斉藤一人さん 本も読まないで乗り越えられる時代じゃない

公開日: : 最終更新日:2017/11/21 偉人伝 ものの見方

t1

銀座まるかんの創業者で長者番付にも何度も出ている一人さん

数々の著書を出している斉藤一人さん。

一言一言が重いですね。そんな一人さんほどの方でも、

「本も読まないで乗り越えられる時代じゃない」

といっているわけです。

この言葉に表れているように、変化も激しい、そして見通しも中々つけられない時代かもしれません。

でもね、社会がどうだというよりも、自分のやることは決められるんだと思う。

私も斉藤一人さんの本は何冊か読んでいますが、この言葉にでも出会ったことがあります。

その中では、

「本を創るって凄いことなんだよ。全身全霊を掛けて創っていく。

おれは、本の内容以上の著者には中々あったことないなあ。

それだけ本ってその人がもっているものや伝えたいことが

詰まっているんだよね」

冒頭の言葉で「乗り越えられる」ということがあります。

世の中、時代に流されて、それでもいい、という方もいるでしょう。そういう方には響かない言葉かもしれません。

乗り越えようとする方は、何か社会的な責任があったり、立場があったり、志がある方だと思うんです。

大きな時代の変化の風はある程度は予測もできるでしょう。時代の流れを学んで、そして行動する。そうすると

なにかの結果は出てくる。もしうまくいかなければ、検証して改善して行動する。

その繰り返しが大事だと思う。

ここ数年、特にテレビを見なくなりました。おそら一週間で2時間位(大河ドラマは見ているから実際1時間くらい)

しかみない。そんな私だから芸能人なんてさっぱり分からないし興味も関心もない。知人とかの話でも???ということ

もよくありますけど、私からすると、ボーっとテレビの時間というのは、非常につらい。無駄な時間と思っているから。

ところが新聞は読む。それまで、2誌とっていたけど今は一誌にしているけど。

個人的に、凄く安いと思っているし、バランスよく(論評のことではないですよ)社会、経済、文化などあるから

あまり興味がない分野でも一通り目は通す。

それが以外にヒントになったりすることもあるから面白い。実際新聞位のコンテンツをつくることって大変なことだと

思うし、記者の方もそれなりの知識がないと記事もかけないですよね。

本でいうと、ある意味、知の結集だと思う。一冊の本を書き上げた方なら分かるとおもうけど中々難しい仕事です。

でも、著者は何か伝えたいっていう思いがある。文章書くことが苦手な人もいると思うけどそれでも出版する方も

大勢いる。自分では考えられないことや貴重な経験なども本を通して学ぶことができる。

学ぼうって考えて実行する。カンタンなようだけど、本を読む。まではいくけど行動が・・・という場合もあるでしょう

けどね・・・でも少しでも活かすには行動するよりないですね。

本によって人類はどれだけ豊かになれたか・・・・本を読まなくても生きてはいけるでしょうけど、

時代を乗り越える、創る、って志を持っていれば、本から沢山のことを学べると思う。

人類が編み出したものは貨幣制度はじめ沢山あるけど本もそのうちの一つでしょう。

それによってどれだけ豊かな社会になったか・・・きっと文字以上のことがそこにはあるんじゃないかと思う。

本は著者のエッセンスが詰まっているともいえるでしょう。

それだけ一生懸命創りこんでいく。

だから中々本以上の人には出会えない、と斉藤一人さんもいっているわけです。

自分の言いたいこと、考えていること、今までの経験をまとめて尚且つ相手に

きちんとその意図を伝えられるというのは

カンタンなわけはないとおもう。

本もそうですが、創作物につきものの、「創りこみ」

これをどれだけしっかりやったかが、

作品としても出てくるし、著者や編集者やライターや校閲なども

へて本は創られるものですので

著者だけでなく、著者の意向を考えて様々な角度から本を検証し創りこんでいく。

どうしても一人よがりな所もそのような工程をへて

「本」としての「価値」が生まれていく。

創作物の中でも本は叡智の宝庫ともいえます。

社会の流れが早い時代の今だからこそ、色々な本を読んで学びたいものですね。

226013860

中村天風 信念は人生の羅針盤

僕も好きな中村天風さんの本。本人はもちろん今はいませんが、本の形になっていると

いつまでも世に残る。

こういう古書や名書というものは時代を越えて様々な学びや示唆を与えてくれる。

斉藤一人さんがいうのは、本は叡智の結集であり

本をつくるというのはホントに労力もかかり大変なこと。

様々な人生を歩んできた人たちから学ぶということは必要だよ。

特に今のように時代が大きく変わるときにはね。

そんなことをいっています。

幸い僕は本好きなので全く本を読むということは苦にならないのですが

中には苦手な人もいるでしょう。ポリシーがあって読まないってことは

それはそれでも良いかもしれないけどもったいないな、って思うのは

僕だけかな。

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

kobayakawa_takakage_beisanji_mihara

偉人の先見性 小早川隆景

2017/07/25 |

小早川隆景 毛利家を支えた知将 小早川隆景(1533~1597) 戦国武将毛利元就の三男...

記事を読む

%ef%bd%8b%ef%bd%8f%ef%bd%82%ef%bd%81%ef%bd%99%ef%bd%81%ef%bd%93%ef%bd%89

偉人の先見性⑧ 小林一三 阪急グループ創始者

2017/08/07 |

小林一三 阪急創始者 そのアイデアで今太閤とも呼ばれた 小林一三(1873-1957) ...

記事を読む

138513137267991998228_itouhiro11

偉人の仕事術 初代内閣総理大臣 伊藤博文

2017/11/03 |

伊藤博文 初代内閣総理大臣としても有名ですね 伊藤博文は明治維新の中では創業世代である、西郷隆盛、...

記事を読む

img_5708

代表的日本人 内村鑑三著

2017/11/12 |

代表的日本人 内村鑑三著 シルバーウィークというのが10月にも、11月も連休になることが多いで...

記事を読む

Message

PAGE TOP ↑