大家族主義経営 出光佐三

公開日: : 最終更新日:2020/02/25 未分類

img_889500_30590427_0

出光佐三 出光興産創業者

「海賊と呼ばれた男」のモデルでも有名

経済封鎖されたイランから「日章旗」を掲げて石油を日本に持ってきた。

映画でもヒットしましたね。

映画ではやはり内容をまとめて伝えているので個人的には、2部くらいで

つくって欲しかったと思いながらもとても満足のいく映画でしたね。

昭和初期、そして戦争前後では、凄い方々が企業家でも政治家でも出ていますが

出光佐三さんの決断や勇気には学ぶところが多いなと感じます。

映画でも出てきますが、これからは石油の時代だ!っと思って会社を作りますが

そんなにお金があるわけもない中すぐに行き詰まります。

そんなときに支援者があわられますが、その方は

出光佐三の志に惚れた

といい、最後には自宅まで売り出光の事業を支えた。

本当に志をもって進むと支援者も応援者もでてくる。これは映画のシーンでもありましたね。

まだ、時代は石炭の時代で石油はまだまだ普及が出来ていなかった。

更に石油を使用先も限られており、そして販売ルートも限られていた。

そんな中、どうしたら販売できるか?ということで目をつけたのは、漁業をしている船だった。

漁業では、当然燃料を考えて、せっかく豊漁であっても途中で引き返さないと陸へは戻れない。

そして陸に戻ってくると、なじみの取引先がある。

それならば、

海上で販売しよう

ってことで、漁をしている船にちかづいていき、油ありますよ!と海の上で売っていった。

これはとても漁をしている方には好評で、たちまち事業は全国に広がっていった。

海の上で石油を販売する

なんて中々考え付かないことですよね。これはどうしたらできるか?

どうやったら販売できるか?って真摯に考えていった結果生まれた知恵だと思います。

戦後は競合他社の軋轢などもあり、事業ができなくなったときも

苦しいのは皆同じ

やれることやってまず生きていこう

と仕事もない時期にも社員の雇用もまもっていこうと

(社員給与は半額以下、出光佐三自身は無報酬)

これは、出光の大家族主義に基づくもので、

社員は家族だ

くびもなんもなかろう。っと、家族力を合わせればきっと何とかなる!

そんなことから仕事を探す中で、通信の仕事の話が舞い込んできた。

技術者はいるがみな畑違い。

しかし、生きていくには、これをやっていくしかない!と全く畑違いの仕事

である通信の仕事(無線やラジオ)を手掛ける。

これは、大きな決断だったと語っている。

(そしてこれが元で本業であった石油事業もまた発展していく)

映画にもなった日章丸事件は

出光佐三の反骨精神の表れで、メジャーに囲まれ、日本にも味方なくがなく

当時、イランは石油産出国であったがイギリス、アメリカに押さえられて

非常に安い値段で石油をほぼ自由に買われており、その状況も何とかしたいと

イランの大臣から相談もあった。

当時、イランに行くというのはとても危険なことではあったが、

反骨精神とここに突破口があるかもしれない、ということで

チャレンジ精神果敢に挑み見事やってのけた。

それは、日本にとってどちらが大切なのか

という問いからきての決断だったと思う。

もちろん、民族資本である出光自体を

石油メジャーは面白くない存在とも考えていたでしょう。

そしてなによりも大きなリスクがあると

いうことも本人がなにより理解していたのでしょう。

国のため、社員のためという

徹底した教育や事業推進。

戦後の石油が扱えないとう屈辱的な仕打ちから

もう会社は駄目だ!ということを

何度も潜り抜けてきた出光佐三。

こんな骨太な経営者は中々いないでしょう。

そしてオイルショックをイランの石油を輸入することで

救った出光には

昭和天皇が民間人として唯一、その死に際して

和歌を贈っています。

それだけの国難を救ったということでしょう。

出光佐三の本は沢山出ていますし、今回の映画でも良いけど

僕はおススメしたい内容ですね。

勇気をもらえる内容だと思います。

The following two tabs change content below.
石川博信

石川博信

2009年ジーレックスジャパン株式会社創業。 日本の文化や歴史好き。小学校時代は通信簿で「オール1」の落ちこぼれ。日本にある素晴らしいものごとを国内外に広めていきたい。 それが私たちの想いです。長い歴史と四季のある気候に育まれた日本文化は、国内では衰退しつつある一方で、海外では日本の食文化、武道、芸道からコミック・アニメまでその愛好者は増加しています。 国内においては、日本の持つ素晴らしいものごとを見直し、海外においては、様々な商品にある歴史、ストーリー、想いを伝えていく。 日本のものごとが国内外へ広がり、その中で日本の文化や精神性に触れる機会を多く創出し、日本の素晴らしさを知って頂く事が、日本そして人類にとってもより良い社会へ繋がると考えております。
・会社のホームページはこちら
・本を使ってビジネスを拡げたい・世界へ発信したい方はこちら
・本を出版したい、相談したい方はこちら
・今ある本やカタログの電子書籍化をしたい方はこちら
・フェイスブックはこちらから
・ツイッターはこちらから
・一社コミュニティービルダーはこちら
石川博信

最新記事 by 石川博信 (全て見る)

セミナー・研修情報 
*コロナ化の為一部個別相談としているセミナーも御座います。

時流を捉え、原点を見直し、未来を創る 進化道場バナー600
出版物を電子書籍化・再版で販売してみませんか? 電子化

●石川博信への執筆・講演・セミナーのご依頼はこちらから

●まだSNSで繋がっていない方はこちらから繋がれます

友達申請の際は一言「ブログを見ました」など頂けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

関連記事

0521taru-p2

鏡開きって面白いですね

2017/01/20 |

明治神宮で唯一の神殿奉納のお酒を創っている亀田酒造さん 鏡開きって御餅とお酒がありますが、ここ...

記事を読む

acf31f8ba3c7008c3962214003b714b5

日本企業のコミュニケーション

2019/12/07 |

日本企業の底力を見ることができる静岡の株式会社コーケン 4世代+障害の方も一緒に働いている コ...

記事を読む

img_9750

富士講を訪ねる

2023/12/01 |

富士講を訪ねる 富士の山麓には、縄文遺跡や古来信仰の他にも 富士講という江戸時代中期から...

記事を読む

guest56

新嘗祭再興プロジェクト  ー世界 令和ー

2021/03/12 |

士魂商才を掲げた出光三 映画「海賊と呼ばれた男」のモデルになった人物です。 国に国是なく 企...

記事を読む

Message

JUバナー

  • コラムライター 募集
  • 人財力チーム力向上セミナー
  • 歴史観研究会
  • 日本と世界の架け橋EBOOKプロジェクツ
  • オモイカネプロジェクツ 本の力で経世済民
  • 出版の相談・本の販促
  • Japanese Style: Exquisite Problem Solving Wisdom
  • 著書:日本の偉人の仕事術(日・英併記)
  • LE SOLEIL SE LEVE A L’EST DE L’OBSCURITE A LA LUMIERE: COMPETENCES ET TALENTS DES PERSONNALITES QUI ONT FAIT LE JAPON (French Edition)
  • Para hacer negocios
Los Secretos del Éxito de los Grandes Japoneses
Conocer el parte de las hazañas: ¿Si usted fuera ellos, que haría? (Spanish Edition)
  • THE REAL RICH LIFE: Unlock the Secrets of Relationships
  • 子供たちに伝えておきたい日本のこと
  • 改訂版 とっておきの見込み客発掘法 アマゾンで発売中
  • 山元ビジネス塾 ビジネス発展で自分も日本も元気に
  • 障害者アートプロジェクツ
PAGE TOP ↑