向け 管理名簿客活用研修のお知ら

2019/09/24 |

中村天風 偉人のメンターとしても有名だった 中村天風は不易流行 不易ー変えてはいけないも...

記事を読む

Message

追客新手法

感動経営説明会

チーム力向上

歴史観研究会

バザール

SNSセミナー

  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • 障害者アートプロジェクツ
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
PAGE TOP ↑