仕事が出来るようになる スピードを上げるを心掛ける

公開日: : 最終更新日:2017/02/09 未分類

走る人

周りが歩いても、自分はスピード上げて走る

私はスピードを上げることが仕事の質もあがり自分の力も周りの力もそして

成果を出すには必要な方法じゃないかと考えています。

これはあくまで自分の実体験ですので、もっと他にも良い方法があるかも知れませんけど

それは、そちらを参照にしてください。

仕事が中々スピードが上がらない場合

これは一つ一つの処理(例えばメールが遅い、資料を作るののが遅い)が遅い場合(これはスキルを上げるしかない)と

、もう一つの問題で仕事に着手することが遅い。期日ぎりぎりまで手を着けない、

段取りや見立てが甘く期日をオーバーしたりするケースもある。ここも意識の差がある。

例えば社員であれば万一期日に間に合わなくても「申し訳ありません」で済む。

経営層であれば特に他社との取引においても簡単に「遅れます、忘れてました、すみません」ではすまない。

当然信頼関係に影響していくわけですからね。

 これは、責任感をどれだけ持って仕事に望んでいるか?

ということだと思う。上司に謝ればそれですむ、って上司も叱るか、どうかは分かりませんけど、仕事って人生の1部。

本当にできなかったか?もし出来ければしっかり要因を探ることが大事だと思う。それがないと同じことを何度も繰り返す。

もしそこまで出来ないシゴトならやめるべきだと思う。自分だけでなく周りにも迷惑かけちゃう。

組織は、一人で動いているわけではないし組織は意志をもって動いている。誰でもその一部を担って仕事をしているんです。

僕が営業活動していたときはとにかく仕事はスピードって思っていた。実際に好成績を挙げている仲間も同様にスピードがあった。

今日のことをやりきることはもちろん大事だけど、優先順位をしっかりつけてから、スピード挙げてやっていくことが成果へ

結びつく一歩なんじゃないかと思う。

「仕事が遅い、出来ない」

これは仕事をした気になっている。(このような社会人は結構いると思う)例えば資料作成やデータ処理など時間がかかって

自分は仕事をした気になっていることが問題です。こんな場合はまず仕事の全体像をしっかり描きそこで

「最終的に何が必要でどんなことが必要か?その為になすべきこと」 をよく理解してもらうように導くことが大事だと思うんですね。

そんなときは何が重要なポイントなのか?伝えたりアドバイスすることも上司としては必要でしょう。

この場合は本人もそうだが組織全体のロスにも繋がっていることも多い。

そして今までの仕事の仕方が「クセ」になっていることもあるから。このクセは中々治らない。強制的にしてもむずかしいから

どうやってこの部分を生かそうか?そんな考えも時には必要です。

時間ばっかりかかっていて中々進まない場合には、仕事の何処が本質かよく考えて行うことが大事です。

「丁寧にやりすぎ」

スピードを上げるには「本質、核心」部分を しっかり抑えれば、他はさほど影響しないものです。

なのでその仕事で本質、核心がなにか?これをしっかり抑えていくことがポイントだと思うんです。なので、

仕事の全体、概要をとらえ、本質、核心が何か理解して進めることが大事です。丁寧な仕事は一見良さそうですが、

時間がかかり、且つ時間をかける必要もないところまで時間をかけてしまうロスを無駄とも思わずやってしまう。

でも本人はしごとをした気になっている。これが最も気をつけないとならないところです。

これが組織全体に広がると無駄だらけで生産性の上がらない仕事になってしまう原因にもなります。

これも自分だけ、シゴトの仕方も我流で起こりやすいこと。丁寧にやりすぎると時間はかかるし、その時間分で良い仕事に成っているか?

良く見直しが必要です。仕事で時間を短縮できるところ、出来ないところってある。短縮できるところはドンドン短縮する意識をもって

進めていくことが大事です。何時もやっている仕事の方法がベストか、他の方法はないか?常に見直すことです。

 さらに、

「前倒し」

先のことでもどんどん前倒しですすめる。これは優先順位をどうつけるか?「緊急ですぐ対応しないとならない仕事」の次に

「緊急ではないが重要な仕事」これが自分の仕事の中で何か?理解することが大事です。

*でないと無駄打ちばっかりしてしまう。更に「その仕事で成功しているイメージ」をしっかり持つ。

ざっと羅列しましたがこんなところでしょうか?

さらに細かい工夫点は色々あるとおもうんですね。メールにしても資料作成、調査にしても、、、。

さらに「協力してもらう」「詰まったらすぐ相談する」こんなことも スピードを上げるちょっとした方法です。

仕事はとにかくスピード上げる。上げるためにどうするか?更に意識する。どんどんスピードを上げていくと仕事の質も変わってくる。

スピードへの意識、大事にしていきたいですね。

 

 

 

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」をとったものの、家族や仲間、そして本の力で何とか社会人まで登り詰める。住宅メーカー(東証一部上場企業)出身で工務店支援事業を皮切りに、電子書籍事業などメディア事業も手掛けている。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら

関連記事

senkura

感性を磨く

2018/12/04 |

今年は夏は厳しい暑さでしたね。 夏の残暑が終わったかと思えばもう冬です。 でも、夏も冬も...

記事を読む

2461682i

男からのプロポーズ 人生意義に感じる

2016/07/21 |

もちろん私も男性なんですが、同性からのプロポーズってどう思いますか? あ、もちろんその...

記事を読む

70b58e1c6e89e9a64c173b6a8fe27050

人生の羅針盤とは 中村天風の言葉

2017/01/09 |

地図と方位が分かるから航海でも目的地につける 「地図は社会、そして羅針盤は信念であり天命でもあ...

記事を読む

41qN1K4e2IL

水野南北の食は運命を左右する 人は食べ物と言葉で出来ている

2018/03/19 |

水野南北 食は運命を左右する 江戸時代にこんな研究家がいるとは驚きでした。 波乱万丈の人...

記事を読む

経志道場

メディア化真価道場

JUバナー

追客新手法

バザール

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • 日本の偉人の仕事術(英語版)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • とっておきの見込み客発掘法
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑